Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werx 【POLARTEC-Thermal Pro】

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

本日は話題急上昇中の人気ブランド、Prometheus Design Werx=通称PDWの新作をご紹介いたします。

最新の素材や技術を採用し縫製工場にまでこだわったPDWの高機能ウェア。その機能性はもちろんのこと、無駄のないシンプルで洗練されたデザインも人気の秘密です。

待望の最新作の詳細をご説明いたします。

 

 

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werx


70~80年代のアルペンウェアから着想を得て、PDWスタイルに仕上げたハイセンスなボアフリースジャケット。従来のハイテクウェアにあるイメージとは違った深い味わいを感じられるアイテムとなっています。

 

 

■ ハイテクフリースの代名詞「POLARTEC(ポーラテック)」

PDWコレクションに使用される素材の多くは、ハイテクフリースの代名詞「POLARTEC(ポーラテック)」を採用しています。

今作Beast Hoodie(ビーストフーディ)には、POLARTECファブリックの中でも、最高クラスの断熱性を持った「Thermal Pro(サーマルプロ)」という生地を使用。軽量ながら優れた保温性を持ち、アウターとしても、ミッドレイヤーとしても優れたパフォーマンスを発揮します。また、ふくよかな表情のある素材感も特徴です。暖かく柔らかな極上の着心地を、ぜひ体感して頂きたいです。

 

 

■ 小粋な気配りが効いたポケット

ポケットは計4つ。サイドと肩に備わっています。

全てのポケットにコードキーパーが装備されているので、大切なアイテムやツールなどを取り付けておくと便利。

嬉しい事にインナーポケットも備わっています。外部のポケットから繋がるコードホールが設けられているので、イヤフォンなどのコードを通して活用できます。

 

 

■ ストレスのない着心地を実現する機能的構造

きれいにラウンドしたバイザー付きフードです。

コダワリのフラットロックステッチングによる縫製。このように内側の縫い目もフラットになっているため、着用時の摩擦が少なく快適です。

脇下のパネル構造や肩の縫製位置などを見るとわかるように、このジャケットは動きやすさを確報するために立体的に設計されています。気に留めないとわからない個所ではありますが、これらのさり気ない拘りの一つ一つが相成って完成度の高いジャケットを形成しています。

袖口にはサムホールが設けられています。

 

 

■ サイズ感について

余計なだぶつき感がない、スマートなシルエットです。
アウター級のジャケットですが、いざとなればもう一枚ジャケットを羽織りミドルレイヤーとしても活用可能。そんな丁度良いボリューム感も魅力です。

(モデル:身長165cm、体重64kg – がっちり体型 / Sサイズ着用)
 

 

■ Made in California

PDWブランドの本拠地、カリフォルニアにある縫製工場にて生産されています。
製品タグにはカリフォルニア州旗をモチーフとしたグリズリーが。個人的にこのタグデザインはお気に入りです。

 

 

■ 限定ミリタリーワッペンがついてくる

今回はなんと、限定ミリタリーワッペンが付いてきます!PDWのミリタリーワッペンはデザイン・質ともに評判が良く大人気。そんなアイテムがオマケで付いてくるのですから単純に嬉しいですね。

 

 

最後に

今冬の最新作、いかがでしょうか。一見シンプルですが、細部にまで及ぶコダワリによって唯一無二の存在感を放つ一着です。無駄のない洗練されたデザイン、まさに機能美と呼ぶにふさわしいPDWのハイテクウェアをぜひご検討下さい。

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werxをオンラインストアでみる

 

 

関連記事

PDW Pursuit Pullover Hoodie / Prometheus Design Werx 「POLARTECフリースのハイグレード素材による圧倒的ストレッチ性能とシンプルデザインの真骨頂」

秋冬ウェア紹介・Prometheus Design WerxPOLARTEC フリース を採用した高機能アイテム

PDW Morale Patch – Vol.9 ~ミリタリーワッペン最新作

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!
Prometheus Design Werx – 通称「PDW」の大人気パッチ、新作が入荷しました!
今回もミリタリーワッペンの枠を超えたハイセンスなパッチばかり。このブログでは、秀逸なデザインに隠されたメッセージや背景を詳しくご紹介いたします。お付き合い頂けると嬉しいです。

 

 


自然が作り上げたものこそが美しい。我々はそこから発見するだけだ。

PDWが得意とする原生的な自然を表現するパッチが3アイテムリリース。深みのあるカラーリングも大変良いです。

■ PDW Outsider Flash V1 Morale Patch

原生自然の中の針葉樹をデザインした刺繍モラールパッチです。
ブランドが度々用いる「Outsider」というキーワードには、「内にこもるのではなく、外に出てアウトドアレジャーを楽しんでほしい。」という思いが込められています。

PDW Outsider Flash V1 Morale Patchをオンラインストアでみる

 

■ PDW Camp Life 2019 LTD ED Morale Patch

荒野に大聖堂の如くそびえたつ針葉樹をイメージした刺繍モラールパッチです。キャンプを楽しむためには必要不可欠な斧とマシュマロを合わせて描写しています。

針葉樹で世界一大きいといえば、カリフォルニアの「セコイア」が有名。その平均樹高は80mにまで及ぶほど。これは、キングオブモンスター「ゴジラ」の身長と同じ(80年代~90年代初頭までのゴジラ)。自然の雄大さを感じるには十分な大きさですね。

PDW Camp Life 2019 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

■ PDW Outsider Badge Morale Patch

原生自然の一本の木をデザインした刺繍モラールパッチです。
ブランドが度々用いる「OUTSIDER」という単語を携え、魅力溢れるアウトドアレジャーの世界へと誘う一枚です。

PDW Outsider Badge Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


未確認生命体「サスカッチ」ハイキングを堪能中

■ PDW Sasquatch Hiker Chenille Morale Patch

UMA「サスカッチ」をモチーフにした刺繍モラールパッチです。ループ刺繍を用いており立体感があります。

ループ刺繍はサガラ刺繍ともいわれ、太めの糸を用いてモコモコとした表面に仕上げます。贅沢なボリューム感がサスカッチのリアルな表面を演出します。

PDW Sasquatch Hiker Chenille Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


自由と希望の象徴「ロレーヌ十字」

ロレーヌクロスをモチーフにした刺繍モラールパッチです。
縦に一本、横に二本の複十字であるこれは、フランス東部ロレーヌ地方の紋章などに見ることができます。この十字はフランスの歴史において重要なシンボルとして度々登場します。かのジャンヌ・ダルクの象徴とされていたり、第二次世界大戦時にはナチスに対抗する自由フランスの旗にも用いられていたりします。

話は変わり、今作のパッチは80年代のアメリカドラマ「私立探偵マグナム」へのオマージュデザインとのこと。実は主人公「トーマス・マグナム」の指にもロレーヌ十字の指輪がはめられているのです。

PDW Cross Of Lorraine Silver Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


