Bumblebee Backpack / mf-0548

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

MagForce(マグフォース)より待望のニューアイテムがリリース!!
唐突でしたが、本日はホットなニュースをお伝えいたします。

 Bumblebee Backpack / MF-0548

ミリタリーギアアイテムの本格・正統ブランドとして人気を集めるMagForce(マグフォース)よりイメージを一新したニューモデルが誕生しました。

 

1. デザイン


特徴的な丸みを帯びたシルエットとパネルは今までのラインナップにはなかったニューコンセプト。
”ミリタリー”らしい力強さと”アーバンイメージ”が融合したハイブリットデザインです。

”アーバンタクティカル”という概念がピッタリきますが、まさにファッショナブルでタウンユースにもオススメ。


背中にスッキリ収まるサイジング。
容量も24.5 Lなので汎用性が高く、普段使い~軽い旅行までならこれ一つでOKでしょう。
(モデル 174cm、65kg)

 

2. ファブリック


500デニールの高密度ナイロンを採用し、耐久性に加え柔軟性を確保。
また、PVCコーティングが施されているので、マットな質感です。

PVCコーティングは高い耐久性を付与する加工法。さらに耐水性にも優れており水を一切通しません。ちなみに汚れも拭き取りやすいです。

※ファスナーは防水ではありません。そのほかシームなどより水が染み込むことがありますので、バック自体が完全防水というわけではありません。

 

3. コンパートメントシステム


ガバッと大きく開くメインコンパートメントは開口部にハンドルがついており、ワンアクションでフルオープンできるように工夫が施されています。


裏地は全てベルクロ(面ファスナー)になっています。全てです。
別売りのオーガナイザーを利用することで、より細かく整頓された収納が可能になります。
また、デリケートなアイテムも傷が付きづらいというメリットもありますよ。

背面のコンパートメントにいたっては、ラックトップの収納にもオススメですが↑こんな感じでカスタムするとEDCツールなどをカッコよくスマートに持ち運ぶこともできそうです。

 

4. モールパネル


タクティカルバックに欠かせないモールシステム。
従来のウェビングタイプでなく、強化プレートにレーザーカットで加工を施したモールパネルを採用しています。
同システムに対応しているポーチなどをスッキリと取り付けられる他、表面はパッチが貼り付けられる面ファスナーとなっています。

 

5. サイドホルダー


両側面の500ml.のペットボトルや1Lナロゲンボトルも収納可能なボトルホルダー。エラスティックコードで間口の調節ができます。

ホルダーポケットの背面はピッケルや傘などを挿して固定出来るようホール状になっています。
写真はイメージですが。。。

 

6. ファンクションディテール


チェストストラップはスライドして位置を調節。


ショルダーストラップはバックル接続によってクイックリリースが可能です。

 
最後に

ちなみにアイテム名である(Bumblebee)バンブルビーは、和名でマルハナバチ。
農業でも重宝されている昆虫で西洋文化ではミツバチより身近な存在だとか。
丸っこい形から連想されたネーミングだと思いますが、アウトドアからタウンユースまで幅広くユーザーに寄り添うこのバックの存在はまさにバンブルビーの如く親近なものになるのかもしれませんね。

Bumblebee Backpack / MF-0548 オンラインストアへ

個人的にはバンブルビーと聞くと某SF作品の彼を連想するのでテンションがあがるのですが、、、、
それではまた。

Prometheus Design Werx

いつもブログをご覧いただき有難うございます。

今回のブログはスペシャルなお知らせ共にスタート致します。
当店”KINRYUオンラインストア”にて、日本初上陸となるミリタリー&アウトドアブランド”Prometheus Design Werx”(プロメテウスデザインワークス)の取り扱いが始まりました。
“Triple Aught Design”(TAD GEAR)の創業者”Patrick York Ma”氏によって新たに立ち上げられ、アウトドア・ミリタリーというジャンルにおいて次世代のリーデイングブランドとして注目されている”Prometheus design werx”(プロメテウス デザイン ワークス)。
蓄積された物作りのノウハウとアウトドア&ミリタリーというバッックボーンを携え、アパレルからバッグなどのギアアイテムまで幅広く展開しています。

ブランドの本拠地である米国カリフォルニア州での現地生産にコダワリ、ハイテクノロジーからアナログツールまでを屈指し創られるハイスペックな製品を生産しています。その技術は軍事および航空宇宙工学の研究成果から成っており、新しい物を作り出すという挑戦心が感じられます。

デザインの根本には”シンプルである”ことへの強い想いが存在していており、レオナルドダビンチの「シンプルさは究極の洗練である」という格言。あるいはインダストリアルデザイナー”ディーター・ラムス”の「良いデザインの10ケ条」に強く影響を受けています。
そうした理念の元、高機能でありながら洗練された容姿からファッショナブルなアイテムとしても高く評価されています。

ブランドネームに「天界から盗んだ火を人類に与え、進歩と文明の発展を促した」とされるギリシャ神”プロメテウス”の名を冠した”Prometheus design werx”チームは、飽くなき探究心を抱え革新的なアイテムを世に送り出しています。

 
↓せっかくなので、取り扱いスタートしたアイテムの一部をご覧ください。↓

 S.H.A.D.O. Pack 28L


クラシカルなアルペンバッグの雰囲気を持ちながら、近代的にアレンジされたデザインは秀逸。
米国の大手キャリーグッズ専門マガジンサイト”CARRYOLOGY”でも第五回”CARRY AWARDS”に選出された本格派バックパックです。


