PDW Pursuit Pullover Hoodie / Prometheus Design Werx
「Polartecフリースのハイグレード素材による圧倒的ストレッチ性能とシンプルデザインの真骨頂」

KINRYUブログをご覧いただきありがとうございます!

最近ますます注目を集めるPrometheus Design Werx 、通称PDWが今冬の新作をリリース!! ハイテクフリース「POLERTEC(ポーラテック)」のハイグレードファブリックを利用した高機能プルオーバーパーカです。

【Prometheus Design Werx】
TAD GEAR(triple aught design)の生みの親として知られる”Patrick York Ma”氏によって創設された「Prometheus Design Werx(プロメテウス デザイン ワークス)」のアパレルシリーズは、モダンミリタリーの最高峰といえるデザインと機能性を持っています。

 

 

PDW Pursuit Pullover Hoodie

(着用モデル165cm、64kg がっちり体型 Sサイズ着用)

PWDのアイテムはシンプルなデザインが魅力の一つですが、プルオーバーという形に行き着くことで打ち合わせのファスナーも省かれ、シンプルデザインの真骨頂ともいえる洗練されたアイテムに仕上がっています。

もちろん、ハイテク素材の利用やコダワリの縫製などから生み出される機能性の高さも注目して頂きたいポイントとなっています。それらについて、じっくりとお話したいと思います。

 

 

POLARTE / Power Stretch Pro
ポーラテック / パワーストレッチプロ

着心地を追及するにあたって基礎となる素材にはハイテクフリースの代名詞POLARTEC(ポーラテック)を。中でも4方向への優れた伸縮性をもつ「Power Stretch Pro」というハイグレードシリーズを採用しています。

表面はフラットな素材感ですが、裏地はモコモコのフッワフワ。
さらにPOLATECが従来持つ優れた保温性と透湿によって、袖を通したその瞬間から極上の着心地が体感できます。

 

 

コダワリの縫製技術

ほとんどの縫い合わせはフラットシームロックにて施されています。これはウェットスーツなどにも用いられる技法で引っ掛かりができないため、肌へのストレスが軽減されます。

側面から袖口まで続くこのパネルがミソ。(画像をクリックしてみてください。)
立体的なデザインにより、腕の稼働域を十分に確保し体の動きになじむストレスレスな着心地が実現しています。

肩のシームもトップからズレるように立体的に設計されています。
腕の稼働を邪魔しないほか、肩のラインがキレイにみえるオマケ的な効果もあります。

フードから続く流れるようなシームデザイン(縫い目の位置を揃えているところ)にもコダワリを感じずにはいられません。

 

 

タフなフリースウェアの条件

袖口、裾、フードなどの末端の処理は丁寧なパイピングによる補強がされています。

もっとも摩耗しやすい箇所である袖の裏、肘から袖口にかけてはナイロン生地によって補強。

 

 

その他のポイント

シンプルなデザインの中で輝く奥ゆかしいワンポイント。
ブランドアイコンの刺繍がされています。

ポケットのスレキにはメッシュ素材が利用されています。透湿性の低下やシルエットの崩れを防ぐために考慮した造りとなっています。

襟元は冷気の侵入を防ぐため、高めに設計されています。

 

 

着用サイズ感

(着用モデル174cm、65kg 普通体型 Mサイズ着用)

ブランドが定めるパターンの中でも、レギュラーフィットな「コンフォートシルエット」というサイズデザイン。無駄のないスマートなラインで、インナーとしての使用もオススメしたいサイズ感です。
身幅には多少の(適度な)ゆとりが感じられますので、着脱時のストレスもなくまさに快適。

ちなみにポケットの位置は、バックパックを背負ったときウエストストラップに干渉しないよう少し高めの位置に設置してありますね。
 

 

最後に

Prometheus design werxは、「Made in USA」ひいてはブランドが本拠地を構えるカリフォルニア州での生産にもコダワリをもっており、厳選した生産工場のみを利用した製造過程も高品質を支える秘密。
今回ご紹介したプルオーバーパーカも類にもれずカリフォルニア州で生産されています。

コダワリの詰まったこのアイテムをぜひ

話題のブランドが放つコダワリの詰まったこのアイテムをぜひ、手に入れてください。

PDW Pursuit Pullover Hoodie をオンラインストアで見る

 

 

秋冬ウェア紹介・Prometheus Design WerxPOLARTEC フリース を採用した高機能アイテム

M-51 Fishtail Parka

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!!
ミリタリーウェアがお好きな皆様に朗報です!
米国ミリタリーウェアの中でも名作といえるM-51は、今やミリタリーウェアのビンテージ市場でもかなりの品薄状態。
そんなM51が、老舗の米軍納入メーカー(実物品を納入していた)によってリプロダクションアイテムとして復活したアイテムを入荷することができました!