舞台は地球、いざ冒険の世界へ

■ PDW Global Explorer v2 morale Patch

地球という惑星を冒険の舞台として描くPDWのオリジナルグラフィックが刺繍モラールパッチに。
私たちの住まう星にはたくさんのアドベンチャーが潜んでいるという想いを「Global Explorer」という言葉に乗せて表現しています。ユニークな黒緑色を採用したニューバージョンです。

PDW Global Explorer v2 morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


キャンプを楽しもう!マシュマロを忘れずに

■ PDW Camp Life v2 Morale Patch

キャンプファイヤーをモチーフにした刺繍モラールパッチです。焚火を楽しむために必要な斧、そしてマシュマロを添えて描写されています。

余談ですが、このワッペンの撮影時もマシュマロを焼きました。あくまで撮影の為です。焼きマシュマロはホントにおいしいですね。表面のサクッとした感じが堪らないです。

PDW Camp Life v2 Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


子供のころ憧れた秘密の砦

■ PDW Tree Fort Autumn Morale Patch

ツリーフォート、あるいはツリーハウスと呼ばれる生きた樹木を利用して建設する家屋がモチーフとなった刺繍モラールパッチです。
ロマンのあふれる木の上の「フォート=砦」は大判のワッペンとなり、男心をくすぐります。季節感が溢れる秋バージョンです。

PDW Tree Fort Autumn Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


大人気クラーケンシリーズを見逃すな

ブランドを代表するモチーフとして、このシリーズはとても人気です。見た目タコですが、奴は海のモンスター「クラーケン」。北欧伝承などで登場し、大きなタコとして(あるいはイカのような容姿で)描かれることが多いです。なにが魅力って、空想的な生物であるのにファンシーな印象はなく、気取ってもないところ。そんなユニークな雰囲気が癖になります。

■ SPD Kraken Krew Flash V2 Morale Patch

赤いワッチキャップやパイプ煙草は、海洋学者ジャック・イヴ・クストーや、その海洋学者をモチーフにした映画「ライフ・アクアティック」へのオマージュです。

SPD Kraken Krew Flash V2 Morale Patchをオンラインストアでみる

 

■ SPD Kraken Trident 2019 Morale Patch

クラーケンのそのままを切り抜いたかのような形状が特徴的な一枚。クラーケンの手には「トライデント」が握られています。

SPD Kraken Trident 2019 Morale Patchをオンラインストアでみる

 

■ SPD UET Kraken Trident 2019 Morale Patch

UET=Underwater Exploration Team (海洋探索チーム)」のシンボルとしてデザインされたグラフィック。2019年度版のカラーリングです。

SPD UET Kraken Trident 2019 Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


「be outsider」

■ PDW Outsider Tab Vintage Morale Patch

ビンテージパッチをモチーフにした刺繍モラールパッチです。第二次世界大戦時に用いられていた米軍レンジャー大隊のワッペンをサンプリング。ブランドコンセプトの一つ「be outsider」というキーワードを落とし込んだ一枚です。

PDW Outsider Tab Vintage Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


最後に

今回も曲者ぞろい。コレクション欲を掻き立てらえれるパッチデザインの数々ですが、基本的に再販などはないのでお気に入りを見つけたらゼヒ手に入れてほしいとろこです。皆様の心に響くデザインはどれですか?


 

 

PDW Morale Patch – Vol.8 ~ミリタリーワッペン最新作

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!
「Prometheus Design Werx」通称PDWより、プレミアムミリタリーパッチの最新作が入荷しましたので、早速ご紹介いたします!
世界的にファンの多いPDWのパッチですが、日本国内でも日に日に人気が増している実感があります。丁寧な刺繍と一つ一つにストーリーがあるデザインは一見の価値あり。
このブログでは、デザインに隠されたバックボーンを紐解きながら、より詳しく解説いたしますので、どうぞお付き合いくださいませ。

 

 


美しいタコには毒がある

■ SPD Blue Ringed Kraken Krew Flash Morale Patch

ブルーリングオクトパスをイメージした刺繍モラールパッチです。
和名でいう「ヒョウモンダコ」と呼ばれるタコの一種で刺激を受けると青い輪が浮かびあがります。

実は猛毒を持っており太平洋熱帯域・亜熱帯域に分布しているのですが、近年では日本付近でも目撃例が増えているそうです。

そんな、最も警戒すべき水生生物に数えられる「ブルーリングオクトパス」ですが、その美しささえ感じる鮮やかな危険色ゆえに鑑賞用として飼育している人もいるのだとか。
かの有名なヤドクガエルが「熱帯雨林の宝石」と例えられているならば、ブルーリングオクトパスもまた、その危険度とは裏腹な魅力を持っていて然るべきなのかもしれません。

SPD Blue Ringed Kraken Krew Flash Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


あの未確認生物と共に冒険へ

■ PDW Sasquatch Explorers Club 2019 LTD ED Morale Patch

UMA「サスカッチ」をモチーフにした刺繍モラールパッチです。
架空の冒険者チーム「Sasquatch Explorers Club」の腕章をイメージしたデザインとなっています。2019年限定カラーバージョンとしてのリリースです。

このデザインのポージングは、1967年に撮影された有名なサスカッチ(ビックフット)の動画に由来しています。真偽のほどは別にしても、サスカッチあるいはビックフットを未確認生物界のスーパースターに伸し上げた歴的構図です。

PDW Sasquatch Explorers Club 2019 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


クラーケンが地上でブッシュクラフトを楽しんでみた

■ SPD Kraken Axe Morale Patch

PDWを代表するキャラクターの一つ「クラーケン」をモチーフとした刺繍モラールパッチです。今回は手に斧を持ち陸上でブッシュクラフトを嗜む様子がデザインされています。彼の斧はこだわりのハドソンベイタイプ。

SPD Kraken Axe Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


よく狩りをする者は、よく獲物を見つける。

■ PDW Expert Tracker LTD ED Morale Patch

グリズリーの足をモチーフとした刺繍モラールパッチです。
ハンティングに必要となる動物の追跡スキルを保有している証としてのデザインです。

実際のグリズリーの足。おそらく後ろ足なのでしょうか。
これではビックフットの足跡と間違えられても仕方ありませんね。

PDW Expert Tracker LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


SFロマンの先駆けといえばスタートレックである

■ PDW Space Reptile Captain LTD ED Morale Patch

爬虫類タイプの宇宙人を刺繍したモラールパッチです。
モチーフは「スタートレック」に登場する爬虫類種族「ゴーン」の宇宙船艦長。

60年代後半に放送されたシーズン1「宇宙大作戦」の19話(原題”Arena”)で登場し、カーク船長と戦った経緯はファンの中でも賛否両論あるにも拘わらず、とにもかくにも隠れた名シーンです。