少し縦長に設定されており、見た目の印象はタクティカルバックと思えない程とってもスッキリ。
もちろんアウトドアでの使用にも十分に耐えうるハイスペックな仕様になっていますが、街使いにもオススメな小洒落た雰囲気。

ミニマムにして十分なストレージシステム。
必要に応じてパックリと開くクラムシェル構造で物の出し入れにストレスなしです。
裏地カラーのレスキューオレンジで収納物の視認性も向上しますね。
色合わせも相当格好良いと思っています。

詳しいスペックはオンラインストアで。

↓オンラインストアへ↓
S.H.A.D.O. Pack 28L by PDW

 PDW Spectrum Hoodie


ブランドのデザイン美学が息づいているシンプルな見た目。
その作りに一点の妥協もないハイスペックなフルジップパーカーです。

POLARTECの最先端技術がつぎ込まれたハイテクファブリック”Power Stretch Pro”というフリース生地を採用しています。
これは4WAYストレッチの圧倒的な伸縮性に加え、優れた透湿性を持っているため、激しい動きを求められるスポーツやアウトドアシーンにおいても最適な機能性を与えられています。
POLATEC社のフリースについて暖かさと肌触りの良さが抜群なのは言うまでもないのかもしれませんね。
タイトに着ることを想定したサイジング。一般的なジャパンサイズより少し大きい印象です。
スマートな格好良さが魅力的ですね。

他にもお伝えしたいポイントは沢山あるのですが、細かなディテールをお話していると長くなってしまうので又の機会に。
オンラインストアで詳細をチェックしてくださいませ。

↓オンラインストアへ↓
PDW Spectrum Hoodie by PDW

 EDC Pant Guide Cloth


「履いた瞬間、その伸縮性に驚き感動することでしょう。」
そう銘打っても恐らく大袈裟ではないはず。そんなタクティカルパンツです。
ナイロン85%スパンデックス15%の4WAYストレッチ素材で、軽量かつ高強度。速乾性にも優れているので、アクティブなシーンにもお勧めです。

個人的にこのシルエットはツボ。
腰回りはゆったり余裕がありますが、テーパードが掛かっているので、全体的にすっきりとしています。
(写真は30×30のサイズを174cm65kgのモデルが着用しています。)

パンツのコンセプトとしてEDCグッズ(毎日持ち歩く物)の携帯能力向上を掲げているだけあり、収納アイテムを細分化できるポケットの仕組みになっています。


いろいろ優れたディテールは多いのですが、個人的に気になったのはココ。
フロントとバックポケットの留め具がパラシュートボタンになっていますね。
もともと飛行機での作業やパラシュート降下するときなどの負荷に耐えるために開発されたもので、ボタンを糸ではなくウェビングで取り付けています。

それに加え写真左にちらっと映っている縫製部分、3本のステッチが這っているのがわかります。
ワークウェアでもまれに見かけますが、俗にいうトリプルステッチというディテールです。(古着とか好きな方はブルーベルとか思い出しますよね。)
効果としては単純に耐久性がアップするのですが、こういう手間の掛かっているポイントに男心がくすぐられます。

↓オンラインストアへ↓
EDC Pant Guide Cloth by PDW

 

最後に

説明しきれなくて申し訳ないのですが、今回はいち早く皆様にブランドを知って頂きたい一心でこのブログを綴りました。ブランドの持つ雰囲気だけでも感じて頂けていれば幸いです。

またの機会に、アイテム毎の素晴らしいディテールまで詳しく説明していきたいと思います。
待ちきれない皆様のために、オンラインストアも気合入れて細かく写真撮りしていますのでゼヒご覧頂ければと思います。

Prometheus Design Werxの商品一覧はこちらから。

NITE IZE ナイトアイズ vol.2

いつも、ブログをご覧頂き有難うございます。

本日はNITE IZE(ナイトアイズ)の特集第二弾!

今回は、NITE IZE(ナイトアイズ)の名を世界に轟かせる切っ掛けの一つとなった”figure9”(フィギュア9)というロープタイトナーをはじめ、キャンプなどのアウトドアから日常生活で活躍する”縛る・まとめる・張る”といったロープまつわるアイテムを。
そして、NITEIZEが得意とするジャンル一つであるLEDライトギアからもアイテムをご紹介したいと思います。

 1.Figure9 Rope Tightener S


冒頭で少し触れましたが、ロープワークをより身近なものにする実用性とユニークなデザインが認められ世界最高峰のアウトドア雑誌とされている「Backpacker magazine」が毎年4月号で発表している「Editors Choice」(エディターチョイス)賞を受賞した逸品。


使い方はいたって簡単。ロープをチョチョッと通すだけで難しいロープワークなど一切必要なくロープを張ることができます。


テントを張ったりとアウトドアシーンでの活躍はもちろんですが、日常的にも荷物を纏める際に用いたりと出番が意外に多い。
ちなみに対応するロープの太さは2mm〜5mm。550パラコードなどもお勧めです。


キーホルダー感覚で持ち運べるコンパクトさとユーモアのあるデザイン。
カラビナを利用して鍵などと一緒にまとめて携帯していても様になる感じが良いですね。

↓オンラインストアはこちらから↓
NITE IZE / Figure9 Rope Tightener S

 2.CamJam Tightener


これまた画期的なロープタイトナー。


コードを通してカム部分にかませるだけで、ロープをしっかり張ることが可能。ロープが緩むことはありません。
片側にカラビナクリップが備わっているので、Dカンなどに接続するときにも便利。


