PDW Morale Patch – Vol.5 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

Prometheuse Design Werxの新作ミリタリーワッペンが届きましたので早速ご紹介いたします!各デザインの説明や個人的に好きなポイントを掘り下げてご案内します。

 

 

 

■ PDW Memento Mori Optical LTD ED Morale Patch

メメント・モリ=「死を忘れるな(ラテン語)」という古代よりの警句にオマージュを捧げた刺繍モラールパッチです。
カーブの異なるボーダー表現によって立体的な視覚効果を狙ったユニークなデザインです。

「メメント・モリ」は古代ローマでは「人はいつか死ぬから今を楽しめ」というような意味合いで使われてもいましたが、その後に宗教や芸術を介して別の意味へと変化したとされています。
(特に芸術の思想としてはバロック期における重要な思想の一つ。)
またメメント・モリの表現には、しばしば髑髏がモチーフとして用いられてきました。

このワッペンに対してそこまで考えながら愉しむ必要もありませんが。。。
いずれにしても、そういう背景があるからこそPDWのワッペンデザインには深みがあるのではないかと僕は思います。ただのドクロではなく哲学的なドクロとして楽しんでいただけると幸いです。

PDW Memento Mori Optical LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ SPD Kraken Krew Morale Patch

■ SPD Kraken Krew Flash Morale Patch

PDWの実験的な取り組みや、限定プロダクトなどを手掛ける特別なプロジェクトライン”SPD“のアイコンキャラクターを刺繍したモーラルパッチです。PDWパッチ特有の六角タイプと軍隊がもちいるフラッシュをイメージした形の少し大ぶりなタイプの2種類が同時リリース!

赤いワッチキャップは、海洋学者ジャック・イヴ・クストーや、その海洋学者をモチーフにした映画「ライフ・アクアティック」 にて船員たちがかぶっていた赤い帽子へのオマージュです。おそらくパイプたばこも。

PDWのモチーフには、しばしばこれらのオマージュが用いられるので、興味のある方はゼヒ映画も鑑賞してみてはいかがでしょうか?ユーモアがあり、独特な笑いあり、ヒューマンドラマあり、音楽のセンスばっちりな感じの映画です。(あくまで個人的な感想です)

SPD Kraken Krew Morale Patch をオンラインストアでみる
SPD Kraken Krew Flash Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW High Speed Jackalope Darkness LTD ED Morale Patch

アメリカのワイオミング州に生息するといわれる未確認動物(UMA)のジャッカロープをモチーフにした刺繍モラールパッチです。別名「つのウサギ」といわれることがあるようにウサギに角が生えた姿が特徴のジャッカロープ。高速スプリントを愉しむ姿が描かれています。ジャッカロープは人の声をまねることが上手く、西部開拓時代には夜、カウボーイ達がキャンプファイヤーを囲み歌っていると一緒に歌いに来ていたのだとか。今作のバージョンも夜をイメージさせるカラーリングとなっています。

もしかしたら、皆さんがキャンプファイヤーを楽しんでいるときも、どこかにジャッカロープが潜んでいるかも??
探してみてください。

PDW High Speed Jackalope Darkness LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Death Card Mirror LTD ED Morale Patch

人間の二面性「善悪」をトランプ柄に落とし込んだ刺繍パッチです。
ガイコツ=死を表し「死ぬが訪れるまで、あなたたはどちら(善か悪)の道を歩みますか?」というメッセージが込められています。

このデザインのポイントは骸骨+トランプのインパクトと背景にある渦状(?)の刺繍模様。このディテールがこのワッペンをグラフィカルに演出しているように思います。

PDW Death Card Mirror LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Confident Rabbit Morale Patch

ウサギがパイプ煙草を嗜んでいる様子を表現した刺繍パッチです。
ネイティブアメリカンではウサギとパイプはともに神聖なものとして扱われていました。ウサギは大地の精霊の使いとしてネイティブアメリカンのアクセサリーやアートなどでもよくモチーフとされています。また、パイプタバコは儀式を行う際に用いられていたのだとか。そんな背景をファンシーなキャラクターとして落とし込んだ一枚です

個人的に、この「おへそ」がツボ。


この絵もネイティブアメリカンによる岩絵のウサギだそうです。
ある部族では、ナナボゾというトリックスターがウサギの様相でとらえられていたそうです。
トリックスターとはいわゆる神話の中に現れる登場人物のことですが、その定義は割愛させていただくとして、、、
いたずら好きの様子で語られることが多いトリックスターですが、今作のパッチを眺めているとこのウサギにも憎めないキャラクター性というか、愛着を感じずにはいられないのです。

余談ですが、PDWのブランド名にもなっているギリシャ神「プロメテウス」もトリックスターとして数えらえることもあるようで、そのあたりに今作のデザインに隠れた意図を感じる、、、、というのは僕の深読みかもしれません。。。深読みでしょうね。

PDW Confident Rabbit Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Wilderness Expert Badge 2019 Morale Patch

■ PDW Expert Navigator Badge 2019 Morale Patch

計4つリリースされるうちのエキスパートバッジシリーズ二つが先んじてリリースされました。
木のモチーフと、コンパスや羅針図をモチーフにしたもの2タイプ。シンボルマークのような抽象的なデザインが好奇心をそそります。

小ぶりなパッチデザインなので、さりげなく愛用の鞄などに取り付けておくと格好良いです。

PDW Wilderness Expert Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる
PDW Expert Navigator Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Night Owl Overwatch V1 Morale Patch

フクロウをモチーフにした刺繍モラールパッチです。
「森の番人」と呼ばれるフクロウはしばしば「知恵」や「知性」の象徴とされてきました。その反面、死の予兆とされることもあり、いずれにしても世界中でスピリチュアルなパワーをもった鳥として扱われています。今作は「死」に対しての表現としてフクロウにくわえドクロがデザインされています。

羽の細部に至るまで細かく表現された刺繍は秀逸です。

PDW Night Owl Overwatch V1 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ DRB Flocked Morale Patch

PDWのキャラクター的存在「デンジャーレンジャーベアー」のモラールパッチです。ループ刺繍を用いており、立体感があります。

ループ刺繍はサガラ刺繍ともいわれ、(スタジャンなどにみるこができるワッペンもサガラが多め)太めの糸を用いてモコモコとした表面に仕上げます。贅沢なボリューム感がキャラクターのチャーミングさとマッチした至高の一枚です。

DRB Flocked Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

最後に

PDWのワッペンは全て、裏にフックが仕込んでありますのでループパネルさえあれば着脱も簡単!思いのほか気軽に楽しめるアイテムだと思います。
上の写真は Collector 4″x6″ / MagforceMSM Patch Panel を組み合わせてパッチでカスタムしています。コンパクトな愉しみ方なので良ければ試してみてください。

また、オンラインストアでは今回オススメした新作の他にもPDWのミリタリーパッチを豊富に揃えています。すべて限定的に生産されるプレミアアイテムですので、定期的にチェックして頂けると嬉しいです!

Prometheus Design Werx のパッチ一覧へ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.4 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.3~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.2~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

ミリタリーワッペンを120%愉しむために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です