日本でいうところの「特撮」的でレトロな雰囲気が堪らないですね。

PDW Space Reptile Captain LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


誰にだって休息は必要。そう、タコにだってね

■ SPD Kraken Koffee Flash Morale Patch

PDWのキャラクター的存在「クラーケン」をモチーフとした刺繍モラールパッチです。クラーケン(タコ)が温かいコーヒー(ミルク入り)をマグカップで愉しんでいます。

「誰にだってコーヒーブレイクのような充電タイムが必要。クラーケンにとっても。彼からこの時間を奪わないで下さい。」とのこと。

この海のモンスター「クラーケン」。ファン急増しています。キュートではないにしても、どことなくファンシー。そんな曖昧さが底知れぬ愛嬌の秘密かもしれません。

SPD Kraken Koffee Flash Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


掌は善を、拳には調和を。

■ PDW Kung-Fu Salute 2019 Morale Patch

伝統的なカンフーをリスペクトするデザインの刺繍モラールパッチです。
左手を立て右手握る「抱拳礼」と呼ばれる動作がモチーフとなっています。これはクラシックな中国拳法において相手への敬意と尊敬を表す挨拶だそうです。

「I know kung fu.」- Neo
「Show me.」- Morpheus
話題が少し脱線しますが、某映画で僕が好きなシーンです。(正式な抱拳礼とは手が逆な気がします。)

このように、世界的にみても「抱拳礼」は中国武術の象徴的なモチーフとして用いられることが多いように思います。

PDW Kung-Fu Salute 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


全てはここから始まった。ブランドロゴを表すスタンダードな一枚

■ PDW Logo 2019 Morale Patch

ブランドロゴが刺繍で形取られたモラールパッチです。
本作のカラーリングは2019年バージョン。いくつかの多角形が幾何学的に配列されたユニークなブランドロゴは”一個人”、”人生の探求”、”科学”、“自然”を表しています。

PDW Logo 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


宇宙開発に携わる全ての功労者へリスペクトを込めて

■ PDW Moon Landing Memento Mori LTD ED Morale Patch

月面に着陸したPDWのキャラクター「メメント・モリ スカル」を描いた刺繍モラールパッチ。月に到達した宇宙の開拓者に敬意を。そして宇宙開発に命をささげた者たちへの追悼の意を表しています。

PDW Moon Landing Memento Mori LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


ブランドの5周年を記念するアニバーサリーデザイン

■ PDW 5 Year Anniversary V3 LTD ED Morale Patch

ローマ数字で5を表す「V」。ブランドの5周年を記念した刺繍モラールパッチです。

第二次世界大戦時、レンジャー大隊が装着していたヘルメットの後ろにペイントされていた記章がデザインモチーフとなっています。

PDW 5 Year Anniversary V3 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


最後に

様々なカルチャーからモチーフを取り出しパッチに落とし込む様は、ミリタリーワッペンの枠を超えたデザインセンスを感じさせます。

それにしても今回も琴線に触れるデザインばかりです。皆様はどのデザインがお好みでしょうか。この他にも素敵なパッチ揃っています。ご興味がございましたら是非オンラインストアも覗いてみてください。


 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.7 ~ミリタリーワッペン最新作

PDW Morale Patch – Vol.6 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.5 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.7 ~ミリタリーワッペン最新作

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 
皆様お待ちかね!Prometheus Design Werxの新作パッチが今月も入荷しました。

今回は8種類。毎度ワクワクさせてくれますね。
前回、即完売だったパイル刺繍パッチや、僕も大好き「宇宙」シリーズ(しかもアポロ11号50周年モデル)などなど見逃せないラインナップです♪

ぜひ、ご覧ください。

 

 


アポロ11号月面着陸50周年 アニバーサリーモデル

1969年の7月、人類は初めて月に降り立ちました。アポロ11号月面着陸より今年で50周年。

宇宙好きにとってはチョットしたお祭りムードでして、この記念すべき年の特集雑誌なども買いあさってしまう僕。そんなことはさておき、やはりPDWもアニバーサリーパッチをリリースしてくれました!
 

■ PDW Buzz 50th Anniversary LTD ED Morale Patch
今作はバズ・オルドリン宇宙飛行士にフィーチャー。彼が星条旗と共に映る有名な写真を精密な刺繍で表現しています。

モチーフとなっている写真がこちら。これは彼、バズ・オルドリン氏が星条旗に敬礼しているシーンです。月の表面、レゴリス(月の砂)の下が硬く5cmぐらいしか刺すことができなかった星条旗。倒れないか心配しながらのワンシーンだったようです。

PDW Buzz 50th Anniversary LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

■ PDW Moon Footprint 50th Anniversary LTD ED Morale Patch
月に降り立った最初の人類の足跡として有名な写真を精密な刺繍で表現しています。

モチーフとなっている写真がこちら。
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」-ニールアームストロング

PDW Moon Footprint 50th Anniversary LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


幼いころのワクワクを胸に冒険へ。

■ Never Say Die 2019 LTD ED Morale Patch
80年代の映画からインスピレーションを得て出来た刺繍モラールパッチです。
海賊を思わせるデザインは、幼いころ誰しもが憧れた「冒険」に想いを巡らせずにはいられません。モチーフとなっているのは映画「THE GOONIES」の海賊「片目のウィリー」でしょう。パッチの下部に施された「ネバーセイダイ」の文字は作中でも合言葉として登場します。

少し話がそれますが、作中で用いられていた「片目のウィリー」は本物の髑髏で撮影していたらしいです。それを知ってから再度映画を鑑賞するとウィリーを見る目が変わります。。。
何にしても、名作にオマージュをささげたインパクトある一枚になっているので、ぜひ手に入れてください。

Never Say Die 2019 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


地球という惑星は冒険であふれている

■ Global Explorer V1 Morale Patch

地球という惑星を冒険の舞台として描くPDWのオリジナルグラフィックが刺繍モラールパッチに。私たちの住まう星にはたくさんのアドベンチャーが潜んでいるという想いを「Global Explorer」という言葉に乗せて表現しています。

Global Explorer V1 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


野外のことなら彼に聞け。大人気デンジャーレンジャーベア

PDWブランドを代表するキャラクター「デンジャーレンジャーベア」は超人気モチーフです。でも残念ながらPDWのパッチは枚数に限りあるプレミアムなアイテム。手に入れることができたのならば、もはやラッキーなのでは?と思うほど売り切れ必至状態となっています。 今回は嬉しい事に2つの新パッチが登場していますので、ぜひお早めにチェックを!

