MAGFORCE (マグフォース)【新作バッグ】 ~ミリタリーバッグの人気ブランドが次代の新シリーズをリリース

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!
 
MAGFORCEより待望の新作がリリースいたしました!
しかも、3つのアイテムが一挙同時発売!早速ブログでもご紹介したいと思います。
MAGFORCEが今回リリースする3つのアイテムは、素材にブランドオリジナルの500デニールナイロンファブリックを採用することで柔軟性・軽量性・耐久性をバランスよく備えた新シリーズです。スタンダードなBLACKカラーに加え、味わいあるTANカラーを含めた2色展開。MAGFORCEらしさを継承しながら、工夫された機能的ギミックをプラスすることで進化を促した新しいラインナップをご堪能下さい。

 

 


■ Hummingbird Backpack (MF-A0555)

バックパック+トートバッグのハイブリッドなデザインが特徴的なニューフェイス。素材やウェビングパーツでMAGFORCEらしさを残しながら、今までのラインナップとは異なるカジュアルでデイリーユースな雰囲気が魅力的なアイテムです。

トートバックのようにカジュアルに持ち運んでもOK。

特徴の一つであるロールトップの開閉口はスナップボタンで留めてあるのですが、開く時はワンアクション。ハンドルを引っ張るようにするとストレスなくスムーズに開くことができます。

側面にはメインコンパートメントに直接アクセスできるファスナー口が設けられています。これは間違いなく便利ですね。咄嗟に出し入れしたいときはこの側面から。大きな荷物を整頓し収納するときは上から出し入れすると良さそうです。

これもかなり特徴的なギミックなのだと思いますが、ショルダーストラップは先端がフロントのウェビングにG型フックで取り付けられています。
ちなみにショルダーストラップはガイドパーツを経由してG型フックへと繋がっているので、万が一フックが外れても本体からストラップが外れてしまうことはありませんのでご安心を。

Hummingbird Backpack (MF-A0555) をオンラインストアで詳しくみる

 

 


■ Cougar Portfolio Bag (MF-A0341)

スクエア型のソリッドなデザインが魅力のスリングバッグです。B5サイズがちょうど入るほどの大きさで、見た目以上の収納力を持ったアイテムです。

メインコンパートメントはL字状にファスナーが施されており、鞄を背負ったままでも荷物が出し入れし易いデザインとなっています。さらに内張はループパネルとなっているので、別売りのアタッチオーガナイザーで収納を拡張することもできます.

メインコンパートメントを挟み込むように設置されているフロントポケットとバックポケット。それぞれツールや小物をスマートに収納できるよう工夫された内部となっています。

フロントにはレーザーカットでパンチングされた最新のモールパネルを装備。MOLLEシステム対応のモジュールアイテムを取り付けたりできるほか、表面がフックアンドループ仕様となっているため、ミリタリーワッペンを張り付けることも可能。

Cougar Portfolio Bag (MF-A0341)をオンラインストアで詳しくみる

 

 


■ Detachable Utility Pouch (MF-A0339)

独自のアタッチメント機能を採用することで、収納の幅をグッと広げてくれるユーティリティーポーチが誕生。背面のウェビングと別売りのMXLOCKなどを利用することでベルトや鞄へ取り付けることができます。

最大の特徴はアイテム名にもある「Detachable=取り外し可能」。
実はフラップパーツとポーチ本体はフックアンドループにて連結されているので、切り離しすることができるのです。素早く取り外して使用できるという革新的なギミックがこのポーチの最大の特徴です。

さらに、ショルダーストラップが付属しています!
ポーチとしてだけでなく、このようにショルダーバックとしても活躍するという底知れぬポテンシャルを秘めたアイテムなのです。

フラップパーツを外した状態でもショルダーストラップは装着可能。
例えば、、、、鞄にモジュールポーチとして付けておいて、必要な時は即座に外しショルダーバックとして活用するといった出先で重宝間違いない活用方法もあります。

少しわかりづらいのですが、フラップを外したポーチの裏側には連結部分のフックアンドループを保護し、フラップパーツから外した状態でもウェビングを活用できるような構造になっています。