ちなみに耐荷重はシンプルな構造からは想像できないくらいハイスペック。
荷台で荷物をまとめる時も重宝します。


軽量に特化したプラスチックバージョンもあります!
耐荷重は先ほどのアルミニウム製より劣りますが、こちらもロープを緩まずしっかり張ることができます。
持ち運びに便利なのも強みなので、目的如何に関わらずアウトドアレジャーのお供に持ち歩くのは如何でしょう。

↓オンラインストアはこちらから↓
NITE IZE / CamJam XT AL Cord Tightener
NITE IZE / CamJam Tightener

 3.3-in-1 LED Mini Light


名前が表すように1つで3役こなす優れたコンパクトライト。
カラー展開もカラフルな4色とカジュアルな一面もありますが、これがなかなか優れた多機能ライトなのです。


まずは通常の点灯。80ルーメンのHIGHモードと15ルーメンのLOWモードを備えています。


そして頭をグッと引き上げるとランタンに早変わり!
読書できるくらいの光源は十分に確保。キャンプなどでも活躍しそう。


テール部分の点灯は赤いセーフティーライト。
点灯・点滅・SOS点滅(モールス信号パターン点滅)の三つのモードを使い分け出来るというのだから驚き。


コンパクトなので、常時携帯のライトとしても便利。
EDCアイテムとして他のお気に入り持ち運びグッズと一緒にいざという時のためにセットしておくのも良いでしょうね。

ちなみに生活防水かつメインフレームに衝撃に強いアルミニウムを採用。
詳しいスペックはオンラインストアをチェック!

↓オンラインストアはこちらから↓
NITE IZE / 3-in-1 LED Mini Light

 4.Moonlit Micro Lantern


上部にカラビナを有したキーホルダー的LEDライトです。


本体をグッと押すことで点灯。
お手軽なランタンとして使用できるほか、ジャケットのファスナーにつけるとハンズフリーな光源が確保できます。
本体は360°回転するので、角度の調節も可能です。


点滅モードも備えているので、例えば夜間のサイクリングなどセーフティライトとしても機能します。

↓オンラインストアはこちらから↓
NITE IZE / Moonlit Micro Lantern

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
KINRYUオンラインストアではNITE IZE 商品をお買い得に販売しています!!
今回紹介したアイテム意外にも豊富なラインナップをご用意していますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

KINRYUオンラインストア”Nite Ize”(ナイトアイズ)商品一覧へ

また、前回のNiteIze特集も合わせてご覧いただけると幸いです。

NITE IZE ナイトアイズ vol.1

MIL-SPEC MONKEY / MSM HOODIE RAW and more..

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は当店で扱うMIL-SPEC MONKEY(ミルスペックモンキー)というブランドと、そのアイテムについてお話したいとおもいます。

現役兵士からも信望されているアメリカのミリタリーグッズブランド”Mil-Spec Monkey”(ミルスペックモンキー)。
ジョークパッチの人気は言わずもがな。実は注目してほしいパッチ以外アイテムも多数存在しています。
本日はこれからの季節にオススメしたいアパレルグッズを2つご案内いたします。

 1.MSM Hoodie Raw


Mil-Spec Monkey(ミルスペックモンキー)の定番フーディ。

使い勝手のよいプレーンなデザインと縫製やディテールに拘った造りの良さが、衰える事のない人気の秘密。
今期は新色が加わり、話題再沸騰!

↓気になる各色の雰囲気とサイズ別スタイルはこんな感じです。
※ちなみにモデルは174cm 65kg です。

・OD GREEN   Mサイズ

・MSM GREY  Lサイズ

・CHARCOAL XLサイズ


MSM GREY が今期より加わったニューカラーです。
ミリタリー色がベースとなる3色展開。どれも雰囲気のある味わい深いカラーリングですね。

サイズ感ですが、比較的タイトです。
アメリカサイズを基準としていますが、ゆったりと着用したいときはワンサイズ上を選ぶとよいでしょう。


生地にはT/C素材(コットン50%、ポリエステル50%)が採用されています。
軽量で速乾性を持ち、肌触りも良く柔らかい。
さらに、裏地はマイクロフリースになっているのでライトウェイト(9 oz)な厚みでありながら、見た目以上の暖かさです。
季節の変わり目である今から活躍する即戦力アイテムなのは間違いないでしょうね。


4インチ×4インチの面ファスナーが両肩に。
シンプルなまま着るのも良し。パッチでオリジナルカスタムして着るも良し。
お気に入りのパッチ一枚を貼り付けるだけで、雰囲気も気分も変わることでしょう。


このディテールにも注目。
袖リブには親指を通すためのホールが設けられていますので、写真のように装着することでハーフグローブのようになります。
自転車乗りの方にもオススメ!この上からグローブ装着しても、袖がはみ出る事が無く良い感じ。

余談ですが、ご存知の通り手首を温めることは体温の低下を防ぐ有効な手段の一つとされています。防寒対策として単純に嬉しいですね。

妥協なきMADE IN USA製でしっかりと縫製されているのもポイント高いです。
シンプルな容姿にも関わらず、細部にまで行き届いたコダワリが光るナイスな一着に仕上がっていますね。

↓オンラインストアはこちらから↓
MIL-SPEC MONKEY / MSM Hoodie Raw

 2.MSM Multi Wrap

リピーターも多いブランドを代表する人気アイテム。
いろいろな使い方が出来るマルチラップです。

肌寒くなってくるこの季節、写真の様にネックウォーマーとしての需要も多いです。


それに加えハーフマスクやヘッドバンド、ビーニー、バラクラバなど。
優れた伸縮性も持っていることも手伝って、その名の通りマルチな使い道。

ちなみに、生地にはマイクロファイバー素材を使用。
シームレスな筒状に作られているので肌触りも良くストレスのない着用感です。

今期は新色や新パターンも増え、豊富なラインナップから選べるのも嬉しいです。
詳しくはオンラインストアをチェック!