 

■ DRB Mischief Flocked Morale Patch
前回は即完だったループ刺繍を用いたモデルのニューバージョン! ループ刺繍はサガラ刺繍ともいわれ、太めの糸を用いてモコモコとした表面に仕上げます。贅沢なボリューム感がキャラクターのチャーミングさとマッチした至高の一枚です。

DRB Mischief Flocked Morale Patch をオンラインストアでみる

 

■ DRB Red Series Pipe LTD ED Morale Patch
ニヒルな笑みを浮かべる彼。お気に入りのブライヤーパイプを咥えてリラックスしています。

DRB Red Series Pipe LTD ED Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


グレート・スピリット宿るウサギモチーフ

■ PDW Confident Rabbit Classic Morale Patch
ウサギがパイプ煙草を嗜んでいる様子を表現した刺繍パッチです。
ネイティブアメリカンにおいてウサギとパイプタバコはともに神聖なものとして扱われていました。ウサギは大地の精霊の使いとしてネイティブアメリカンの伝統工芸品のモチーフにもよく利登場します。また、パイプタバコは儀式を行う際に用いられていたのだとか。 そんな背景に敬意を払い、クラシックイメージに仕上げた一枚です。

PDW Confident Rabbit Classic Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


突如として現れたハイブリッドモンスター

■ SPD Memento Mori Kraken Morale Patch
ブランドを代表するキャラクターが合体。「メメント・モリ スカル」と「クラーケン」のハイブリッドモンスターが誕生しました。その姿は、幼いころに思い描いた火星人さながら。
そういえば火星人がタコの形をしているイメージは小説「宇宙戦争」かららしいですね。

これとこれが合体しています。正直、最初は人気モチーフだからといって安直な合体なのでは?と思っていましたが、、、いざ実物をつけてみると、この癖の強さが良い。
普通であれば、このように複雑な形のパッチは刺繍をもう少し細糸で施すことが多いのですが、あえてワイルドに仕上げた意図が垣間見えるのです。

SPD Memento Mori Kraken Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


最後に


いかがでしたでしょうか。
今回もセンスの高さが伺えるパッチが揃っていますね。
枚数に限りがあるプレミアムなアイテムなので、売り切れてしまう前にゼヒ一度はチェックしてみてくださいね。

Prometheus Design Werx のパッチ一覧へ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.6 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.5 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.4 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.3~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

店長ミヤタが2019年上半期を振り返り、今後を想う

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

やや大げさなタイトルとなってしまいましたが、今ブログでは既に折り返しを過ぎた2019年の半ばにKINRYUオンラインストアでは店長を務めさせて頂いている僕、ミヤタが昨今の傾向や今後の展望についてツラツラと書き留める内容となっています。お盆休みのちょっとしたお時間に軽い読み物としてご覧いただけると嬉しいです。
他では知りえない業界的(?)な小話も挟んで綴りますので、お愉しみください。

 

 


■ 500デニール、タンカラーの出現によって

やっぱり最初は当店のメインブランドとなるMAGFORCE(マグフォース)の傾向を話しておくべきでしょう。
上半期にリリースされた新アイテムの中でも、おおきな話題となったアイテムがコチラ。


500デニールのオリジナルナイロンファブリックを用いた新シリーズの先鋒として登場したGemini Sling Bag (MF0498)。街使いにも馴染むサイズ感やデザインに500デニールという素材感がマッチして予想以上の反響を生みました。さらにTANカラーという今までのラインナップにない新色も登場し欠品となってしまうほどの人気に。

ちなみにデニールとは生地を構成する糸の太さの単位。500デニールの場合、糸が9000メートルで500gの重さであるという意味です。直接糸の太さを示すものでないため、同じ500デニールの生地でも厚みが違うなんてことも起こり得るということです。

話がすこし逸れてしまいましたが、

1000デニールのナイロン素材を採用したアイテムが主だったMagforceにとって新風を吹き込む500デニールシリーズ。


もちろん、500デニールとて耐久力には自信あり。さらに軽さと柔軟さが特徴となりますので、普段使いとしての活躍場面を増やしてくれる素材となっています。

もちろん、より本格的で強靭な鞄がご必要な方は1000Dナイロンシリーズをお選び頂けると良いかと思います。

いずれにしても、この500デニールシリーズの登場によって
今後のMagforceでは素材の特徴を生かしたアイテム開発が可能になり、幅広い活用シーンのそれぞれにフィットするアイテムをリリースしてくれるでしょう。

Magforceの常に挑戦を続ける姿勢にワクワクが止まりません。日本の総代理店である僕たちKINRYUのスタッフも、とても楽しみにしています。

実は次のニューアイテムもすでにリリース準備に入っています。500デニールシリーズをはじめ、今後の展開にゼヒご期待ください。

 

 


■ PDWでモダンミリタリーの今を知る

なんといっても今年からKINRYUオンラインストアでも、大々的に揃えている「Prometheus Design werx」のミリタリーワッペンは必見。
オリジナリティがあり、それぞれに「意味」が込められていて深みを感じられるデザイン。ミリタリーワッペンの垣根を超えたハイセンスグッズのように思います。
世界的に評価を得てるパッチなのですが、同じデザインの物を再生産することは滅多に無い為、気に入ったら即買い。

もちろん、この「Prometheus Design werx」通称PDWはワッペンメーカーというわけではありません。
最先端素材を屈指した妥協なきグッズの数々は圧巻。その展開はバックパックやアパレルなど多種にわたり、どれにおいても高機能でありながらシンプルで洗練されたデザインです。今後も目が離せないブランドであることは間違いないでしょう。
KINRYUストアでも、魅力的なグッズを揃えていくのでゼヒ気にして頂きたいです。


ちなみにキンリューオンラインストアは日本唯一のPDW正規ディーラーとしてブランドページにも紹介されています。

 

 


■ 自衛隊の現場で重宝されるヘッドライト

NEXTORCHがリリースするヘッドライト「Ecostar」。
実は自衛隊でも採用されており、今年度も何百~千単位で出荷させて頂きました。


自衛隊で、この「ECOSTAR」が重宝される理由。
それは、「明るすぎない」こと。

ECOSTARは48ルーメンと6ルーメンの2モード備え、さらに照射範囲を絞っておらずある程度の範囲を照らすことを得意としているため、手元の作業をするのにとても向いているヘッドライトなのです。
強すぎる光源は手元の作業には不向き。単純にまぶしいだけですから。

その他、いくつかの機能性がマッチしているのですが、詳しいスペックはこちらから。
LEDの台頭によって高出力を謳うライトが増えていまが、用途によっては「ただ明るければよい。」というわけにはいかないのです。

ちなみに、自衛隊ではない僕たちにも手元を照らすヘッドライトが活躍する場面はあります。たとえば、キャンプなどでの作業灯としてはやはり明るすぎず広範囲が照らせるライトが良い。またバックパックの中身を探るときも同様です。気軽に持ち運べるサイズ・軽さなので、常備しておくとよいでしょう。

さらに、防災用のヘッドライトとしても注目されています。
避難するときはもちろん。僕も知らなかったのですが、避難所の夜、トイレ行く時など周りの人の邪魔にならない光源が必要になるようです。

 

 


最後に

やはり、「良いものが売れる」。当たり前のことではありますが、昨今その傾向がより強く感じられます。
自衛隊で利用して頂いている「ECOSTAR」ヘッドライトのように、現場で重宝されるものは少なからず僕たちの中でもマストなアイテムとなってきています。
KINRYUオンラインストアでは、機能性・実用性を重視し、皆様の「必要」に応えられるセレクトを目指して頑張ります。
新商品についても、ほぼ週一ペースで更新していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

PDW Morale Patch – Vol.6 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
今月もPrometheus Design Werxから新作ミリタリーパッチの新作がモサッと入荷!眺めているだけでついつい欲しくなってしまうプレミアムパッチシリーズをじっくり解説いたします。

 

 

 


STARWARS x PDW

SF超大作「STARWARS (スターウォーズ)」× PDW がついに!
今やスターウォーズといえば知らない人が居ないほどメジャーですし、とてもキャッチ―なモチーフなのですが、PDWらしいアレンジによって新鮮ささえ感じるデザインに仕上がっています。

STARWARS 好きには間違いなくマストアイテムですし、そうでない人もデザインだけで十分満足できるであろう2枚がこちら!
 