フラップを装着しているフル装備の状態、フラップを切り離した状態、そしてショルダーストラップを取り付けた状態などなど、シーン毎に最適なモードで活躍するマルチな才能を備えた秀逸なアイテムです。

メインコンパートメントは、大きく開くよう設計されているので、荷物の出し入れや整頓もスムーズに行えるでしょう。

Detachable Utility Pouch (MF-A0339)をオンラインストアで詳しくみる

 

 


素材について

最初に触れたように、今回ご紹介したシリーズは、Magforceオリジナルの500デニールナイロンファブリックを使用しています。これによって軽量性、柔軟性、耐久性をバランスよく備えたアイテムとなっています。

さらに、生地の表面はテフロン加工を施すことで撥水性もプラス。多少の悪天候でも強気で使っていただけます。また、水溶性の汚れも弾いてくれるので防汚効果もありますよ。

 

 


最後に

いかがでしたでしょうか。
ミリタリーバッグブランドの雄として認知されるMAGFORCEが作り出した新シリーズは、次代のキャリーギアへの挑戦心の現れ。ミリタリー由来の耐久性・機能性とブランド独自の創意工夫が融合していく様はワクワクしますね。「鞄は物を持ち運ぶ道具」といキャリーギアの本源を礎に進化していくMAGFORCEプロダクトから目が離せません。

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werx

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

モダンミリタリーの先端を行くリーディングブランド「Prometheus Design Werx」より、待望のバックパックギアが届きました!その名も「S.H.A.D.O. Pack 24L」

相当なコダワリ具合なので、細部まで詳しく検証したいと思います。

 

 

■ カラー

・ALL TERRAIN BROWN

・UNIVERSAL FIELD GRAY
クラシカルなアウトドアやアルペンスポーツのイメージを踏襲しつつ、最先端の素材やギミックを取り入れ、人間工学に基づいた設計によりで出来上がったハイスペックギア。こだわり満載ながら、シンプルで堅牢な雰囲気は機能美を感じさせる逸品です。

また、今作の容量は24Lとなっており、必要最低限の荷物をパッキングしてアクティブに攻めるユーザーにもオススメ。

付属パーツによる拡張性も充実しており、キャンプやブッシュクラフト、トレッキングなどなど、活用シーンに合わせたカスタムができるのも大きな魅力です。

 

 

■ コンパートメント

フルオープンタイプのメインコンパートメント。
開口部が大きく開く荷物の整頓がしやすいです。内張りもオレンジ色で荷物の視認性も◎。
ファスナーポケット×2の他、15インチほどのノートパソコンが収納可能なラップトップポケットも備えています。

セカンドコンパートメントは、ハイドレーションの設置にも最適。メッシュポケットも備わっています。また、後述のツール収納に便利な「EDCO Panel」パネルもここに。

フロントポケット。細かな収納に便利。

レーザーカットタイプのモールパネルが特徴的。MOLLEシステムに対応したモジュールの取り付けが可能です。また、本体との間にジャケットを挟んだりすることも可能。

側面のドリンクポケットは1Lナロゲンボトルほどの大きさも収納できます。伸縮素材を採用しているので、ボトルの大小に関係なくスッキリ&ピッタリ収めることができます。

この正面のパネルは取り外しもできます。本体にもウェビングやショックコードなどのギミックが施されています。用途に応じて使い分けてくださいね。

ちなみに底面にもMOLLEに対応したパネルが備わっています。1インチのウェビングを用意しておけば荷物を括り付けたりできますね。

 

 

■ キャリーシステム

ショルダーハーネスにもMOLLEパネルが備わっています。チェストストラップを締めてるとバッチリ安定。

ショルダーストラップ付け根には、ショルダースタビライザーが備わっています。鞄の上部が浮いてしまわないように体に引き寄せるように締めてください。

体と密着する背面は、メッシュクッションパネルが。
クッションとしてはもちろん、背中の蒸れも軽減してくれる嬉しい設計です。

写真ではわかりませんが、
背面にはフレームパネルが内臓されており、本体の形を保ち、より安定したフィッティングを実現しています。

バックの四方(上部、両側面、底部)にそれぞれハンドルを配しています。

 