 

 

M-51 Fishtail Parka

米軍MIL規格mil-p-11013による正式名は「PARKA SHELL M-1951」。
その他、Fishtail Parka 、モッズコートなどと呼ばれることのある名作ですね。

(着用モデル174cm、65kg、普通体型 XSサイズ)
着用者のデータと着用サイズをご覧いただいてもお分かりいただけるように、サイズ感は大きいです。これは、もともとM-51 Fishtail Parkaがフィールドジャケットの上から羽織ることを目的としていたことに起因しています。鞄を背負った状態の上から羽織ることも想定していたようです。
カジュアルにご使用いただくのであれば、普段着用しているジャパンサイズより1~2サイズダウンほどでもちょうど良いかもしれません。

 

 

特徴

素材はコットンナイロン。

魚の尾びれに似ていることからフィッシュテールパーカという名称の由来となった部分。
前述したように、鞄を背負った状態の上から羽織ることを想定していたため、後身頃は長く、包み込むようにするためこのような形状が採用されています。

ちなみに、このフィッシュテールはスナップボタンが付いており状況によって動きやすさを確保するため内側に織り込み収納するのだとか。

M-51のファスナーといえば、アルミもしくは真鍮。このモデルは前者のアルミ製です。
砂塵を噛んでも故障しずらいように大きなエレメントを採用したミリタリーアイテムらしいファスナーです。

カフスのアジャスターストラップは、エラステックバンドと一体型。

エポーレット、ショルダーループなどと呼ばれるこのギミックは、もともとは装備を固定するための物。現在でも軍服などには肩章、肩飾りとしてみることができますが。

ちなみに、
後継型のM-65パーカになるとこのエポーレットはなくなります。
なので、M-51とM-65を見分けるときに目につく違いの一つです。(M-51の前身となるM-48もエポーレットはないです。)

腰上辺りのドローコードでシルエットの調整ができます。

 

 

M-51にまつわる歴史やカルチャー

M-51は、正確にはM-1951。これは正式採用された年を表します。
時代は朝鮮戦争中。当時の冬季装備として主流だったM-48パーカに代わる装備として投入されたといわれています。↑の写真の頃はまだM-48が主流?
(朝鮮戦争中といっても51年暮れ頃から硬直状態→53年に休戦なのでM-51が本格的にいきわたるころは激戦真っただ中というわけではなかった? このあたりの事情もその後の放出品に影響があるように思うのですが、、、お詳しい方いらっしゃいましたらご教授下さい。)

そういった事情もあってか、M51パーカは米国だけでなく英国にまで放出品として大量に出回ることとなります。
このあたりから、カルチャー色がグッと濃くなってきます。いわゆるモッズパーカといわれる所以がこのあたりにありますね。
50年代~60年代、英国の若い労働者の間で起こるモッズの流行。音楽やファッションにおいての大きなムーブメントなわけですが、彼らが好んで着用したしたアイコン的アイテムの一つにM-51 Parkaが存在することになりました。

そういったモッズパーカを日本に知らしめる要因の一つが映画「さらば青春の光」でしょう。
モッズのバイブル的な映画ですが、原題は「QUADROPHENIA」(四重人格) 。The Whoのロックオペラ作品となる6thアルバムがこの映画の元になっているのですが。なによりこのジャケットイメージがカッコよくてモッズパーカを買った記憶があります。その他にも1970年代前後のの日本流入し始めたUK音楽も、英国カルチャーの広まりに一役買っています。

その後、日本においては「事件は現場でおこっている」的なドラマ・映画にて某メーカーがリリースするM-51を主人公が着用していたことなどなどで、ファッションアイテムとしてM51に限らずそれに類するアイテムをモッズコートと呼ぶようになります。

こういったルーツの果てに今のFishtail Parkaがあることを知るとより愛着がわくというものです。ファッションアイテムとしての知名度が高いモッズコートないしはM-51ですが、もとの軍用であったり、モッズカルチャーに想いを馳せながら愉しんでみるのも一興なのではないでしょうか。

長くなりましたが、最近の僕個人の気分としては↑のようにラフに着用したいなと。やはりミリタリーアイテムの基本は耐久性なので。サラッと羽織って気軽に活用して頂きたいなと思う今日この頃です。

 

 

リプロダクションアイテムについて


最後になりましたが、今回ご紹介したM-51 Fishtail Parkaはリプロダクションアイテムです。これは再生産品という意味合いですが。生産社にも注目して頂けると良いのではないでしょうか。
「JOHN OWNBEY COMPANY」。軍納入メーカーの中でも老舗の部類で数々のアイテムを米軍に収めてきた実績のある会社です。「米軍実物」を作っていた工場で生産されたリプロダクションアイテムは品質も高く、さらに限りなく実物といえるアイテムができたてホヤホヤで手に入ることから注目されています。

デットストックアイテムなどのような付加価値はないのかもしれませんが、「気兼ねなく着用できる本物」としてのミリタリーウェアもやっぱり欲しいと思うのです。

M-51 Fishtail Parka をオンラインストアで見る

WINTER SALE’18のご案内とオススメアイテム

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日は皆様にオンラインショップのイベントをご案内いたします。
日頃のご愛顧に感謝を込めて、2018年最後のお買い物のお手伝いを!!

いくつかの企画をご用意いたしましたので、詳しくはこちらよりご確認ください♪

さて、今ブログではそんなWINTER SALEでお買い得となるセールアイテムから、
とりあえず最初にチェックして頂きたいアイテムをピックアップしてご紹介いたします!
よろしければお付き合いくださいませ。

 

 

最大40%オフ!セールのオススメアイテム3選

1.MSM Hoodie HEAVY Econo

ジョークパッチで有名なミルスペックモンキーのアパレルアイテム。
コットンとポリエステルの混紡繊維が使用されており、17.5オンスという地厚な仕様となっています。

サイズ感は大き目、上の写真は165cm、64㎏ がっちり体型でXSサイズを着用しています。
一般的なジャパンサイズよりワンサイズほど落として着用して頂くとちょうど良いでしょう。

裏起毛となっており、冬シーズンの活躍も間違いなし。
その重厚感あるタフな生地素材も相成って、ラフに着倒せる使い勝手の良いアイテムとなっています。

肩にはベルクロループが。ミリタリーアイテムらしいギミックですね。よろしければパッチなどでカスタムしてお楽しみください。

ちなみに、袖口はサムホールが備わっています

MSM Hoodie HEAVY Econo をオンラインストアで見る
 

 