■ PDW May 4th 2019 Memento Mori Fett Death Card LTD ED Morale Patch

STARWARS の代表的といってもよいキャラクター、伝説の賞金稼ぎボバ・フェット。PDWのワッペンでもしばしば登場するメメント・モリ スカルとの共演です。
人気キャラなのに、作中のセリフも少ないボバ・フェット。当初はルーカスもここまで人気がでるとは思ってなかったのだとか。

キャッチ―なモチーフながら、PDWらしいアレンジの効いた一枚です。

PDW May 4th 2019 Memento Mori Fett Death Card LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる
 

 

■ PDW May 4th 2019 Mythosaur Death Card LTD ED Morale Patch

こちらもボバ・フェット繋がりなのですが、彼が着用している鎧「マンダロリアンアーマー」の肩のあたりにも見ることができるマンダロリアンのシンボル「マンダロリアンスカル」がモチーフに。(マンダロリアンは惑星マンダロアの民のこと)

このシンボルのモチーフは、惑星マンダロアに住んでいた「Mythosaur ミソザウルス(?)」(マンダロリアンによって絶滅)の頭蓋骨。なのでMythosaurスカルとか他にも呼び方は多数あるみたい。 このあたりのエピソードは省きますが、広大な世界が広がるスターウォーズなかでも興味深いシンボルですね。

PDW May 4th 2019 Mythosaur Death Card LTD ED Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


■ SPD Space Kraken LTD ED Morale Patch

PDWのモチーフではおなじみのクラーケン(タコ)。今まではコーヒー飲んだりラーメン食べたりしていましたが、いよいよ地球を飛び出し宇宙へ!

映画「ライトスタッフ」のオマージュデザインとなっているようで、宇宙開発へのロマンを感じられる一枚です。良かったら、この映画「ライトスタッフ」も見てみてください。有名なアポロ計画より前、「マーキュリー計画」という有人宇宙飛行に挑むあたりの実話が基になった映画。あのベル X-1(世界初の音速飛行有人航空機)も出てくるので、そういうのが好きな方には特におすすめ。

SPD Space Kraken LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ SPD RTK 2019 LTD ED Morale Patch

コチラもクラーケンがモチーフになっているパッチ。PDWのパッチの中でも初期のデザインを奇跡的に復刻したものです。カラーリングは2019年バージョン。

「RELEASE THE KRAKEN=クラーケンを解き放て!」 と施されたキーワードが印象的。

個人的には某タイタン的な映画のゼウス神を思い出すのですが。ネタとしても海外で有名になったフレーズなので、これを連想した人は僕だけではないはず?ですが、それがモチーフなのかは定かではありませんのであしからず。 

SPD RTK 2019 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW LC 4 Speed Shift Knob LTD ED Morale Patch

アドベンチャーカーの伝説「ランドクルーザー40系」の4速シフトノブをモチーフにした渋い一枚。
80年代に廃盤になりながらも、世界中に愛好家を有する車。その伝説の一端を冒険心の象徴として楽しんで頂けると良いのではないでしょうか。

PDW LC 4 Speed Shift Knob LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Benchmark AZ OEX19 LTD ED Morale Patch

毎年アメリカ・アリゾナ州で開催される「車xアウトドア」の総合イベント「OVERLAND EXPO WEST」。その会場の座標を施した刺繍モラールパッチです。

The National Geodetic Survey (NGS)=アメリカ国立測地測量局スタイルのベンチマークがデザインソースです。ここでいうベンチマークとは測量点のこと。測量点には金属製で円形のそれが埋め込まれいるようで、国立公園などでもみることができるのだとか。

コレがそのベンチマーク。青銅製の物もあるらしく緑青によって青くなっているのだとか。本作のパッチもそういった経年を感じさせるカラーリングを採用しているように思います。

PDW Benchmark AZ OEX19 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Bushcraft Bear with Axe Morale Patch

クマがブッシュクラフトを楽しむ姿が描かれたミリタリーワッペン。
クラシックなカラーや雰囲気も魅力的なデザインです。
クマが持っている斧はハドソンベイスタイル。細かくも確かな設定がデザインに深みを与えます。

PDW Bushcraft Bear with Axe Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Igeniosum Fox Flash LTD ED Morale Patch

狐を賢さの象徴としてとらえたデザインの刺繍モラールパッチです。
「Ingeniosum」とはラテン語で優れた知性・賢さ・理知を表す言葉です。

PDW Igeniosum Fox Flash LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

 


EXPERT BADGE シリーズ

それぞれの分野に精通している証としてのバッジをイメージしたエキスパートバッジシリーズ。全4種が揃い踏み!!小ぶりながら、確かな存在感のあるパッチなので鞄やウェアにアクセントとしてオススメ♪

お好みのモチーフを。あるいは全種コレクションしてお楽しみください。

 

■ PDW Expert Tracker Badge 2019 Morale Patch

グリズリーの足跡をモチーフにした刺繍モラールパッチです。
ハンティングに必要となる動物の追跡スキルを保有している証としてのデザイン。

PDW Expert Tracker Badge 2019 Morale Patchをオンラインストアでみる
 

 

■ PDW Carry The Fire Badge 2019 Morale Patch

掌に火を携えたデザインの刺繍モラールパッチ。火起こしなどのサバイバルにおける火の扱いを表現しています。また、火はブランドを象徴するモチーフでもあり、火起こしだけでなく「共存」「希望」「感応」などの意味合いも含んだアイコンとなっています。

PDW Carry The Fire Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Wilderness Expert Badge 2019 Morale Patch

自然の中で生きる術を心得ている事の証をイメージした刺繍モラールパッチです。
抽象的にデザインされた木がポイント。

PDW Wilderness Expert Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Expert Navigator Badge 2019 Morale Patch

コンパス、羅針盤、北極星、推測航法など。ありとあらゆるナビゲーションに精通しているという証のバッジをイメージした刺繍パッチ。

PDW Expert Navigator Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


最後に


今回の新作達はいかがでしたでしょうか?
キャッチ―なモチーフから、マニアック好みのものまでありますが、どれも深みのあるデザインでPDWパッチの魅力を再認識できるラインナップですね。

それぞれのデザインに背景や裏話が存在するのもPDWデザインの魅力の一つだと思いますので、ブログではそういった詳細までじっくりお話したいと思います。
今回は映画の話が多くなってしまった気がするのですが、、、
僕個人の感想も混ざっておりますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

Prometheus Design Werx のパッチ一覧へ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.5 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.4 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.3~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.2~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

ミリタリーワッペンを120%愉しむために。

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werx

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

モダンミリタリーの先端を行くリーディングブランド「Prometheus Design Werx」より、待望のバックパックギアが届きました!その名も「S.H.A.D.O. Pack 24L」

