【OTTE Gear】2020 S/S 新作! ALOHA SH-T & BELT & more…

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

暑ささえ感じる今日この頃、、、
知る人ぞ知るミリタリーギアの名ブランド「OTTE Gear」より、2020年S/Sの新作が到着しました!夏を先取りするかのように登場したアロハシャツと柄ベルトはOTTEだからこその唯一無二なアイテムとして完成しています!早速その全貌をご覧ください。

 

 

 new! Aloha Now Tiger Stripe Shirt

本格ミリタリーブランドによる本格アロハシャツが完成!70’sのアロハシャツを基に現代的なシルエットに仕上げています。また、なによりタイガーストライプをモチーフに一からデザインしたOTTE Gearオリジナルファブリックが目を引く逸品となっています。タイガーストライプを用いたアロハシャツが今までになかったとは言いませんが、花柄と融合させたパターンによってミリタリーな雰囲気にアロハシャツの旨味ともいえるリゾートテイストがうまく絡み合って絶妙な「面白み」をもったアイテムとなっています。

素材は、オーガニックコットン100%。柔らかく肌触りも抜群に良いです。レーヨン性のアロハシャツと比べると光沢感はなくマットな素材感ですが、タイガーカモを利用したコンセプトとしてはコットン素材のほうがマッチしているように思うので、個人的にこの素材のチョイスが好きです。ちなみに製品はワンウォッシュ済みなので、お洗濯後に縮みにくくなっています。

さらに、やっぱりアロハといえばココナッツボタン。もちろん本物のココナッツを使用したものを採用しています。この落ち着きのある風合いが、柄に良く馴染んでいて良いですね。

胸ポケットもちゃんと柄合わせされています。

ヨーロッパでも有数の縫製工場が連なるポルトガルにて製造。質も非常によく、ぜひ長く愛用してほしい一着です。タグには「Made in the Shade」の文字がありますが、もちろんこれは生産地を表すものでは「うまくいってるよ」的な意味の俗語だそうです。遊び心が感じられるギミックですね。

実は、このオリジナルファブリックには今年制作から40周年を迎えた戦争映画の金字塔「地獄の黙示録」へのオマージュが込められているという粋なデザインとなっています。

まず、あしらわれている花はベトナムの国花である「蓮の花」。そして良く見ると、各所にベトナム戦争にちなんだ兵器「UH-1」や「F5」、「B-52」そして「リバーボート」などがさりげなくデザインされています。

【モデル 165cm、65kg がっちり体型 - XSサイズ着用】
サイズ感は少し大き目。ピッタリ着用するのであれば、いつもより一つ下のサイズをチョイスするくらいが良いでしょう。

Aloha Now Tiger Stripe Shirt をオンラインストアでみる

 

 

 new! Aloha Pow 1.5″ Belt

こちらもOTTE Gearオリジナルグラフィックを用いたオリジナリティのあるアイテム。1.5インチ幅のナイロンベルトです。

このグラフィックは、ポピーの花に隠れて銃器がデザインされています。しっかり厚みがあるので耐久性も申し分なく、ずっと使えそう。

ブランドのロゴが刻印されたオリジナルバックルはマットガンメタルに仕上げられており、重厚な雰囲気です。

チラッと見えるベルトに面白さがあっても良いですよね。シンプルなボトムスのアクセントにどうぞ。

Aloha Pow 1.5″ Belt をオンラインストアでみる

 

 


最後に

いかがでしたでしょうか。今回はとても夏らしいアイテムのご紹介となりました。キャンプやBBQなどの夏レジャーにも、ゼヒ用いたいシリーズですよね。こだわりのウェアを用意して一足先に気分を盛り上げてみるのもありなのではないでしょうか♪

実はOTTEの人気商品である正規ライセンスのMulticamパターンを使用したポーチシリーズにも新色が入荷しています!ぜひ、一緒にチェックしてみてください。

OTTE Gear のアイテム一覧をオンラインストアでみる

 

 


関連記事

マルチカムポーチのサイズ別活用術【OTTE GEAR】

OTTE GEAR -オッテギア- 【新規取り扱いスタート!】

【VERTX】TRAVAIL 2.0 TACTICAL PANTS
「WORK + TACTICAL」の新しいタクティカルパンツ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
「VERTX」より新作が届きました。
2009年に米国政府からの依頼にて街でも目立たないタクティカルパンツをArc’teryx社との共同デザインのもと開発した「VERTX」。その後もアパレルウェアを中心に機能的で耐久性のある製品を世に送り出し続けてきました。今や世界中から高い評価を得るブランドの新たなる製品を細かくチェックしてみましょう。