 

■ 採用素材やパーツ

メイン素材には、耐久性に大変優れたインビスタ社のコーデュラナイロンを採用。
500デニールです。

さらに、70デニールのリップストップナイロンを内張りに。

ちなみに各所メッシュポケットのメッシュもナイロン素材と徹底的なこだわりようです。

ファスナーはYKK製。グローブをしたままでも持ちやすい形状のジッパープル。

このジッパープル。オレンジ色の替えが付いています。
お好みで付け替えてください。

 

 

■ 付属カスタムパーツ

ToF Belt
ウエストベルトとして「ToF Belt」というパーツが備わっています。
ぐるっとクッションパネルでカバーするそれは、ちょうど腰の上あたりになるように設置することで、安定感も増します。

背中パッド、左右のクッションパット、ナイロンベルトで構成されていいます。
取り外すこともできますので、状況に応じた使い分けを。

EDCO Panel
EDCツールなどをはじめ、様々なツールアイテムの収納にかなり便利な「EDCO Panel」というパーツが付属しています。独立式でセカンドコンパートメントに収まるなサイズ。
クリップを備えたツールを取り付けたり、MOLLEシステムに対応したモジュールを取り付けておくこともできます。

このパネル、ひっくり返すとファスナーメッシュポケットが三つ。細かなアイテムをこれでもかというぐらい収納できますね。メッシュなので、視認性がよく何を収納しているのかも一目瞭然。

 

 

最後に

Prometheus Design Werxのプロラインとして、数々の最先端技術などを屈指した妥協なき本格バックパックS.H.A.D.O. Pack 24Lは、その完成度の高さから、すでに世界的に高い評価を得ています。
私個人としては、使用目的にあわせてアジャスト可能な優れた多様性に注目してほしいなと。アウトドアシーン~普段使いまで幅広い活躍の場で常に最大のパフォーマンスを発揮するハイスペックギアをぜひご堪能下さい。

なかなかボリュームのある記事となってしまいましたが、最後までお読みくださりありがとうございました。

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werxをオンラインストアでみる

GEMINI SLING BAG (MF-0498) / MAGFORCE

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
そしてお待たせいたしました!!
Magforceより新作バックが発売となりました。

ミドルサイズのショルダーバック。マグフォースならではの機能性や耐久性はそのままに。今までのラインアップになかったカジュアルな使用感がうれしい新鮮な一品となっています。

さらには、ちょっとユニークな一面ももっており、ご案内するのがとても楽しみでした♪
細かくご紹介いたしますので、ぜひお付き合いください。

 

 

GEMINI SLING BAG (MF-0498)

・TAN

・BLACK
上部がラウンドし着用時に体にフィットする感覚。そして普段使いにも最適なサイズも特徴の一つ。

さらに、裏表どちらの面を表にしても使用できるようデザインされています!
1つで2つの表情を楽しめるユニークさは、アイテム名「GEMINI=ふたご座」の由来となっているようです。

 

 

カラーによって異なるこだわりの素材

BLACKとTANの2色展開。
どちらも500Dナイロン素材なのですが、実はそれぞれ表面に施された加工が異なります。
TANカラーは、表面にテフロン加工が施されています。
撥水・防汚性に優れていることに加え、バスケットウィーブ編みナイロン生地本来の風合いを愉しむことができます。

BLACKカラーは、表面にPVC加工が施されています。
防水性に優れているほか、適度な光沢感からくる重厚な雰囲気が嬉しいです。
柔軟性を損なわないようコーティングされていますので、使い勝手に支障はありません。

 

 

各コンパートメントについて

まずメインコンパートメント。
内部にはファスナーポケットと小分けポケットが備わっています。
ざっくりと物が入るメインコンパートメントですが、収納物を整頓しやすいです。