相当なコダワリ具合なので、細部まで詳しく検証したいと思います。

 

 

■ カラー

・ALL TERRAIN BROWN

・UNIVERSAL FIELD GRAY
クラシカルなアウトドアやアルペンスポーツのイメージを踏襲しつつ、最先端の素材やギミックを取り入れ、人間工学に基づいた設計によりで出来上がったハイスペックギア。こだわり満載ながら、シンプルで堅牢な雰囲気は機能美を感じさせる逸品です。

また、今作の容量は24Lとなっており、必要最低限の荷物をパッキングしてアクティブに攻めるユーザーにもオススメ。

付属パーツによる拡張性も充実しており、キャンプやブッシュクラフト、トレッキングなどなど、活用シーンに合わせたカスタムができるのも大きな魅力です。

 

 

■ コンパートメント

フルオープンタイプのメインコンパートメント。
開口部が大きく開く荷物の整頓がしやすいです。内張りもオレンジ色で荷物の視認性も◎。
ファスナーポケット×2の他、15インチほどのノートパソコンが収納可能なラップトップポケットも備えています。

セカンドコンパートメントは、ハイドレーションの設置にも最適。メッシュポケットも備わっています。また、後述のツール収納に便利な「EDCO Panel」パネルもここに。

フロントポケット。細かな収納に便利。

レーザーカットタイプのモールパネルが特徴的。MOLLEシステムに対応したモジュールの取り付けが可能です。また、本体との間にジャケットを挟んだりすることも可能。

側面のドリンクポケットは1Lナロゲンボトルほどの大きさも収納できます。伸縮素材を採用しているので、ボトルの大小に関係なくスッキリ&ピッタリ収めることができます。

この正面のパネルは取り外しもできます。本体にもウェビングやショックコードなどのギミックが施されています。用途に応じて使い分けてくださいね。

ちなみに底面にもMOLLEに対応したパネルが備わっています。1インチのウェビングを用意しておけば荷物を括り付けたりできますね。

 

 

■ キャリーシステム

ショルダーハーネスにもMOLLEパネルが備わっています。チェストストラップを締めてるとバッチリ安定。

ショルダーストラップ付け根には、ショルダースタビライザーが備わっています。鞄の上部が浮いてしまわないように体に引き寄せるように締めてください。

体と密着する背面は、メッシュクッションパネルが。
クッションとしてはもちろん、背中の蒸れも軽減してくれる嬉しい設計です。

写真ではわかりませんが、
背面にはフレームパネルが内臓されており、本体の形を保ち、より安定したフィッティングを実現しています。

バックの四方(上部、両側面、底部)にそれぞれハンドルを配しています。

 

 

■ 採用素材やパーツ

メイン素材には、耐久性に大変優れたインビスタ社のコーデュラナイロンを採用。
500デニールです。

さらに、70デニールのリップストップナイロンを内張りに。

ちなみに各所メッシュポケットのメッシュもナイロン素材と徹底的なこだわりようです。

ファスナーはYKK製。グローブをしたままでも持ちやすい形状のジッパープル。

このジッパープル。オレンジ色の替えが付いています。
お好みで付け替えてください。

 

 

■ 付属カスタムパーツ

ToF Belt
ウエストベルトとして「ToF Belt」というパーツが備わっています。
ぐるっとクッションパネルでカバーするそれは、ちょうど腰の上あたりになるように設置することで、安定感も増します。

背中パッド、左右のクッションパット、ナイロンベルトで構成されていいます。
取り外すこともできますので、状況に応じた使い分けを。

EDCO Panel
EDCツールなどをはじめ、様々なツールアイテムの収納にかなり便利な「EDCO Panel」というパーツが付属しています。独立式でセカンドコンパートメントに収まるなサイズ。
クリップを備えたツールを取り付けたり、MOLLEシステムに対応したモジュールを取り付けておくこともできます。

このパネル、ひっくり返すとファスナーメッシュポケットが三つ。細かなアイテムをこれでもかというぐらい収納できますね。メッシュなので、視認性がよく何を収納しているのかも一目瞭然。

 

 

最後に

Prometheus Design Werxのプロラインとして、数々の最先端技術などを屈指した妥協なき本格バックパックS.H.A.D.O. Pack 24Lは、その完成度の高さから、すでに世界的に高い評価を得ています。
私個人としては、使用目的にあわせてアジャスト可能な優れた多様性に注目してほしいなと。アウトドアシーン~普段使いまで幅広い活躍の場で常に最大のパフォーマンスを発揮するハイスペックギアをぜひご堪能下さい。

なかなかボリュームのある記事となってしまいましたが、最後までお読みくださりありがとうございました。

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werxをオンラインストアでみる

PROMETHEUS DESIGN WERX – NEW ITEM
【トートバック、コンパスキット、オイルライター】

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
モダンミリタリーの先駆けとして名を馳せる「PROMETHEUS DESIGN WERX」ブランドより待望の新商品が届いていますので、お勧めアイテムと一緒にご紹介いたします。

 

 

■ PDW CaB-2

シンプルながら、タフで多目的に使用できるトートバックがこれ。
高強度ナイロンとして知られるコーデュラナイロン、中でも地厚でより耐久性に優れた1000デニールタイプを採用しています。

お気付きのようにハンドルは、肩掛けようの長いものと手持ちようの短いものが備わっています。持ち方を変えるときにわざわざ長さを調節したりする必要がないので、いつでもどこでも直感的に手に取って使用することができます。

ちなみに肩掛用に備わった長めのストラップは、トートバック本体をぐるっと包むように配置されています。
底を見るとわかりやすいですね。つまり、重い荷物を運搬する際もトートバックにかかる荷重が分散されるため、トートの耐久力も高まります。

フロントにベルクロのループパネルが備わっているので、パッチでカスタムしてお楽しみください。
幸いPDWからは素敵なワッペンも豊富にリリースされていますので。

PDW CaB-2 / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 

■ Expedition Watch Band Compass Kit Ti

リストコンパスを活用している方や、ダイバーズウォッチ、フィールドウォッチを愛用している方も必見。
チタン製のケースに覆われたコンパクトコンパス。シリコンケースも付属したセットアイテムです。

コンパスを覆うケース素材には航空機にも使用されるチタン(6AL-4V)を採用しています。
チタンは高強度かつ軽く、耐食性に優れているという加工金属の中でもかなり高性能。ステンレスより軽く、鉄の2倍強いといわれています。耐食性、つまり錆にも強いため、海での使用にもお勧めできてしまいます。
そんなハイテクギアにもってこいなチタンですが、その強度故の加工の難しさがあるそうです。PDWは、厳しい基準をクリアした工場で精巧に作り上げるのでとても完成度の高いチタンアイテムとなっています。