↓オンラインストアはこちらから↓
MIL-SPEC MONKEY / Multi Wrap 一覧

 

最後に
いかがでしたでしょうか。

Mil-Spec Monkey(ミルスペックモンキー)のアイテムは他にもご用意ありますので、ぜひKINRYUオンラインストアも覗いてみてくださいね。

Mil-Spec Monkey商品一覧

CANNAE / LEGION DAY PACK

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回はBLOGでは初めて取り扱うこちらのブランドのアイテムをご紹介いたします。

新進気鋭のミリタリーブランド

CANNAE (カンナエ)は2016年、カリフォルニア州にて創業。
ブランドネームは紀元前218年イタリア半島で勃発した”カンナエの戦いが由来。
ハンニバル率いるカルタゴ軍が、約二倍の戦力を誇るローマの大軍を包囲殲滅した戦史上名高いこの戦いに倣って「勇猛で力強く知的」であることを理念として掲げています。

物作りにおいては多様な環境下での使用に対応する高い耐久力と、人間工学に基づき計算された確かな機能性が高い評価を得ています。

 

アーバン+ミリタリーを体現する”Legion Series”

CANNAE(カンナエ)が作り出すプロダクトは”URBAN MILITARY(アーバン ミリタリー)”というコンセプトのもとデザインされており、タクティカルな機能性を備えながらもアウトドアのみならずタウンユースに活躍することを想定しています。

そして、今回紹介する
”Legion(レジオン)”シリーズは、URBAN MILITARY(アーバン ミリタリー)へのコダワリが色濃く表現されているCANNAEの代表アイテムとなっています。

 

 Legion Day Pack / レジオンデイパック

CANNAEの代表的アイテムとなっているモデルです。
カラーはブラックとコヨーテの2色。

着用イメージ


実際に装着してみるとイメージもわかりやすいですね。

本来のミリタリーバックにない都会的なデザイン。
無駄のないシルエットから、スマートな印象が伺えます。

優れたストレージシステム


インナーポケットが細かくセパレートされ小物の収納に便利なフロントのポケット。
そして、サングラスなどのナイーブなアイテムも保護するクッションパッド入りのトップポケットなど。
随所に使い手の利便性を考えられたディテールが見て取れます。

イヤホンホール


実はイヤホンホールも。
こういったディテールも街使いへの意識からでしょう。

↓詳細はオンラインページへ↓
Kinryu Online Store | CANNAE Legion Day Pack

 

 Legion Helmet Day Pack / レジオンヘルメットデイパック


Legion Day packのカスタマイズモデル。
カラー展開は同じブラックとコヨーテです。

着用イメージ


おもに、ストレージ能力の向上が図られていますが。
そのアップデートが如実に現れているのがフロントのヘルメットキャリーでしょう。
すぐに取り出せる事と容量の大きさから、ジャケットなどの収納にもかなり便利。


さらにヘルメットキャリーは自転車乗りにもオススメ!
バイク用でもハーフヘルメットであれば収納できます。

サイドポケット


サイドのポケットも追加されています。
すぐにアクセス出来き便利な位置。
さらに 23×14×5cmと、なかなかの収納力があるので、EDCポーチの要領で必要なツールを詰め込んでおくのも手です。

イヤホンホール


このモデルにも、ちゃんとイヤホンホールはついています。

↓詳細はオンラインページへ↓
Kinryu Online Store | CANNAE Legion Helmet Day Pack

 

 著者のお気に入りポイント

メインコンパートメントの間口の形、気に入っています。

CANNAEオリジナルのクロージャーデザインでファスナーがトップにかけて曲線的に配置されています。
これは垂直に物を出し入れ(写真左)が出来、さらにフルオープン(写真右)で収納物の管理が出来るというもの。
これが、予想以上に便利で一度体験すると手放せなくなる可能性ありです。

文書で伝わりづらいく歯がゆいですが、
クラシカルなバックに多いドロークロージャータイプと現代的なフルジッパータイプの良い所取りな印象。


細かな点ですが、ウエストベルトを必要に応じて収めておく事が出来るのも嬉しい。
ウエストベルトは付いていたほうが有難いですが、普段使いの中では邪魔になることもありますからね。
必要に応じて出し入れしちゃってください。

 

最後に。

いかがでしたでしょうか?
今回は代表アイテムとしてLegionシリーズをご紹介しましたが、その他にも魅力的なバッグが揃っています。
注目株なブランドだけに、チェックしておいても損はないですね。

CANNAE(カンナエ)のアイテム一覧はこちらからご確認ください。
Kinryu Online Store | Cannae 一覧

Magforce / Smartphone Holder

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

本日はマグフォースのポーチアイテムの中でも反響・お問い合わせの多いモバイルポーチシリーズについてお話したいと思います。

収納サイズ徹底分析!!
マグフォースのモバイルポーチ
for 最新スマートフォン

モバイルポーチを購入するときに一番気になる、、というより最重要案件がサイズ。
愛用の端末が、間違いなく収納できるかどうか。これが解らなくては始まりませんね。
話題のスマホが発売されたばかりですし、せっかくなので主要スマートフォン各最新機種の収納を例にMagforce(マグフォース)の携帯ホルダーシリーズを徹底分析致します。