バックル&ストラップで開閉するフロントポケットです。
すぐ取り出したいアイテムはここに。別売りベルクロオーガナイザーを利用するとさらに便利に利用できます。

さらにその表面にもファスナーポケットが存在します。
鍵などの収納に便利なキーストラップも備わっているのがうれしいです。

反対の面にはファスナーで大きく開閉できるサブコンパートメントが。スマートフォンやウォレットの収納にも便利なポケットが内部に備わっています。
こちらにも別売りベルクロオーガナイザーも取り付け可能。

さらにその表面にもファスナーポケットが存在します。

両サイドにはボトルホルダーにもなるユーティリティーポケットが備わっています。ペットボトルや眼鏡ケースなどが収納できるほどの大きさです。

 

 

左右を選ばないショルダーストラップ

長さ調節も容易なショルダーストラップ。アジャスターは片手でも操作できます。
ストラップ本体もシートベルトなどに使われる素材を採用しているため、柔軟性・耐久性に優れています。

さらにショルダーストラップは、向きの付け替えができます。
ショルダーバックは右の肩に掛ける派と左の肩に掛ける派が存在すると思いますが、このGEMINI SLING BAGはそれを気にせず自分に合わせて使用できるということです。

 

 

最後に

これからのお出かけシーズンにもちょうど良いのではないでしょうか。春夏と装いも軽くなるにつれ、必要最低限の荷物を持ち歩くためのキャリーギアも必要になるはずですので、ぜひ検討してみてくださいね。

GEMINI SLING BAG (MF-0498) / MAGFORCE をオンラインストアでみる

MOLLE / PALS ウェビングを使いこなす【カスタムパーツ編】

いつもキンリューブログをご覧いただきありがとうございます!!
昨今、関心が高まりっぱなしの「キャンプ」というカテゴリーはブッシュクラフト(野営)などの本格派からグランピングなどのライトなものまで多様化しているように思うのですが。
そんなキャンプブームに呼応するかのように、注目されているのが「ミリタリーバッグ」です。
機能性・耐久性に優れたミリタリーアイテムがキャンプでも重宝されるのも道理。

そこで本日はそんなミリタリーバッグをより便利により楽しく活用するためのコツとして、いくつかのパーツアイテムをご紹介いたします。

 

 

MOLLE・PALS を活用しよう!!

ミリタリーバッグを用いる際にぜひ活用して頂きたい仕組みがこのウェビング。
米軍の装備システムMOLLE(モール)を構成する仕組みの一つ「PALS(パルス)ウェビング」と呼ばれる部位です。
1インチのウェビング(帯)が決められた間隔で縫い付けらえれており、これを利用して装備を拡張するのですが、本日はコレの利用するためのグッズにスポット宛ててご紹介します。

MOLLE・PALSの詳細については、コチラのブログでご確認下さい。

 

 

1. TT Malice Clip Fight-Light(マリスクリップ)

まずMOLLEを利用するにあたって外せないのがこのパーツ。
MOLLEに対応したポーチなどをウェビングに取り付ける際に必要となるアイテムです。

このクリップはTactical Tailor社が手掛けるMalice Clipの最新バージョン。
波状のデザインにすることで軽量化を図るとともに柔軟性も加わり、使い勝手の良いアイテムへとモデファイされています。

写真のようにウェビングを縫うようにしてモジュールの取り付けを行います。これによって、より強固に装備を固定することができます。

※末端に差し込むことで、しっかりロックがかかります。外すときはマイナスドライバーなどの工具が必要となります。

TT Malice Clip Fight-Light をオンラインストアで詳しくみる

類似アイテムとして、こちらもオススメです。
使い勝手に差異がありますが、基本的は利用方法は一緒。
お好きなほうをどうぞ。

3″ MXLOCK をオンラインストアで詳しくみる
5″ MXLOCK をオンラインストアで詳しくみる

 

 

2. Thyrm Cell Vault Battery Storage (セル ボルト バッテリー ストレージ)

最近話題なのがこの筒状のバッテリーケースです。
Thyrm社が手掛ける樹脂製アイテムなのですが、MOLLEとの相性も良くスマートなストレージを実現する為にぜひ活用して頂きたいオススメアイテムです。