チタンのデメリットを強いて挙げるなら、素材自体のコストが高い点でしょうか。それを差し引いても余るほどの魅力がチタンないしはPDW製品には感じられるのですが。

シリコンケースを利用すれば、例えば鞄など好きな個所への取り付けが簡単に行えます。

さらに、腕時計のナイロンベルトにも。ダイバーズウォッチやフィールドウォッチとの相性抜群。耐水深度100Mとスキューバダイビングにもオススメできる本格派です。

ちなみに対応するウォッチバンドの幅は最大で22mm。18mmや20mmのベルトでも使用できます。(16mmのベルトでも試してみましたが、さすがにスカスカ感が否めなかったです。ベルト幅以前に時計本体との大きさのバランスもミスマッチでしたが、、、、)
ベルトの種類はNATOタイプであれば、ほぼOKです。

更に蓄光となっています。
カッコいいです。仮にコンパスを使う必要がなくても手に入れたいと思うほど。

Expedition Watch Band Compass Kit Ti / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 

■ TiFS

チタン製のコンパクトオイルライターです。スクリューキャップ式で閉じているときは防水。
表面のローレット加工による凹凸が醸し出すインダストリアルな雰囲気がたまりません。もちろんこの加工によって手にグリップし滑りづらくなっています。

キーホルダー感覚で持ち歩けてしまう掌サイズ。ストラップを介して鞄などに取り付けておくのもあり。

付属しているリペアパーツにも注目。パッキン、フリント、ウィックと、とても充実しています。長く愛用できそうです。
使用するオイルは通常のライターオイルでOK。
インサイドケースは少しずつ引っ張りだしてオイルを補充して下さい。

実際に使っていての感想ですが、先に述べたように防水アイテムとなっていているので気密性も高くオイルが揮発してしまうことも少ないです。つまりオイルライターによくある「久しぶりに使ったらオイルが揮発してしまっていて点火しない!」というケースがあまりないような気がします。

TiFS/ Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
どれも完成度が高く、洗練されたデザインと機能性はとっても魅力的。気になった方はPrometheus Design Werxの製品一覧も一緒に、ぜひご覧ください。

Prometheus Design Werxの商品ページへ

PDW Morale Patch – Vol.4 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

Prometheus Desigh Werxより新作ミリタリーワッペンが届きました!

毎度オリジナリティーあるデザインで楽しませてくれるPDWのモラールパッチですが、今回も活きが良いアイテムばかり♪
早速、本ブログでも余すことなくご紹介いたします。デザインについても詳しく解説&考察していきますので、ぜひご覧ください。

 

 

■ PDW Man On The Moon 50th Anniversary LTD ED Morale Patch


人類が初めて月に降り立ってから今年で50年。今作はアポロ11号ミッションの50thアニバーサリーモデルです。
デフォルメなキャラクターとして描かれている彼はきっとニール・アームストロング船長がモチーフとなっているのでしょう。あるいはバズ・オルドリン飛行士でしょうか。

「一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては偉大な一歩だ - ニール・アームストロング」月面に降り立った時に発した最初の言葉。彼が着陸数時間前(だったかな?)に考えた言葉です。

やはり宇宙はロマン。この大判にデザインされたワッペンを手に大きな宇宙に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

ちなみにこのワッペンは蓄光糸を利用して作られているため、明るい所で光を蓄え暗いところではぼんやりと発光します。

PDW Man On The Moon 50th Anniversary LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ SPD DIY Kraken V2 LTD ED Woven Morale Patch


ブランドのプロジェクトに掲げられる「クラーケン」。PDWのワッペンシリーズの中でも密かな人気を呼んでいるモチーフです。
本作のテーマはDIY。八本の足にそれぞれ工具が握られています。青と緑ベースの配色も癖になりそうです。

かく言う僕もDIYを趣味としている者の端くれですが、彼(クラーケン)のように八本の足で作業できたらもっと楽しいだろうなと思ったり。

SPD DIY Kraken V2 LTD ED Woven Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW High Speed Jackalope V1 LTD ED Morale Patch


アメリカのワイオミング州に生息するといわれる未確認動物(UMA)のジャッカロープをモチーフにした刺繍モラールパッチです。別名「つのウサギ」といわれることがあるようにウサギに角が生えた姿が特徴のジャッカロープ。高速スプリントを楽しむ姿が描かれています。

ちなみにジャッカロープの大好物はウイスキー。人の声真似も上手らしく捕まえるのは至難の業。捕まえるときはウイスキーを飲ませてベロベロにして捕まえるとかなんとか。捕まった試しがないということなので、この方法では捕まえられないのでしょう。


ワイオミング州にはジャッカロープスクエア(広場)なども存在しているらしいですよ。こんな感じで広場にはジャッカロープの像が。。。

PDW High Speed Jackalope V1 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Secret Treasure Map 1 Morale Patch


宝の地図をモチーフにした刺繍パッチです。
4つ折りの地図を広げたかのようなユニークな形状が特徴的です。宝の地図でワクワクしたころの気持ちを大切にしてほしいというメッセージが込められています。

PDW Secret Treasure Map 1 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ DRB Danger Tab Vintage Morale Patch


ヴィンテージのワッペンをモチーフにしたワッペンです。
一言「DANGER=危険」と記されており、シンプルながらインパクトのある一枚。


実はこのワッペンは第二次世界大戦時に用いられていた米軍レンジャー大隊のワッペンをモデルにしています。かの有名なノルマンディー上陸作戦時にも付けられていたのだとか。
また映画「プライベートライアン」の作中でも、ちょくちょく見ることができます。よかったら探してみてください。

いずれにしても「RANGERS(レンジャーズ)」→「DANGER(デンジャー)」とは、なんともジョークの効いたサンプリングですね。

DRB Danger Tab Vintage Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ DRB Danger Workshop V1 Morale Patch


PDWのキャラクター的存在「Danger Ranger Bear(デンジャーレンジャーベアー)」がモチーフとなった刺繍モラールパッチです。
今作のテーマはDIY。ハンマーやノギスなどが一緒に描かれています。

DRB Danger Workshop V1 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Narwhal V4 LTD ED Morale Patch


海のユニーコーンとも呼ばれるイッカク(ナワール)をモチーフにした刺繍パッチ。細部まで丁寧に表現されています。
このつぶらな瞳が癖になる魅惑のキャラクターです。


北極海に住んでおり、言うまでもなく角が特徴なイッカクですが、実は角に見えるものは歯が変形したもの。
この角が何のために生えているのかはまだ研究途中だそうで、一説では高度な感覚器官なのだとか。

それにしても、角って格好良いですね。このパッチを制作したPDWブランドもイッカクのことを「海のジェダイだ」(←スターウォーズ)と表現しています。

PDW Narwhal V4 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Prometheus Tab Morale Patch


ブランドネームの一部でもあり、ギリシャ神話に登場する神の名前でもある「Prometheus」をシンプルなロゴとして落とし込んだ刺繍ワッペン。
ギリシャ神話に登場するプロメテウスは全能の神ゼウスの横暴にあらがって「火」を人類に与えたことから、PDWは逆境に屈しない反骨精神の象徴としてこのロゴを掲げています。

小さめなワッペンなので、ポーチやちょっとした箇所に取り付けて楽しむことができそうです。

PDW Prometheus Tab Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW D110 Blue Print LTD ED Morale Patch