ある程度の大きさをもっている最近のスマホにオススメなポーチを3つピックアップしました。

 最新のスマホにオススメホルダー3選

収納の可否を検証する為に、参考とした最新スマホは以下の通り。

・iPhone8           ・・・・・(138×67×7.3mm)
・iPhone8 Plus  ・・・・・(158×78×7.5mm)

・Galaxy S8    ・・・・・(149×68×8.0mm)
・Galaxy S8 + ・・・・・(160×73×8.1mm)

・Xperia XZs     ・・・・・(146×72×8.1mm)
・Xperia XZ premium ・・(156×72×7.9mm)

上記の3モデル2サイズ 全6つの機種を想定し、お勧めするポーチがこちらです。

 

1.MF-0130 / Butterfly Smartphone Pouch L


大容量かつ収納アイテムの保護性能にも優れてるMagforce のスマートフォンホルダー代表アイテム。
ベルクロの差し込み加減で微妙なサイズ調節ができ、スマートフォンのサイズに合わせてガッチリとホールドさせることができるのも強み。
裏側はフリース張りになっているので、ケースなしスマホ本体そのままの収納でも画面などを傷つけることのない安心設計です。

【スタンダードなサイズの収納】

スタンダードなサイズの収納はすべてOK。写真のようにスッポリと入ります。
余裕があるので、扉開きのケースを付けていたとしても十分に収納できそうです。

・iPhone8    ・・・・・・・・ 収納可能
・Galaxy S8    ・・・・・・・・ 収納可能
・Xperia XZs  ・・・・・・・・ 収納可能

【ラージなサイズの収納】

大きなサイズでも、問題なくしまうことが出来ました。

↑iPhone8+を二つ収納したと想定。(そんな2台持ちをすることは無いと思いますが。)
これでもまだ余裕があります。

・iPhone8 Plus              ・ ・・・・ 収納可能
・Galaxy S8+     ・・・・・ 収納可能
・Xperia XZ premium  ・・・・・ 収納可能

MF-0130 / Butterfly Smartphone Pouch L のオンラインストアへ

 

2.MF-0102 / Cellphone Cover L


無線機ホルダーとしても活躍するほど柔軟にサイズ調節可能な一品。
シンプルでタフさが伺える無骨な雰囲気も良い感じです。

【スタンダードなサイズの収納】

十分収納できます。
このホルダーもある程度サイズの調節ができますが縮めても空きができるほどなので、ケースありきでボリュームを持たせた方が安定しそうです。

・iPhone8    ・・・・・・・・ 収納可能
・Galaxy S8    ・・・・・・・・ 収納可能
・Xperia XZs  ・・・・・・・・ 収納可能

【ラージなサイズの収納】

大きなサイズも、もちろん問題なし。
収納時は本体の露出もあるので、スマホにお気に入りのケースを取り付けることで個性の演出もできそうです。

↑こちらはXperiaXZ premium を二つ収納したと想定。(やっぱり、そんな2台持ちをすることは無いと思いますが。)
まだ、縦横に調節幅を残しており余裕です。

・iPhone8 Plus              ・ ・・・・ 収納可能
・Galaxy S8+     ・・・・・ 収納可能
・Xperia XZ premium  ・・・・・ 収納可能

MF-0102 / Cellphone Cover Lのオンラインストアへ

 

3.MF-0110 / Cellphone Pouch XL


シンプルなデザインとミニマムな機能性で使い勝手の良いホルダーです。
内側にはフリースを貼り付けてあり、スマホの画面もしっかり保護。
エラステックバンドによってフレキシブルに収納物をホールドしてくれます。

【スタンダードなサイズの収納】

ぴったりジャストな印象です。
ケースを装着するときは、物によって入らなくなるので注意は必要です。

・iPhone8    ・・・・・・・・ 収納可能
・Galaxy S8    ・・・・・・・・ 収納可能
(※ただしフラップストラップがジャストサイズのため、ケース着用物は不可)
・Xperia XZs  ・・・・・・・・ 収納可能

【ラージなサイズの収納】
下記サイズの機種は残念ながら収納できませんでした。

・iPhone8 Plus              ・ ・・・・ 不可
・Galaxy S8+     ・・・・・ 不可
・Xperia XZ premium  ・・・・・ 不可

MF-0110 / Cellphone Pouch XLのオンラインストアへ

 噂のXも、、、

そういえば、11月にはiphoneX もリリースされるみたいですね。
こちらも検証しましたが、今回紹介したポーチであれば全て収納可能ですよ。

 

 モバイルポーチ利用方法・番外編

今回は重点的にスマホの収納についてお話しましたが、ポーチの使い道は他にも。

例えば

MF-0130は通常のコンデジの収納にも好まれています。
シャッターチャンスを逃さない俊敏さも重視しているコンパクトデジタルカメラを収納するに当たって、すぐに取り出せる点に一長ありますね。

また

MF-0102は高さのアジャストに大きなアドバンテージを持っているので、無線機のような背の高い収納物もお手の物。
持ち前のタフさで、アウトドアマンからも指示を得ています。

 

 最後に

※今回の収納イメージはスマートフォン各社の公式サイズスペックに乗っ取り検証し、わかりやすく視覚化したものです。
実際のアイテム収納時とは若干異なるところはあるかもしれませんので、あらかじめご了承ください。