2.ALTAI SuperFabric Boots

新しいハイテクファブリックを贅沢に使用した本格派ブーツ。耐久性に優れているだけでなく軽量で履き心地も良いため、幅広いシーンでご利用頂けるアイテムです。ワントーンで統一され、素材感でメリハリを効かせたシックなデザインもクールです。

目玉となるのはブーツのシェル大部分を構成するこのハイテク素材「Super Fabric(スーパーファブリック)」。生地(ベースレイヤー)の表面に、 ガードプレートと呼ばれるエポキシー樹脂を密着浸透させることで、あらゆる外的衝撃から足部を守る耐久性を持っています。ちなみに、ドット状に樹脂が配置されているため、柔軟性と通気性も確保されています。軽量という特徴も持っています。

そしてソールはVibram社製を採用。
世界中で愛される信頼のソール専門メーカー通称「ビブラムソール」は耐久性とグリップ力に優れています。


高さの違う2タイプございます。汎用性の高いショートタイプとより本格的な使用に対応するトールタイプ。お好みや用途によってお選びください。

ALTAI SuperFabric Short Boots をオンラインストアでみる
ALTAI SuperFabric Tall Boots をオンラインストアでみる

 

 

3.LALO シューズ各種


今話題のシューズブランド「LALO」のアイテムはいかがでしょうか?
米海軍特殊部隊「NAVY SEALs」出身者よって2014年に創設された新鋭ブランドによるシューズアイテムは過酷なトレーニングでも最高のパフォーマンスを発揮する為に開発されたトレーニングシューズです。優れた耐久性と軽量性、そして排水機構を備えた独自のギミックはシリーズに共通するポイントです。

【Zodiac Recon】
ランニングを目的にデザインされた「Zodiac Recon」。アウトソールの幅を広くとり安定性を確保。さらに端部をラウンドさせ力を中心に矯正することで走りをフォームからサポートする先進的な設計となっています。軽量かつ弾力性に富んだEVAソールを採用しています。踵から足首までしっかり保護しランニングに不必要な後ろへの重心移動を制限することでより安定した走行を可能にしています。

LALO Zodiac Recon をオンラインストアでみる

【Blood Bird】
軽量かつソフトに設計されたジムアクティビティーモデル。2層構造の外羽によって足の甲をしっかりホールドされ高いフィット感を得ることができます。幅広でフラットなソールは安定性を充分に確保してくれます。

LALO Blood Bird をオンラインストアでみる

【Grinder】
クロストレーニングモデル。メッシュ素材によるアッパーの通気性向上は全シリーズの中で最も強く表れています。内側面に2層構造の外羽を配し、高いフィット感を実現。消耗の激しいつま先部には 「SUPER FABRIC 」を採用。幅広でフラットなソールは安定性を充分に確保してくれます。

LALO Grinder をオンラインストアでみる

 

 

最後に

冒頭で述べたように只今WINTERセールを開催しています。
今回ご紹介したアイテム以外にも、セールアイテムやお得な企画をご用意していますので、せひご利用くださいませ。
↑↑↑こちらのセール特設ページにてWINTERセールの全容をご確認下さい。↑↑↑

【WINTER SALE開催期間】
~12月28日(金)13:00まで

【Hercules Hoody (C1102) / Magforce マグフォース】
 拡張性に優れたミリタリー中綿アノラック

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

前回の記事に引き続き、本日もMagforceのアパレルラインよりリリースされたニューアイテムをご紹介いたします!!

 

 

Hercules Hoody(ヘラクレス フーディー) / C1102


ヘヴィーアウターとして登場した中綿プルオーバージャケットです。
本来バッグなどに使用されるほどの地厚な素材が生み出す重厚感は、アイテムのタフさを物語っています。
コダワリの素材はもとより、特徴的なフロントのウェビングや大きなフラップポケットなど収納力にも自信のある一着となっています。
 

 

タフで暖かい機能素材

厚手のナイロン生地の表面にはテフロン加工を。さらに生地裏には透湿性を備えたTPUコーティングが施されているので、優れた撥水性をもったタフな一着となっていいます。

中綿には、人口羽毛(70%)にダウン(30%)をブレンドしたハイブリットな素材を採用しています。「濡れ」に強く、かりに浸水したとしても保温性を損ないません。

 

 

ストレージ・拡張性能

ミリタリーギアから取り入れたギミックをはじめ、収納・利便性に富んだ工夫が各所に施されいます。フロントの特徴的なウェビングも含めて、そのストレージ性能の詳細をご覧ください。

フラップの付いた大きなフロントポケット。内側にベルクロ(メス面)が施されているので、別売りのベルクロオーガナイザーでカスタムすることもできます。

気になるフロントに施されたウェビング。
MOLLEシステムに準じた仕様となっているので、同システムに対応したポーチなどのモジュールを取り付けることができます!クリップ付きツールなどを備えておくのも良しです。

両サイドのファスナーポケットは中で一つながりになっています。
マフポケットとしても活躍しそうです。

 

 

その他のギミック

側面には脇下から裾まで開閉できるファスナーが備わっています。
ダブルファスナーになっており着脱時のサポートになるほか、ベンチレーションとしての機能も果たします。

袖口にはサムホール付きカフスが備わっています。
冷気の侵入を防ぎ、暖かさを保ちます。

ミリタリーベストなどでみかけるエクストラクションハンドルも襟元についています。
これは、着用者が倒れた時など緊急時の救出に引っ張って移動させるためのギミック。

 

 

スタイル

(174cm 64㎏ 普通体型 Mサイズ着用)

プルオーバー特有のユーモアさをもっていますが、一着で存在感があり着回しがききそうな印象。身幅に余裕のあるシルエットでボリュームもあるので、深く考えずシンプルに着こなしてほしいです。

多くの中綿ジャケット比べ、その機能素材からくるタフさは抜きに出ているので、アウトドアなどのハードなレジャーシーンにもぜひ。

Hercules Hoody / C-1102 をオンラインストアで見る
 

 

最後に


同時リリースのパデッドベストにもご注目下さい!