バッテリーはもちろん、マッチや
防水使用なので悪天候下でも中身を濡れから守ります。

クールな見た目も良いですね。
フラッシュライト収納のお供にもピッタリです。

Thyrm Cell Vault Battery Storage をオンラインストアで詳しくみる
 

 

3. 1″ Strap (イチインチ ストラップ)

大き目の荷物を括り付けたい方、必見。シンプルですがMOLLEのウェビングを利用して

ジャケット、シェラフ、三脚などなど、少し大き目なアイテムを括りつけて。工夫次第でいろいろな使い方ができそうです。

1″ Strap をオンラインストアで詳しくみる

 

 

4. Duraflex Siamese Slik Clip (デュラフレックス シャムス スリック クリップ )

1インチウェビングにさらなる自由度を与える連結パーツ。

他のウェビングと合わせて使うことが多いです。

先ほどご紹介した1″ストラップとの併用もオススメ。
↑の写真では縦に荷物を括りつけるためにセッティングしています。

Duraflex Siamese Slik Clip をオンラインストアで詳しくみる
 

 

5. Velcro One-Wrap Band 1inch (ベルクロ ワンラップバンド)

面ファスナーといえばベルクロ。このワンラップバンドは表裏にそれぞれフック(オス面)とループ(メス面)を備えているため、一本で様々な使い方ができます。

使用方法のほんの一例ですが、
このように余ったストラップをスッキリまとめておくのに重宝します。

また、一インチ幅なので、PALSウェビングとの互換性も抜群。
自由度の高いアイテムなので、いろいろな使い方を試してみてくださいね。

Velcro One-Wrap Band 1inch をオンラインストアで詳しくみる

 

 

最後に

いかがでしょうか?
ミリタリーバッグのカスタムに正解などなく、より自分にあったセッティングを見つけていくのも醍醐味の一つ。
今回ご紹介したアイテム以外にも、沢山のパーツがあります。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

オンラインストア【カラビナ/パーツ類】へ

オンラインストア【アクセサリー(鞄用)】へ

 

 

関連記事

今さら聞けない MOLLE SYSTEM(モールシステム) について【モジュール取り付け編】

MOLLE System -モールシステム-

ミリタリーバッグに おすすめ !! カスタムパーツ4選

Sarcina Rally Pack / CANNAE
次世代のフラップトップデザインがここに誕生

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日は2015年の創業以来、着実にその知名度と人気を広げてきた新鋭ブランド「CANNAE」より、新作バッグが登場しましたので皆様にお披露目いたします。

 

Sarcina Rally Pack(サルシナ ラリーパック)

クラシカルなバックパックにみられるフラップトップタイプを現代のタクティカルバックに昇華。CANNAEブランドにっとても、今までのラインナップにはない意欲作として登場しました!

そのカジュアルな見た目によって、タウンユースにも重宝する汎用性を持ち。
そのカジュアルな見た目に反して、考え抜かれた機能性の数々が光る本格的バックパックとなっています。

ブラックとセージの2色展開。
メインコンパートメントの容量は約34Lと意外と大容量です。

(写真モデルは165cm、62kg がっちり体型)

 

 

フラップトップの弱点を克服したメインコンパートメント

多くのフラップトップパックがそうであるように、このアイテムの開閉もドローコードで絞るタイプです。
間口が広く、大きめの荷物の収納もスムーズ。衣類などのパッキングにも定評があります。

もちろん、このドローコードクロージャーにもデメリットがあります。
それは、「取り出すときの手数」です。

フラップを開け、コードをほどき、、、とファスナータイプより開閉までに手間があるので、その点に煩わしさを感じてしまうことも。

そんな問題点と解決してくれるのが次のディテールです。
これでデメリットは解消!!