ご不明な点やご相談ありましたら、ご遠慮なくコメントやメールでお知らせくださいね。

秋キャンプ-人気グッズ特集

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

気が付けばすっかり秋らしくなってきました。
標高の高いところではすでに紅葉も始まっているようですし行楽に興じるのも良いのではないでしょうか。

 秋キャンプ!人気グッズを一挙公開

そこで今回のブログはチョットした企画として、
秋のアウトドアでも活躍するアイテムをリストアップしてみました。

1. Cube LED Light


日が短くなってくる秋のキャンプに灯は必須。
光源の確保だけでなく、雰囲気も楽しめる人気のランタンがこちら。
なにより、なによりスイス生まれのオシャレなデザインがポイント。
さらに7色のカラーライトモードも搭載しているので、特別なムードを演出してくれます。

最大出力は100ルーメンと読書も可能な明るさ。
耐水性も持っているので機能面も心配ないですね。

Cube LED Lightのオンラインストアへはコチラから

2. Live Fire


キャンプの基本はやっぱり火おこし。
慣れていないと結構大変だったりします。

当然ライターなども持っていくかもしれませんが、やはりそれだけでは心もとない。
かと言って、大それた着火アイテムを持っていくのも。。。
そんなとき、スマートな着火が可能なのがこちらのアイテム。

繰り返し使える着火アイテムで、水に濡れてしまっても関係なく使用できます。
すごいですよね。

↑たき火も簡単に起こせます。
なにより、フリスクみたいなコンパクトなサイズ感。かさ張ることなく持ち運び便利です。
これでササッと火を起こしてたら惚れますよね。

Live Fireのオンラインストアへはコチラから

3. Floding Camp Stool


簡易折り畳み椅子として人気なのがこちらのアイテム。
個人的にはこのシリーズのカラーリングもお気に入り。ミリタリーテイストを取り入れたキャンプにもマッチしますね。

コンパクトに折り畳むことが出来、かさ張らないのも強みです。
予備の椅子としての携帯もお勧めです。

Floding Camp Stoolのオンラインストアへはコチラから

4. Canvas Bucket


使ってみると意外と便利なのがこちら。

厚手のキャンバス生地で出来たバケツです。
もともと緊急時の水くみにも使われるアイテムなのですが(※防水ではありません。)、
持ち運び時にかさ張らないのとラフに使えるのが良いところ。

ブランケットとかのすぐ取り出したい衣料品を突っ込んでおくもの良いかも。
いろいろ使い道がありそうですね。

Canvas Bucketのオンラインストアへはコチラから

 

噂のミリタリー的キャンピング

ミリタリーグッズを使ったキャンピング。
ハマっているキャンパーさんたちも増えてきているみたいですね。

実際に軍などで使われているタイプのものを使って楽しむキャンプに、こんなものはいかがでしょうか。

GI Style Stainless Steel Canteen Cup


米軍で使用されているキャンティーンという水筒を主に考えられた装備たち。
ストーブパーツを使って水筒の水を温めたりします。
ガスストーブなどの強力な火を使えば、飯盒としてお米を炊いたりも可能です。

すっきり収納して持ち運びできるようになっています。

GI Style Stainless Steel Canteen Cupのオンラインストアへはコチラから

GI Type Stainless Steel Mess Kit


お皿とフライパンがセットになったクックウェアです。
柄の部分も折りたたみ、コンパクトに持ち運び。

底をまな板代わりにすることもあるそうで、サバイバルテイストの強いミニマムな装備でのキャンプを楽しむときはそういった使い方も面白そうです。

GI Type Stainless Steel Mess Kitのオンラインストアへはコチラから

 

最後に

KINRYUオンラインストアでは、今回紹介したもの意外にもキャンプに使えるグッズをご用意しています。
ぜひ覗いてみてくださいねー!

KINRYUオンラインストアのキャンプコーナーへ

LALO tactical BOOTS

いつもブログをご覧いただき有難うございます。

今回は当店でも話題急上昇中のLOLO tactical(ラロ タクティカル)のブーツについてお話したいと思います。

SEALs隊員が求める機能性。
”Shadow Amphibian”というハイスペックブーツ

LALO Tactical(ラロタクティカル)とは、米海軍特殊部隊「NAVY SEALs」出身のロバ―ティ氏によって2014年に創設されたシューズブランドです。特殊部隊での経験から得た知識と過去の人脈から得た現役軍人の声を基に、過酷なフィールドで実用可能な機能ブーツを開発しています。

SEALsは、その名が「SEa(海)、Air(空)、Lands(陸)」の頭文字からきているように、あらゆる地形や状況下での作戦実行を求められる米海軍の特殊部隊です。
なので、求められるフットウェアもあらゆる地形や状況下においても最大のパフォーマンスを発揮する為の物でなければなりません。

そこで実際の現場の声を取り入れ、生まれたのが今回紹介する
”Shadow Amphibian(シャドーアンフィビアン)”
というハイスペックブーツです。

ちなみにAmphibian(アンフィビアン)=両生生物や水陸両用を表す言葉です。
陸上から水中まで、どんな環境下の使用にも耐えうるという意味合いを含んでいるのですね。

ミドルカット(5インチ)とハイカット(8インチ)の2パターンあるので、まずは外見をみてみましょう。

“5 inch”

Shadow Amphibian 5″のオンラインストアへ

“8 inch”

Shadow Amphibian 8″のオンラインストアへ

 