Armor Vest C-1101 をオンラインストアで見る

こちらもマグフォースアパレルならではの多機能をそなえた「着るバッグ」的アイテム。
ブログでもご紹介していますので、合わせてご覧いただけると嬉しいです。

【Armor Vest (C1101) / Magforce マグフォース】「着るバッグ」を体現する高機能ミリタリーベスト

【Armor Vest (C1101) / Magforce マグフォース】
「着るバッグ」を体現する高機能ミリタリーベスト

いつもKINRYUブログをご覧いただき、ありがとうございます!!
「URBAN TACTICAL™」というコンセプトのもと、タウンユース可能な機能的ミリタリーウェアを世に送り出すMagforce(マグフォース)のアパレルライン。
そんなMAGFORCE Apparel から、とうとうニューアイテムが登場しました!!
はやる気持ちが収まらないので、早速ご紹介に移りたいと思います。

 

 

Armor Vest(アーマーベスト) / C1101


(モデル:165cm、64㎏ がっちり体型 Sサイズ着用)

Magforce初となるベストはタフ&ファンクショナル。
ミリタリーベストをベースとした中綿アイテムです。

見た目からも驚異の収納力の片鱗が見え隠れしていますが、詳しくは後程。

 

 

素材

中綿素材には、人口羽毛とダウンのハイブリット素材を採用しています。濡れに強く、仮に雨などの悪天候下であっても保温性を損なうことがありません。

シェル素材にはナイロン生地を採用。
表面にテフロン加工を、さらに生地裏に透湿性をもつTPU素材をコーティングを施しています。
つまり耐久性はモチロン、撥水性にも優れたアイテムということです。

 

 

「着るバック」を体現する脅威の収納力

Magforceアパレルのアイテムでポイントとなるのが収納力。
今回のベストも例にもれず驚異のストレージ能力を持っていますのでご覧ください。
フロントにはフラップポケットが4つ。マチ付きなので、収納力も抜群です。
さらにサイドにはファスナーポケットも備えています。

後ろにもフラップポケットが。前後ろ合わせて計8つのポケットが備わっていることになります。

これだけでも、かなりのアイテムを細かく収納分け出来るのですが、さらに。。。。
内ポケットも大充実!
まず、このファスナーポケットはiPadがすっぽり入ってしまうほどの大容量を誇ります。
さらに、そのファスナーポケットから下に辿るとフラップポケットが。
表面に付随しているパッチポケットもメモ帳ほどのアイテムを収納することができます。

ちなみに、ファスナーポケット内部は片面が面ファスナー(メス面)となっているので、別売りのベルクロオーガナイザーを取り付けることができます。より機能的な収納を目指してカスタムしてみてください。

 

 

その他のギミック

襟部にはフードが格納されています。フードにも表面にテフロン加工と生地裏にTPUコーティングがされているので、水に強く雨など急な天候の変化にも対応できます。


ミリタリーベストなどでみかけるエクストラクションハンドルも襟元についています。
これは、着用者が倒れた時など緊急時の救出に引っ張って移動させるためのギミック。ミリタリーアイテムならではですね。


裾の絞りはドローコードで調節可能です。

 

 

スタイリング

(モデル:174cm、64㎏ 普通体型 Mサイズ着用)

意外と着合わせの幅は広く、いつものスタイリングにプラスするだけで様になります。袖がないので、厚着になる冬でも動きを妨げないです。アクティブなシーンはもちろん、車の乗り降りが多い人にもベストという防寒着はオススメだったりします。

Armor Vest C-1101 をオンラインストアで見る
 

 

最後に

いかがでしょうか?
満を持して登場したMagforceの中綿アイテムですが、実はプルオーバータイプの中綿ジャケットも同時にリリースされています!
次回のブログでもご紹介しますが、オンラインストアにはすでにアップされていますので、ぜひご覧ください。

Hercules Hoody / C-1102 をオンラインストアで見る

Wild Things Tactical / Loft Jacket
冬を乗り切るミリタリーアウター

いつもキンリューブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

秋も深まり寒さを感じる季節となりましたので、本日は冬を乗り切る秘密兵器をご紹介いたします。

今回のブログでスポットを当ててご紹介したいのが、「Wild Things tactical」の製品です。
アウトドアギアメーカーとしても名高いWildThings社のタクティカルラインがそれになるのですが、実際に軍で使用されるほどのスペックを持った本格ウェアは正に圧巻です。ぜひご覧ください。

 

 

Low Loft Jacket

(モデル:174cm、64kg 標準体型 Mサイズ着用)

本格派アウターながら、カジュアルにも馴染む汎用性の高い中綿ジャケットです。

名前の「LOW LOFT ローロフト」にあるように、ボリュームを抑えたモデルなので、インナーとしての活用もオススメ。
今季も人気のコヨーテカラーは、ぜひチェックしておくべきアイテムです。