世界中の冒険愛好家からも根強い人気を誇るランドローバー/ ディフェンダー110をモチーフにした刺繍ワッペンです。
プル―プリント=青図のように落とし込むことでワッペンながらインダストリアルな雰囲気のある一枚となっています。


ちなみに、ランドローバー/ディフェンダー110とはこんな車。
110という数字はホイールベース(前輪軸から高輪軸までの距離)をインチで表したものだそうです。

PDW D110 Blue Print LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Tree Fort Morale Patch


ツリーフォート、あるいはツリーハウスと呼ばれる生きた樹木を利用して建設する家屋がモチーフとなった刺繍モラールパッチです。
ロマンのあふれる木の上の「フォート=砦」は大判のワッペンとなり、男心をくすぐります。


こんな隠れ家的なツリーハウス憧れますよね。こういう写真を見るだけでワクワクします。住んでみたい。。。。。

PDW Tree Fort Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW All Terrain GID Morale Patch


陸海空すべての地形を表現したオリジナルグラフィック。このノーブルな雰囲気がとても人気なので、ニューカラーとしてGreyとOrengeが誕生しちゃいました。


GIDスレッドという特殊な蓄光糸を使用しているため、なんと暗がりでぼんやりと発光します。

PDW All Terrain GID Orange Morale Patchをオンラインストアでみる
PDW All Terrain GID Gray Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 

雑誌「MFL」に掲載されました!


ライフスタイルミリタリーマガジン「MFL」の最新8月号に掲載して頂きました!
全国の書店・コンビニで見かけたらぜひチェックしてくださいね!27ページです。
 

 

最後に

PDWのワッペンは全て背面はベルクロのメス面になっているので、鞄やウェアなどをカスタムしてお楽しみください。

ちなみに、PDWのミリタリーワッペンは基本再生産されません。一つのモチーフデザインに対して同じカラーバリエーションの物は二度と手に入らないためプレミア感に心躍るアイテムです。
お気に入りを見つけたら迷わず手に入れることをお勧めします。

それにしても、なんとコレクション欲を掻き立てられるシリーズなんでしょうか。

Prometheus Design Werx のパッチ一覧へ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.3~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.2~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

ミリタリーワッペンを120%愉しむために。

ミリタリーワッペンを120%愉しむために。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日は「ミリタリーワッペン」や「モラールパッチ」と呼ばれるアイテムについてお話したいと思います。

実はKINRYUオンラインストアでも、充実しているミリタリーワッペン。
でも、実際にはどう活用したらよいのか。
そこで今回は少しでもミリタリーワッペンに興味を持っている皆様へ、その楽しみ方をご紹介いたします!
もちろん、すでに「ミリタリーワッペン大好き!」という皆様も、ぜひご覧ください。


“ミリタリワッペンとは?”
最初に、そもそもミリタリーワッペンとはどんなものなのか。
一口にワッペンといっても種類は豊富。部隊章・階級章から国を示すもの、さらにはジョークパッチとも呼ばれる自由度の高い物など。様々なユニークなデザインは今や軍だけでなく装飾や収集アイテムとして僕たちにとっても身近なアイテムとして存在しています。
昨今では取り外しの効くベルクロワッペンの注目度が高く、このブログでもベルクロワッペンにまつわる紹介が主です。

 

 

1.ウェアで愉しむ

やはり基本はジャケットへのカスタムでしょうか。


お好きなパッチを取り付けてお出かけ。
オススメは他のアイテムとカラーリングを揃えたりしてみること。
あれこれ試してみると夢中になる可能性大です。

 

 

2.バッグで愉しむ

ミリタリーアイテムはバッグにもベルクロパネルを装備しているものが多数あります。
お気に入りのバックを気の向くまま。そして思いのほか自然にカスタムできるといった点では一番親しみやすい楽しみ方なのかも。

 

 

3.アクセサリーで愉しむ

服やバック以外にもワッペンで遊べそうなアイテムがあります。

ポーチなどへのカスタムにもチャレンジ。
これも手軽に楽しめて良い感じです。

 

 

4.コレクションして愉しむ

ある程度ミリタリーワッペンにハマってくると、ある問題が浮上します。
そうです。集めたくなってくるのです。(収集欲求は本能だと聞きました。)
ならば、保管方法もクールに。

ブックタイプのパッチパネルにファイリングしていくのはいかがでしょうか。
ページ毎に整頓できブックラックなどに立てかけておくこともできるので、増やしていくのが楽しくなってしまいます。


ボードタイプもオススメ。
ロールアップして持ち運べるほか、広げて鑑賞するするもよし。
壁に取り付けておくのもありですね。お部屋の装飾としても活躍し一石二鳥です。

 

 

5.パッチ雑学で愉しむ

パッチの中でもやっぱり国旗はメジャーどころ。
中でもUSフラッグはよく見かけますよね。

これ、左右の向きが逆なリヴァーシブルフラッグが存在するのはご存知でしょうか。

このリバーシブルフラッグは基本右肩につけまが、なぜ逆向きなのか。
星(カントン)が胸側になるようにしているのですが、これは国旗を掲げる規則として星がポール側になければならないということに起因していており、進行方向に対して旗は左になびくからなのだとか。実際に旗を持って行進している人を思い浮かべるとわかりやすいかも。
(もともとアメリカの国旗は突撃のシンボルとしてデザインされているという話も聞いたことがあります。また軍が突撃しているのか退却しているのか判断できるものだったと。だからこそ向きが大事なのかも?)

米軍でも元々は国旗の着用義務は無かったそうですが、テロなどの影響により国際的な舞台が多くなるにつれ、現在アメリカ陸軍では左肩には部隊章、右肩には国旗を付けるように定められるようになったのだとか。なので昨今ではこのリバースフラッグも良く見られますが、なるほど時代によって違いがあるみたいです。


ちなみに、実働部隊はちゃんんと目立たないカラーリングのフラッグパッチを付けています。戦場で目立ったらダメですもんね。


余談ですが、ボーイスカウトの制服は右肩に国旗をつけるときも通常の向きの国旗をつけるそうです。これはボーイスカウトの制服は軍服を模してはいけない。と定められているからなのだとか。いろいろあるんだなぁと。

USフラッグだけで、これだけ話題豊富。(ほかにもパラシュート部隊がUSフラッグを付けていた理由など調べてみると楽しいはず。)
国旗パッチに限らず、ミリタリーパッチはストーリーやメッセージを持ったものが多いです。
ジョークパッチと呼ばれるような元ネタがあるようなワッペンもたくさん。
一枚のワッペンにみるバックボーンを愉しむのも一興なのではないでしょうか。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回はミリタリーパッチの愉しみ方にスポットをあててご紹介してみました。
もちろんこの他にも楽しみ方は無限に存在すると思います。このブログをご参考頂き、自分流の愉しみ方を見つけていただけたら嬉しいです。

KINRYUオンラインストアでもパッチにまつわるアイテムを豊富に揃っていますので、よろしければ覗いてみてくださいね。

KINRYUオンラインストアへ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.2~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW ミリタリーワッペン最新作 – 全12枚を一挙大公開!!