ディテールの一つ一つに意味がある。
全フィールドを制する為の妥協なきコダワリの数々

○ 使い分けられたアッパーの高性能マテリアル


アッパーのメイン素材には強度の高いフルグレインレザー。摩耗の激しいトゥには軽量かつ浸透・柔軟性を持ちながらも耐久・耐衝撃に優れたハイテク素材”SuperFabric”を採用。

さらに側面にはメッシュ状のパネルパーツ「KPCグリル」を装備。
通気性を確保しながらも、あらゆる衝撃から足をしっかり保護してくれます。

○ オリジナルの発想から生まれた排水ストラクチャー


従来のブーツは「濡れる」ということに対して耐水性能を求め作られていますが、LALOのブーツは全く別のコンセプトのもと作られています。
それがLALO tacticalの大きな特徴となる「排水ストラクチャー」です。
極端な言い方になってしまいますが、水をシャットアウトしてしまうのではなく必要に応じて出入りさせるというもの。

ポイントとなるのはソールのサイドとヒールに設けられた排水ポート。
ここから水が排出されます。

また、先ほど紹介したアッパーのグリルパーツも排水機能の一端を担っています。

これらによって、水中で使用したり水が侵入した際には素早く水が抜け、乾きやすいというシステムを作り出しています。
結果として快適な装着性を保つというこの構想は、どんな過酷な状況下でも十分なパフォーマンスを発揮する究極的なアイテムデザインへ繋がっています。

また、この構造は通気性も同時に確保してくれるので、蒸れにくいといのも嬉しいポイント。

○ 計算された形状とハイテク素材を屈指したソールシステム

 アウトソールにはカーボンファイバーとナイロンの複合素材を採用。
耐摩耗性に優れているほか、しなりのある高反発性により歩行や走行時の力をサポート。さらにミッドソールはクッション性能に秀でた高密度EVA素材。
長時間の着用でも足が疲れにくいです。

フラットな底面はアスファルトや甲板にもしっかりグリップしてくれます。
またエッジは丸みを帯びており、スムーズで静音な足運びを可能にする「ステルスアプローチ」形状となっています。

この突起も特徴的ですね。
アーチに施されたメタルスパイクはロープクライミング時に効果を発揮します。

○ 足首の可動を妨げないスリットデザイン



足首の前部、後部位置にスリットを設けることで足首の可動域をカバー。
強固な外装であるにも関わらず、運動性能を妨げることがありません。

○ 余ったシューレースをスマートに収納


タンに隠しシューレースポケットが備わっています。
編み上げたシューレースの余りを収納しておくことができるので、靴ひもが引っかかったり解けるということ防ぎます。

 

着用イメージ


 

最後に
シューズについてはこちらのブログでもご案内していますので、
ぜひ合わせてご覧頂ください。

↓ LALO tacticalのシューズについてはこちらから ↓

LALO TACTICAL

ちなみに、mono magazineの特集号でもLOLO tacticalがピックアップされています。

書店やコンビニで見つけたら、チェックしてくださいね。

mf-1008 Tornado Windbreaker

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

9月も折り返し、いよいよ秋らしくなってきましたね。
今回はこの季節にピッタリなウェアアイテムの新作をご紹介いたします。

MagForce/mf-1008
Tornado Windbreaker
 「トルネード ウィンドブレーカー」

今期、MagForce(マグフォース)のアパレルラインからリリースされたジャケットの一つは春秋に重宝するウィンドブレーカーです。
まずは、その全体デザインをカラー展開と共にご確認ください。

”BLACK”

”FOLIAGE GREEN”

”TAN”


ベーシックカラーのブラックに加え、MAGFORCEらしいアースカラーがチョイスされています。

 

雨風に強いだけじゃない。
着心地にもこだわったハイスペックウェア

ウインドブレーカーの名を冠するのだからやはり性能として雨風に強いのは基本。
しかし、それだけで終わらないのがMAGFORCE(マグフォース)のアパレルラインです。

その詳細をディテール別にみてみましょう。

”表地”


シェル素材の構成比はポリエステル92%スパンデックス8%。
スパンデックスを含んでおり伸縮性に優れているので、体の可動を妨げる事無くストレスフリーな着心地です。

格子状に縫い込まれた糸が特徴のリップストップ生地を採用することで、軽量ながら十分な耐久性を確保しています。


生地の表面にDupont社テフロンコーティングが施されています。
これにより撥水性・防汚性が付与されるのですが、生地の柔軟性や風合い、通気性が損なわれないというのもテフロンコーティングの大きな利点です。
 

”裏地”


裏地にはTPUコーティングが施されています。

TPUとは熱可塑性ポリウレタンの略称です。
特徴としてゴムのような伸縮・弾力性を持ち防水性に優れているため、ウェアのストレッチ性はそのままに耐水・防風性能を高いレベルまで引き上げてくれます。
またPVC(ポリ塩化ビニル)などと比べても通気性が確保できるというのも快適な着心地を実現する一端を担っています。

また、その裏地には等高線をモチーフにしたオリジナルパターンがプリントされています。
着てしまえば見えないところ。と言ってしまえばそれまでですが、こういった細部にまで気を使えるかどうかはアイテムの質を見極める一つのポイントになるような気がします。
脱いだり着たりが多くなる薄手のジャケットだからこそ、このデザインは着用者としてもうれしいポイントですね。

 

”隠しフード”


襟裏にはフードが備わっているので、急な天候の変化にも安心。

”ベルクロストラップつきカフス”