中綿にはPRIMALOFTを採用。薄手ながら、優れた保温性を有しています。
裏地のウェービングキルトも特徴的。

ちなみに、シェルはナイロン素材。
高い耐久性・耐摩耗性によるタフさだけでなく、インナーとして使用した時には摩擦なくスルっと袖を通すことができます。

肘から袖口にかけてはスパンデックス素材で切り替えており、これもインナーとしての着用時にゴワつきを軽減します。

(モデル:174cm、64kg 標準体型 Mサイズ着用)(モデル:174cm、64kg 標準体型 Mサイズ着用)

一枚でサラッと羽織ってラフめに着用するも良し。
インナーとして使用して本格的な寒さに対抗するも良し。

着回しが効くので、活躍する場面も多くなりそうな一着です。

Wild Things Tactical Low Loft Jacket をオンラインストアで詳しくみる
 

 

USMC Gen3 Lv7 parka

(モデル:174cm、64kg 標準体型 XSサイズ着用)

米軍で採用されている”ECWCS”第3世代、レイヤーシステムの一番外側に着るものとして設計されているLv.7にあたるアイテムです。

“ECWCS”(エクワックス)についてはこちらのブログでも触れているので、ぜひご参考下さい。
GI High Loft Lev.7 JKT – WildThings

中に着込むことが想定されているので、大き目なサイズ感。普段着用しているサイズより1~2サイズダウンぐらいでちょうどな印象です。

中綿にはもちろんPRIMALOFTをたっぷりと。機能的な暖かさで過酷な状況下は同然ながらタウンユースにおいても極上な着心地を提供してくれます。

ちなみに、シェル素材にはテクスチャード加工糸で織られたナイロン生地を使用。
通常のナイロン生地より柔らかく伸縮性を持った素材となっています。触り心地もソフトで良い感じです。

カモパターンはMARPAT(Marine Pattern)Digital。USMC(米海兵隊)のロゴが隠れています。

(モデル:165cm、62kg ガッチリ体型 XSサイズ着用)

襟裏に収納されているフードも、しっかり中綿が詰まっていてボリューミー。
ヘルメットの上からでも被れるほどの大きさに設計されているので存在感があります。
フードを出した状態での着用も様になって良いですね。

(モデル:174cm、64kg 標準体型 XSサイズ着用)

寒さの感じ方は人それぞれかと思いますが、、、、
一枚でとっても暖かいので、インナーをライトな感じにしておくと暖房の効いた部屋と極寒の外との気温差にも対応できそうです。

Wild things USMS Gen3 Lv7 parka をオンラインストアで詳しくみる
 

 

PRIMALOFT(プリマロフト)とは?

米軍の要請により寝袋に使われているグースダウンの代わりにと開発に至ったのがPRIMALOFTの始まり。
超微細マイクロファイバーで構成されており、軽量性・保温性に優れているという特徴に加え、コンパクトに折り畳みが出来る収納性、長時間折畳んで収納してもすぐに元の形に戻る復元力、さらに蒸気を逃がす透湿性にも優れています。
濡れてしまっても保温力を損なうことがないので、悪天候下でも快適な着心地を維持し続けます。

 

 

関連記事

GI High Loft Lev.7 JKT – WildThings

MOLLE / PALS ウェビングを使いこなす【カスタムパーツ編】

いつもキンリューブログをご覧いただきありがとうございます!!
昨今、関心が高まりっぱなしの「キャンプ」というカテゴリーはブッシュクラフト(野営)などの本格派からグランピングなどのライトなものまで多様化しているように思うのですが。
そんなキャンプブームに呼応するかのように、注目されているのが「ミリタリーバッグ」です。
機能性・耐久性に優れたミリタリーアイテムがキャンプでも重宝されるのも道理。

そこで本日はそんなミリタリーバッグをより便利により楽しく活用するためのコツとして、いくつかのパーツアイテムをご紹介いたします。

 

 

MOLLE・PALS を活用しよう!!

ミリタリーバッグを用いる際にぜひ活用して頂きたい仕組みがこのウェビング。
米軍の装備システムMOLLE(モール)を構成する仕組みの一つ「PALS(パルス)ウェビング」と呼ばれる部位です。
1インチのウェビング(帯)が決められた間隔で縫い付けらえれており、これを利用して装備を拡張するのですが、本日はコレの利用するためのグッズにスポット宛ててご紹介します。

MOLLE・PALSの詳細については、コチラのブログでご確認下さい。

 

 

1. TT Malice Clip Fight-Light(マリスクリップ)

まずMOLLEを利用するにあたって外せないのがこのパーツ。
MOLLEに対応したポーチなどをウェビングに取り付ける際に必要となるアイテムです。

このクリップはTactical Tailor社が手掛けるMalice Clipの最新バージョン。
波状のデザインにすることで軽量化を図るとともに柔軟性も加わり、使い勝手の良いアイテムへとモデファイされています。

写真のようにウェビングを縫うようにしてモジュールの取り付けを行います。これによって、より強固に装備を固定することができます。

※末端に差し込むことで、しっかりロックがかかります。外すときはマイナスドライバーなどの工具が必要となります。

TT Malice Clip Fight-Light をオンラインストアで詳しくみる

類似アイテムとして、こちらもオススメです。
使い勝手に差異がありますが、基本的は利用方法は一緒。
お好きなほうをどうぞ。

3″ MXLOCK をオンラインストアで詳しくみる
5″ MXLOCK をオンラインストアで詳しくみる

 

 