側面に大きく開くファスナー式の窓口が備わっているので、ここから直接メインコンパートメントにアクセスできます。

昨今のフラップトップタイプは、こういったディテールがついていることも多いですが、
この”Sarcina Rally Pack”ほど、大きく開くように工夫されているものは、なかなか無いはず。

荷物の整頓・パッキング時は上から。すぐに使いたいものを瞬時に取り出したいときは横から。ストレスない物の出し入れが可能です。

 

 

ウェビングによる拡張性

フラップを持ち上げると、MOLLEシステムに準ずるPALSウェビングが縫い付けられています。
このウェビングを利用して、MOLLE対応のモジュールを取り付けたりと機能拡張が可能。

モールシステムというわけではありませんが、
フラップ上のウェビングも cm刻みに縫い付けてあるので、カラビナなどの取り付けが可能です。

こういった現代的ミリタリーディテールが、クラシカルなフラップトップバッグに大きな拡張性をプラスしています。

MOLLEシステムについて詳しくは、こちらの記事でご紹介しています。

 

 

多彩なストレージ性能

フラップ付きのフロントポケットは小物の収納に便利。
意外と広く小分けできるポケットが備わっているので、使い勝手もよいです。

クッションパッドが内臓されているサイドポケットはサングラスを一時的に収納しておくにも吉。

1Lナロゲンボトルにも対応。
伸縮素材でできているので、ボトルのサイズ問わずフレキシブルに収納できます。

使用しないときは膨らみもなくフラットなので、邪魔になりません。

側面からアクセスするPCポケットは15インチサイズほどのラックトップも収納OK。
もちろんクッションパッド内蔵エリアで、収納物を保護してくれます。

 

 

その他のディテール

バックルはDuraflex、ファスナーはYKK製と、信頼性のあるパーツを採用しています。

素材には使用されているのは、500デニールのコーデュラナイロンです。一般的なナイロンの7倍の強度を持つ繊維といわれるコーデュラファブリックは、耐久性や耐摩耗性にとても優れており、軍事用途にはじまりアウトドアまで強度が必要なシーンで使用されています。
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。デザインはさることながら、機能性にもこだわりを持つことで幅広いシーンで利用が可能な完成度の高いアイテムに仕上がっていると思います。

Sarcina Rally Pack(サルシナ ラリーパック)をオンラインストアで見る
 
実は「GO OUT」の10月号でも取り上げられていますので、よかったらコチラもチェックしてみてくださいね。

 

 

新色MULTICAM(マルチカム)のご紹介

今回の新作に加え定番アイテムはニューカラーが追加されています!!
今、迷彩柄のなかでも高い人気を誇るMulticam(マルチカム)を採用した2型もゼヒチェックしてみてください。

【Legion Day Pack – Multicam】


Legion Day Pack – Multicam をオンラインストアで見る

 
 

【Phalanx Duty Helmet Pack – Multicam】


Phalanx Duty Helmet Pack – Multicam をオンラインストアで見る

TYD Combo / Magforce 【通勤・通学にもおすすめなブリーフケース】

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
年度の変わり目ということもあり、最近は通勤や通学で使うアイテムを探している方が多いように思います。
やはり、新生活においても鞄は重要ですよね。

本日はMagforce(マグフォース)のタフネスなアイテム群から通勤・通学にオススメなアイテムをご紹介いたします。

 

TYD Combo / Magforce(MF-2222)

1000デニールのナイロン生地をはじめとした、高耐久性に富んだディテールの数々はMagforceならでは。
毎日の過酷な通勤・通学にも十分に耐え、永く活躍してくれるブリーフケースです。

 

 

使い分けが可能な3way 仕様

手提げ、背負い、肩掛け、と必要に応じて持ち運び方法を変えることができます。
 

1.ハンドストラップ

最もベーシックに取り回しが効くほか、スーツスタイルにもよく合います。
車移動が多い方も、このフォームの頻度が多くなりそうです。

 

2.バックパック

パッド入りのショルダーストラップで肩への負担も軽減されるので、内容物が重くなる時はバックパックフォームがオススメ。
チェストストラップもついているので、徒歩や自転車移動の際も間違いなく重宝します。
ストラップは使わないときはバッグ背面に収納しておくことができます。

 