袖口はベルクロストラップで調節可能。風の侵入を防ぐ役割も担っています。
 

”ポケット”

フロントには間口を大きくとったフラップ付きファスナーポケット。

裏地にもインナーポケットが備わっています。
 

”ドローコード”


もちろん裾はドローコード付き、絞って風の侵入を防ぐことができます。
 

”その他のデザインディテール”


MAGFORCEのアパレルラインではお馴染みのベルクロワッペン。
ブランドロゴがデボス加工の様にさりげなく存在しているのも格好良いですね。
 

デイリーユースに馴染むスタイリング

Style No.1


シンプルなデザインなので、タウンユースからアウトドアシーンまで幅広く活用できそうです。

Style No.2


風を防いでくれるので、インナーを調節するだけグッと暖かさを向上させることができます。
フードなしなのでスウェットパーカーでも重ねて着用できます。

モデルの体系は174cm 64kgで全てMサイズを着用しています。
参考までに。
 

最後に
いかがでしょうか?
個人的にはウィンドブレーカー位のアイテムが着脱もしやすくて、シーズン通して使えたりと一番重宝すると思っています。
持っていて損のないアイテムですので、ぜひ一度チェックしてください。

お値段やサイズスペックを含めてこちらのオンラインストアでご確認お願いします。

オンラインストアでMagforce/mf-1008 Tornado Windbreakerを見る

NITE IZE ナイトアイズ vol.1

いつもブログをご覧頂き、有難うございます。

本日紹介するのは、ユニークかつ革新的なアイデアアイテムを世に送り出している世界的メーカー”Nite Ize (ナイトアイズ)”のアイテムです。

NITE IZE


ご存知の方も多いかと思います。一度はアイテムを見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

1989年フラッシュライトを頭に取り付けるヘッドバンドから始まった”NiteIze”(ナイトアイズ)。米国はコロラド州に本拠地を構えフラッシュライトやカラビナ、ロープタイトナーを始めとした数々のヒット商品を世に送り出している世界的メーカーです。

今回はそんなNite Izeのアイテム中でも、最もポピュラーな「カラビナ」、
そしてキーホルダーを利用シーンと合わせてご提案いたします。

Carabiner ~カラビナ~
クライミングなどで利用するカラビナは既に一般層にも認知されており、今や日常利用やファッションアイテムとして浸透しています。
このカラビナの復旧率の裏側にはNite Izeのアイテムも一役買っているのではないかと考えています。

“S-Biner Plastic”


NiteIzeを代表するアイテム。
シンプルですが、フックを二つ備えたS字カラビナです。
フックは外れにくいように工夫されています。

樹脂製ボディーは、とっても軽いので持ち運びにはかなり便利。
金属パーツと違って接触音が静かなのも良いですね。

鍵をひっかけたり、荷物を固定したりとシンプルだからこそ使い道はいろいろ。


そこそこの重量にも耐えられるので、日常からアウトドアー、旅行のお供に「持っていると便利」というアイテム。

【S-Biner Plasticのストアページへ】 

 

“SlideLock Carabiner”

こちらもシンプルな形状ですね。
ステンレス製で重厚感があります。

一番の特徴は、目立たないですがこのゲートのパーツ。
簡易的にゲートが開いてしまわないようロックがかけられます。

耐伽重も45kgと重さに耐えらえるので、サイズの大きいものや工具などの重みのあるものにもおすすめ。

アウトドアの装備アイテムにもよいですね。
トレーニングシューズやブーツを下げておくのにもいいかも。

【SlideLock Carabinerのストアページへ】 

 

Keyholder ~キーホルダー~
よりNITEIZEのユニークなアイデアを身近に感じられるのがこのキーホルダーの類じゃないかなと個人的に思っています。
「あったらいいな」が形になったような面白さを発見できますし、利便性だけでなくファッションアイテムとしても注目されていますね。

“Infini-Key Key Chain”


シンプル+ユニーク。キーチェーンという見たままの機能を必要最小限に備えたデザイン。
鍵の着脱も簡単ですし使い勝手も文句なし。


大人の嗜みとしてさりげなく身に着けていたい洗練された雰囲気がありますね。

【Infini-Key Key Chainのストアページへ】 

 

“KeyRack S-biner”


これもNiteIzeのヒット作。
本体に6つの小さなS-binerが付属していて、それぞれに鍵などを取り付けることができます。

別々に取り外しができるので、必要状況に応じて鍵を分けておくことも容易。

鍵だけでなく、USBメモリやライターなどもササッと外して使えるので便利ですよ。

【KeyRack S-biner のストアページへ】

 

Anater tool ~その他~

“DoohicKey Key tool”


ボトルオープナー、ボルトレンチ(1/4,5/16,3/8)、ルーラー、クリップ、マイナスドライバー、ボックスカッターと小さなボディーに意外と多くの機能を詰め込んだクリップ付きのツールです。


使用用途は別としても見栄えが良いので、
手持ちのキーホルダーに鍵が少なくてさみしい。。。なんて時のかさ増しにもなりますね。


コンパクトに持ち運ぶことができるので、EDCグッズとして確保しておくのもオススメ。

【DoohicKey Key toolのストアページへ】

 

オンラインストアでお買い得!

KINRYUオンラインストアでは、ほかにも魅力的なNiteIzeのアイテムを揃えています。
追ってブログでも取り上げていきたいと思いますが
ひとまずこちらから一覧をご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

【NiteIze アイテム 一覧 へ】