2. Thyrm Cell Vault Battery Storage (セル ボルト バッテリー ストレージ)

最近話題なのがこの筒状のバッテリーケースです。
Thyrm社が手掛ける樹脂製アイテムなのですが、MOLLEとの相性も良くスマートなストレージを実現する為にぜひ活用して頂きたいオススメアイテムです。

バッテリーはもちろん、マッチや
防水使用なので悪天候下でも中身を濡れから守ります。

クールな見た目も良いですね。
フラッシュライト収納のお供にもピッタリです。

Thyrm Cell Vault Battery Storage をオンラインストアで詳しくみる
 

 

3. 1″ Strap (イチインチ ストラップ)

大き目の荷物を括り付けたい方、必見。シンプルですがMOLLEのウェビングを利用して

ジャケット、シェラフ、三脚などなど、少し大き目なアイテムを括りつけて。工夫次第でいろいろな使い方ができそうです。

1″ Strap をオンラインストアで詳しくみる

 

 

4. Duraflex Siamese Slik Clip (デュラフレックス シャムス スリック クリップ )

1インチウェビングにさらなる自由度を与える連結パーツ。

他のウェビングと合わせて使うことが多いです。

先ほどご紹介した1″ストラップとの併用もオススメ。
↑の写真では縦に荷物を括りつけるためにセッティングしています。

Duraflex Siamese Slik Clip をオンラインストアで詳しくみる
 

 

5. Velcro One-Wrap Band 1inch (ベルクロ ワンラップバンド)

面ファスナーといえばベルクロ。このワンラップバンドは表裏にそれぞれフック(オス面)とループ(メス面)を備えているため、一本で様々な使い方ができます。

使用方法のほんの一例ですが、
このように余ったストラップをスッキリまとめておくのに重宝します。

また、一インチ幅なので、PALSウェビングとの互換性も抜群。
自由度の高いアイテムなので、いろいろな使い方を試してみてくださいね。

Velcro One-Wrap Band 1inch をオンラインストアで詳しくみる

 

 

最後に

いかがでしょうか?
ミリタリーバッグのカスタムに正解などなく、より自分にあったセッティングを見つけていくのも醍醐味の一つ。
今回ご紹介したアイテム以外にも、沢山のパーツがあります。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

オンラインストア【カラビナ/パーツ類】へ

オンラインストア【アクセサリー(鞄用)】へ

 

 

関連記事

今さら聞けない MOLLE SYSTEM(モールシステム) について【モジュール取り付け編】

MOLLE System -モールシステム-

ミリタリーバッグに おすすめ !! カスタムパーツ4選

秋冬ウェア紹介・Prometheus Design Werx
POLARTEC フリース を採用した高機能アイテム

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
衣替えな時期でございます。
本日は、洗練されたデザインと優れた機能性で着実にファンを増やしている新鋭ブランド「Prometheus Design Werx(プロメテウス デザイン ワークス)」の秋冬アウターラインナップをまとめてご紹介。

TAD GEAR(triple aught design)の生みの親として知られる”Patrick York Ma”氏によって創設された「Prometheus Design Werx(プロメテウス デザイン ワークス)」のアパレルシリーズは、モダンミリタリーの最高峰といえるデザインと機能性を持っています。
それぞれの特徴にスポットを当てて比較できる内容となっていますので、ぜひご覧ください。

 

 

Spectrum Hoodie
柔軟性を極めたアクティブなフリースウェア

シンプルで洗練されたデザイン。柔らかく抜群の伸縮性。フリース素材の持つ優れた保温性と透湿性。
それらの機能性が生み出す極上の着心地は、タウンユースにはもちろんのこと、アウトドアレジャーを楽しむ上でもユーザーを十分満足させるに足りるポテンシャルを持った大人のハイエンドモデルです。

素材にはPOLARTEC「Power Stretch PRO」(パワー ストレッチ プロ)を採用。
4方向に伸縮する圧倒的な柔軟性は、たとえスポーツのようなアクティブシーンにおいても動きを妨げることがありません。加えて優れた保温性と透湿性を持っているため、蒸れることのなく暖かな着心地を実現しています。

(165cm、62kg、がっちり体型、Sサイズ着用)

(174cm、65kg、標準体型、Mサイズ着用)

ブランドがアスレチックシェイプと称するシルエットは心地よく体にフィットするサイズ感。
ストレッチ素材を存分に生かしたスッキリとしたスタイルとなっています。

Spectrum Hoodie をオンラインストアで詳しくみる
 

 

AR Hoodie DRB Staff Edition
フリースなのに抜群の防風性をもつパワフルな一着


厚みのあるしっかりとした素材感で、着用者に暖かさだでけなく安心感さえ与えてくれます。
柔らかなフリースジャケットでありながら、ヘビーアウターのような役割も十分に果たすほどのパワフルな一着は新色も加わり人気急上昇中です。

素材にはPOLARTEC「Wind Pro」(ウィンド プロ)を採用。
従来のフリースの4倍という驚愕の防風性のを誇ります。しかも内側からの湿気を逃がす透湿性にも優れているため、蒸れることなく暖か。メンブレン(レイヤー層)を用いることなくこの能力を実現しているため、柔軟性を損なわず軽量であるという利点も持っています。

(165cm、62kg、がっちり体型、Sサイズ着用)

(174cm、65kg、標準体型、Mサイズ着用)

ゆる~くシェイプした胴回りは比較的余裕のある印象ですが、腕周りをスッキリさせることでシンプルで洗練されたシルエットなっています。

AR Hoodie DRB Staff Edition をオンラインストアで詳しくみる
 

 