3.ショルダーバッグ

取り回しも良く、ある程度の重さの時もOKな汎用性の高い型。
込み合いがちな電車移動などの時は、邪魔になりにくいこのフォームが良いのかも。

 

 

メインコンパートメント


メインコンパートメントはA4はモチロン、B4のファイルも収納できます。
ラックトップポケットは13インチのノートパソコンにも対応しており、側面にはパッドが内蔵されているのでクッション性も良く、モバイル類も安心して保管。
仕事用バッグはラックトップの収納性も重要なので、このディテールはとても嬉しいですね。

そのほかにもインナーポケットが充実しており小物の収納に困ることがありません。
ダブルファスナーで開閉する間口は貝のように大きく開き、物の出し入れもスムーズです。
 

さらに、、、、

背面側についているファスナーを開放することで、収納スペースを拡大。
荷物量に応じて容量を変化させることができる優れものです。
 

 

フロントポケットとストラップ



ある程度の厚みを持った、二つのフロントポケットも。
片方にはバックルで素早く取り外しができるキーストラップがついています。

このフロントポケットが備わっているパネルと本体の間にはジャケットなどを一時的に挟んでおくことも出来ます。

そのパネルと本体の間にもファスナーポケット他、収納ディテールが充実。
スペースを無駄にすることのない収納力に脱帽です。

 

 

素材


生地には1000デニールナイロンを使用。表面にはDupont社テフロンコーティングが2回、裏面にはポリウレタンコーティングが3回ほどこされています。
ハイレベルな耐久性は言うまでもなく、撥水性も備えているので多少の天候変化にも安心。実は汚れにも強いです。

 
 

まとめ


「ミリタリー」や「アウトドア」に必要な機能性や耐久性を都会的な必要アイテムに落とし込んだこのアイテムは、まさに現代社会の中で「戦う」あるいは「生き抜く」為の良き相棒となるでしょう。

オンラインストアでTYD Combo / Magforce(MF-2222)をみる

 
 

おまけ

先にも少しお話しましたが、通勤用などにバックを探されている方にとってノートパソコンやタブレットの収納性はマストな条件となっているように思います。
そこで、最後にノートパソコンのサイズ別に収納可能オススメバッグをサラッとご紹介いたします。
 
Laptop Sling Bag / 13in ラックトップ対応

ノートPCの持ち運びをミニマムなサイジングで可能にしてくれるラックトップバッグ。
スリングバック式のショルダーストラップで体にフィットし、シンプルな見た目からは想像できないほどの安定した装着感です。

オンラインストアでLaptop Sling Bag をみる

 
Black Hawk Tote Bag / 13in ラックトップ対応

以前こちらのブログでも紹介したトートバック。
シックな見た目で通勤・通学~普段使いまで幅広く活躍します。ラックトップ収納に加えて書類などの収納にも自信あり!
使い勝手の良いボトルホルダーが備わっているのもポイント高いです。僕は水筒やコーヒー用のタンブラーボトルなど持ち歩くので、重宝しています。

オンラインストアでBlack Hawk Tote Bagをみる

 
TYD Computer Backpack /17in ラックトップ対応

17インチのノートPCも収納可能。しっかりと背負えるバックパックは移動が多い方にもオススメ。
25Lの収納容量を持っている他、細かな収納もかなり充実しているので、出張などのお供にも良さそうですね。

オンラインストアでTYD Computer Backpack をみる

 
※ラックトップのサイズは、あくまでも目安です。同じ画面サイズであっても機種によって大きさが異なります。

MOLLE System -モールシステム-

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、ミリタリーアイテムでよく耳にする「MOLLE」(モール)について、まとめてみました。
もうご存じの方は、復習に。
知らない方はコレを知っておくと4倍ミリタリーアイテムを楽しむことが出来るので、ぜひご覧下さい。
 

MOLLE とは

Modular Lightweight Load-carrying Equipment(モジュール ライトウェイト ロードキャリング エクイプメント)。
通称MOLLE(モール)は1997年以降アメリカ軍が採用している個人装備システムです。