PDW JAAC Pullover Hoodie
ライトな着心地で着まわすプルオーバーフーディー

ライトな使用感でオススメなプルオーバータイプ。
薄手のフリースなのでインナーとしてもオススメな一着です。

素材にはPOLERTECのマイクロフリースシリーズを採用。
保温性はさることながら、軽さ、柔らかさに優れた素材です。サラッ、フワッとした肌触りの良さも特徴となっています。

(165cm、62kg、がっちり体型、XSサイズ着用)

(174cm、65kg、標準体型、Sサイズ着用)

他のモデル同様、腕周りをスッキリさせることで、野暮ったさを感じさせないシルエットになっています。
少し大きめに設計されているので、タイトに着用したいときはワンサイズ下げてどうぞ。

PDW JAAC Pullover Hoodie をオンラインストアで詳しくみる

 

 

最後に

いかがでしょうか。
今回はPrometheus Design Werxの秋冬ウェアをそれぞれの特徴に注意しながら紹介してみました。
どれもハイテクファブリックであるPOLARTECフリースを生かした高機能ウェアとなっています。

また、利用しているPOLARTECにも種類があり、タイプ別にそれぞれ特筆する性能を持っています。
皆様のライフスタイルに合った一枚を、比較しながら見つけてみてください。

 

 

関連記事

AR Hoodie DRB Staff Edition by P.D.W

PDW JAAC Pullover Hoodie【薄くて軽くて快適!ポーラテックのマイクロフリースが実現する極上の着心地】

Prometheus Design Werx

MIL-SPEC MONKEY (ミルスペックモンキー)
-ユニーク な便利グッズの数々-

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ジョークパッチをはじめ、数々のミリタリー由来なユニークグッズを取り扱うMIL-SPEC MONKEY(ミルスペックモンキー)。
本日は、その人気ブランドがリリースするユニークな便利なアイテムをご紹介いたします。
注目の新商品も交えて、どうぞご覧ください。

 

 

MSM Vehicle Visor(ビークル バイザー)

車にもMSM(ミルスペックモンキー)テイストを。
サンバイザーに取り付けることで、ペンやその他のツールを取り付けるプラットフォームを造り出すことができる便利グッズです。

エラステック(伸縮性)バンドとベルクロの2種からなるウェビングパネルには自在にアイテムを取り付け。ペンなどのほかに、エマージェンシーグッズを備えておくのもよさそうです。

また、もう一面にはクリアスリーブやパッチエリアも。駐車券やガソリンスタンドのポイントカードとかを仮収納しておくのに便利そうです。

ウェビングエリアには3本のエラステックタイが付いています。
張り巡らされたウェビングの間を縫うように配置することができ、取り付けたいアイテム形状に合わせることができます。

MSM Vehicle Visorをオンラインストアで見る

 

MSM Practical Results Wallet(プラクティカル リザルト ウォレット)

ミニマムなサイズでラフに使える三つ折りウォレットです。

スマートフォンほどの大きさで、かさばることなく持ち運べるので、アウトドアレジャー時にもオススメ。
ちなみに素材は500デニールのコーデュラナイロンを採用しているので耐久・耐摩耗性も優れています。

お札、コイン、カードポケットのほか、視認性のよいクリアスリーブエリアを備えています。

この手のウォレットはコインポケットの有無が分けれますが、エラスティック素材でできたフラップがついた小銭入れも備わっています。

MSM Pratical Results Walletをオンラインストアで見る

 

MSM Zippered Key Pouch(ジッパード キー ポーチ)

ユニークな形状が際立つこちらは実はキーケース。
ファスナーを開閉してカギを出し入れします。

コードの長さを調節して、お好きな使用方法を。
ポケットから取り出すときに利用したり、首から下げたりなどなど。

MSM Zippered Key Pouchをオンラインストアで見る

 

 

MSM WATCH CAP(ワッチキャップ)

米軍に支給される寒冷地用ワッチキャップをモデファイ。
保温性に優れたPOLARTECのマイクロフリース製です。

カラーは3色展開。柔らかく肌触りも抜群です。

額部分にパッチエリアを備えています。お好みでカスタムしてお楽しみください。

MSM WATCH CAPをオンラインストアで見る

 

MSM MULTI-WRAP(マルチラップ)

ミルスペックモンキーのロングセラーアイテムがこのマルチラップ。
ハーフマスク、ネックウォーマー、ビーニー、ヘッドバンドなど様々な方法で使用が可能です。

イラストデザインが豊富にそろっているのもポイント。ひと工夫でいろいろな使い方ができるので、持っていて損はなしと思えるアイテムです。

人気の秘密はデザイン性にもあり。人気のスカルモチーフはハロウィンの仮装にもつかえるかも!?  。。。。ハロウィンに使うかどうかは別として洒落っ気の効いたテイストは唯一無二ですね。

MULTI-WRAPをオンラインストアで見る

 

 

関連記事

便利な小物が入荷!!【 MIL-SPEC MONKEY 】ボトルホルダー、キーポーチ、ノートブックカバー、ポーチ

MIL-SPEC MONKEY / MSM HOODIE RAW and more..

バッグの中身の収納術 – MAGFORCE ベルクロオーガナイザーシリーズ

いつもブログをご覧いただき、有難うございます。

唐突ですが、皆様はバックの中身をどのように整頓していますか?
パッキングするアイテムは人それぞれだと思いますが、大小様々な荷物を収納していると乱雑になってしまいがち。
そこで本日はMagforceの、収納にとっても便利なベルクロオーガナイザーをご紹介いたします。

 

 

バッグ内のデッドスペースとおさらば!
ポーチ型新作オーガナイザー

Magforceの新作ベルクロオーガナイザーはポーチ型。フロントメッシュで収納物の視認性もよくサイズ展開も豊富。

背面にベルクロ(面ファスナー・オス)が備わっています。
これによって、ベルクロパネルなどに好きなように張り付ける事ができます。
もちろん単体でも十分に活用可能。必要に応じて使い分けしてください。

このオーガナイザーシリーズの利点。それは、取り付けるバッグの収納スペースを有用にセパレートできる点にあります。
写真↑のように、上下に収納スペースを分けることでスッキリするだけでなくデットスペースになりがちなメインコンパートメントの上部も有効活用できます。その他にも使い方次第で収納効率アップ!
荷物の片寄り防止にもなるので、お試しあれ。

4″×6” Organizer (MF-3576) をオンラインストアで見る
5”×7” Organizer (MF-3577) をオンラインストアで見る
7″x10″ Organizer (MF-3578) をオンラインストアで見る

 

 

ツールからコードまで。
エラスティックバンドで小物もスッキリ!

新作オーガナイザーと合わせて利用して頂きたいのが、こちらのツールやコードなどなどをエラスティックバンドで固定します。
これらもベルクロを利用して張り付けることができます。
ぜひ、用途によってタイプを選んで機能的ストレージを作り上げてください。

 
Organizer (MF-3568)
小型マルチツールやペンライトなど、汎用的に収納できます。
固定幅がそれぞれ異なるので、アイテムの形状に合わせて収めてください。

Stuff Organizer (MF-3568) をオンラインストアで見る

 
Elastic Wire Organizer (MF-3561)
皆さんは、携帯充電用のUSBケーブルまたはイヤホンケーブルなどを持ち歩くとき、どうしていますか?
そのまま突っ込んで取り出すときに他のアイテムと絡まってしまうなんて経験はないでしょうか。あれ結構ストレスなんですよね。。。。。
でもこのオーガナイザーがあれば、大丈夫です!
エラスティックバンドで固定しておけば、絡まることもなく、しかもスッキリ収納しておくことができます。

Elastic Wire Organizer (MF-3561) をオンラインストアで見る

 
Card Organizer (MF-3567)
SDカードなど、さらに細かいアイテムはこちらにお任せ。USBメモリーも一緒にどうぞ。

Card Organizer (MF-3567)をオンラインストアで見る

 
Stationery Pouch (MF-3507)
鞄の中で迷子になりがちなペンやメモ帳などのステーショナリーはこちらのアイテムをご活用下さい。
長めのアイテムも収めることができる他、メッシュポケットにも細かなアイテムを。

Stationery Pouch (MF-3507) をオンラインストアで見る

 

 

ベルクロオーガナイザー収納術!!
活用シーンとオススメキャリーギア

1.バックパックの収納をカスタム
バックパックの中身を整頓パッキング。ポーチタイプとエラスティックバンドタイプの組み合わせで、より自由度の高いストレージスペースが完成します。

キャリーギアには「Bumblebee Backpack (MF-0548) / Magforce」をチョイス。
コンパートメントの内側がベルクロ張りになっているので、ベルクロオーガナイザーを最大限に利用できるバックパックになっています。

【使用アイテム】
・Bumblebee Backpack (MF-0548) / Magforce
・4″×6” Organizer (MF-3576) / Magforce
・7″x10″ Organizer (MF-3578) / Magforce
・Stuff Organizer (MF-3568) / Magforce

 
2.大きなコンパートメントこそ、計画的な収納を。
使用している鞄「Tactical Messenger Bag (MF-6023) / Magforce」は大きなコンパートメントをもった、メッセンジャーバッグです。
そしてコンパートメントが大きくなればなるほど、収納物は中で大きく動きます。
そんな時こそ計画的で機能的な収納を。ポーチタイプのベルクロオーガナイザーでアイテムの片寄りを抑制し、空きがちな上部のスペースを有効活用。その他のエラスティックバンドタイプで細かなアイテムを固定することで、アクティブなシーンでも、整った収納を維持することができます。

【使用アイテム】
・Tactical Messenger Bag (MF-6023) / Magforce
・5”×7” Organizer(MF-3577) / Magforce
・Stationery Pouch (MF-3507) / Magforce
・Stuff Organizer (MF-3568) / Magforce

 
3.モバイルの持ち運びにお勧めするセットアップ
ラックトップなどのモバイル持ち運びの時に、このオーガナイザーはぜひご利用頂きたいです。
コード類はスッキリ収納できると嬉しいです。
キャリーギアには 「Laptop Sling Bag (MF-6606) / Magforce」をチョイス。

【使用アイテム】
・Laptop Sling Bag (MF-6606) / Magforce
・Elastic Wire Organizer (MF-3561) / Magforce

 
4. こんなところにもベルクロオーガナイザー
CANNAEのPhalanx Duty Helmet Packタクティカルバックパックにも、ベルクロパネルを発見!
ヘルメットキャリーとして備わったディテールですが、ベルクロオーガナイザーを取り付けることで隠れたストレージエリアの完成。すぐに取り出したいアイテムをしまっておくと意外と便利です。

【使用アイテム】
・Phalanx Duty Helmet Pack – Multicam / Cannae
・4″×6” Organizer (MF-3576) / Magforce
・Stuff Organizer (MF-3568) / Magforce

 

 

最後に

いかがでしょうか。
当ブログでは外部ストレージがカスタムできるMOLLEシステムについての記事も人気ですが、本日は内部のストレージについてのご紹介となりました。

自分が使いやすいように、自分で手を加えていくのは何とも楽しいものです。
ぜひ、お試しあれ!!