主に”PALS”と呼ばれるウェビングシステムを利用して構成されており、ポーチなど付属品は簡単に取外しできるモジュラー式の装備なので、様々なミッションに対して装備を最適化できます。


MOLLEは、アサルトパネル・バッグパック・ハイドレーション・モジューラーポーチの4要素で構成されていますが、ほどんどがそのPALSウェビングを利用した拡張システムとなっています。

 

PALSシステム

ではMOLLEシステムの主要構造であるPALSとはなんなのか。

PALS(Pouch Attachment Ladder System – ポーチ・アタッチメント・ラダー・システム)。
写真の様に、バッグやベストの表面に縫い付けられたウェビングがプラットフォームとなり、対応しているポーチなどの装備を取り付けることが出来ます。

ウェビングの幅は1インチ(2.5 cm)。これが1インチの間隔で縫い付けられています。
縫い付けはポーチ類の横ずれを防ぐため1.5インチ(3.8 cm)間隔に縦ステッチで固定しています。

ちなみに少しややこしい話なのですが、
MOLLEという用語は特定のシステムを呼称するものでなく、PALSウェビングを使用するすべての可変式耐荷重システムを一般的に説明するためのワードなのでPALSを広義でMolleと呼ぶことも多いです。
(EX.モールシステム対応ポーチ←つまりはPALS規格に対応していることを指している)

 

 

モジュールを装着する代表的な2つの方法

モジュールの装着に必要なアタッチメントの代表となるのが、この二つの方法。

1.ストラップベルト
KINRYUオンラインストアで取り扱っているMAGFORCEのアイテムでもおなじみのストラップベルト式。
先端はスナップボタンで固定出来、取り回しが利きます。

2.Maliceクリップ
Tactical Tailor社によって開発された樹脂製クリップ。
先端をタブに差し込むことでロックします。

この他にも、沢山の装着する方法は存在しています。

 

 

取り付けの際のポイント

では、代表的なストラップベルトでポーチを取り付けてみます。
ポイントはズバリ「モジュールとプラットフォームを縫うように固定する!」です。




写真のように、本体→ポーチ→本体と両側のウェビングを縫い合わすようにストラップベルトをくぐらせていきます。

こうすることで、かなり強固に固定することが可能です。

 

 

日常での活用例

ファッション的ディテールとしても注目されているMOLLE。
普段でもPALSウェビングを利用することでシーン毎に使い分けることが出来ます。

▽ 例えばキャンプやハイク時。
ボトルホルダーや救急パック、フラッシュライトやツールなどを装備するストレージを確保。
モジュールポーチ以外にも④-グリムロックの様にPALSに対応しているアクセサリーも多数存在しているので、そういったアイテムでカスタムするのもMOLLEの醍醐味です。

①ボトルホルダー ( MF-0325 )
②フラッシュライトホルダー ( MF-1425 )
③サイドポーチ  ( MF-0307 & MF-0308 )
④グリムロック ( ITW-GrimLoc )

▽ サイクリングやタウンユースに
チョットしたお出かけにはフォンポーチやカメラポーチなど、すぐに取り出したいアイテムの収納を分けることで利便性を大幅にアップ。
いつも持ち歩くツールなどを①のような一つのポーチにまとめておくと、取り外して持ち運んだりできるのでお勧めです。

①フォンポーチ ( MF-0129 )
②ボトルホルダー ( MF-0207 )
③マルチポーチ ( MF-0244 )
④カメラポーチ ( MF-0213 )

 

 

最後に


MOLLEアイテムの楽しみはカスタムすることにあります。
好みや必要性に沿ってアレコレ工夫する過程が楽しいですし、使用して自分の思い通りの利便性が実現したときは嬉しい。
皆様も、自分だけのカスタムにぜひ挑戦してみてくださいね。

KINRYUオンラインストアでもMagforceをはじめ、このシステムに対応しているitemが多数存在します。
ぜひ、MOLLE的カスタム観点でもオンラインストアをお楽しみ下さい。

・Magforce ミリタリーギア一覧

・CANNAE バッグパック一覧