 

 

 new  TRAVAIL 2.0 TACTICAL PANTS / VTX1221

ワークパンツを想わすデザインながら、タクティカルパンツとしての趣も携えた新鮮なコンセプトの一本。
実用的な収納ギミックや、スマートなシルエットを保ちつつ動きやすさを考慮した設計は必見です。

素材にはコットン/ポリエステルの混紡キャンバス生地(7oz)を採用。エンザイムウォッシュ加工により柔らかく仕上がっているほか、「37.5® technology」による「VaporCore™」システムを採用することで速乾性に優れており、サラッとした着心地が持続します。肌触りもソフトです。
また、いくつかのポケット口や踵部などは、500デニールのコーデュラナイロンで補強がされています。

3つのカラーバリエーション。
先にお話ししたように適度なウォッシュ加工がされていますので、色味も少しソフト。こなれた雰囲気で着用できそうです。

ヒップ周りはゆったりとした設計となっていますが、裾に向かって軽くテーパードすることで、スッキリとしたシルエットとなるアスレチックフィット。野暮ったすぎない雰囲気が良いですね。
チョット余談ですが、、、、僕はそんなにガッチリとした体格ではないですが、骨盤がしっかり(?)しているためウエストでピッタリを選んでもお尻周りが窮屈なんてこともしばしば。このパンツはそんな悩みを持った人でも大丈夫なサイズ設計で嬉しかったです。ありがとうアスレチックフィット。
(モデル:174cm、68kg / 30×30サイズ着用)

 

 

■ 実用的なポケットの数々

豊富に備わったポケットによる充実した収納機能も大きな特徴です。

まず目につくのが腿部に設置された大きなポケット。足を曲げたり、座っている状態でもモノの出し入れができる点もポイントです。また裏地をメッシュとすることで蒸れを軽減しています。

この腿部のポケットは、ポケット口の裏側に返しがついており収納物の不意な落下を防ぐことができます。

フロントのポケットはツールの収納にも最適なインナーポケットが備わっています。

バックポケット周りにも多数のポケットが存在しており、フラッシュライトやマルチツール、モバイルガジェットなど様々なアイテムの収納に対応可能です。

 

 

■ 動きを妨げない快適な履き心地の理由

ウエストの側部には、伸縮するアジャスターが備わっています。

股下のガゼットクロッチによって大きく開脚しても突っ張ることがありません。

膝部分には屈伸運動へのフォローとしてタックが入っています。

 

 

■ その他

ジッパーにはYKKの真鍮ロックファスナーを採用。パンツのコンセプトにあった雰囲気が良いです。

ループサイズに余裕を持たせた設計で広めのベルト幅のモノでにも対応。(幅約6.4cm)
コブラバックル(縦5.1cm、厚み1cm)も、そのまま通すことができました。(ちょっと窮屈でしたが。)

主要箇所の縫製はダブルステッチで強固に仕上げてあります。

Travail 2.0 Tactical Pans / VTX1221 をオンラインストアでみる

 

 

【番外編】 Phantom OPS Pants / VTX8600

VERTXといえばコレ。そんな代表的モデルも再入荷してきていたので、一緒にご紹介いたします。
米国政府から街中でも目立たないミリタリーパンツの開発要請を受け、Arc’teryx(アークテリクス)社との共同デザインのもと、開発されたタクティカルパンツの正統な後継モデル「Phantom OPS Pants」。シンプルなデザインの中に盛り込まれたコダワリのディテールを少しおさらい。

まずは収納。
シンプルで目立たないインセット式のカーゴポケット。フラップはスナップボタンなどの留め具を廃していますが、ポケット口を覆うように設置されており、収納物をしっかりカバーします。

クリップツールの収まりを良くするため、L字型にデザインされたサイドポケット。内側に設置されたコンシールファスナーのポケットは、貴重品の収納に重宝します。

バックポケットは先のカーゴポケットと同様のフラップ構造。激しく動いていても収納物が落ちてしまうことはありません。

カラーも豊富。素材にはリップストップ生地(ポリエステル65%/コットン35%、6.5oz)を使用しています。表面にはInterlliDri加工という処理がされており、撥水性も持っています。

シルエットは少しゆとりのあるワイドストレート。(モデル:174cm、68kg / 30×30サイズ着用)

オンラインストアでもぜひご確認ください。
Phantom OPS Pants / VTX8600 をオンラインストアでみる

 

 


最後に

街でも使えるタクティカルパンツ。優れた機能性と耐久性は、アウトドアでの使用にもモチロンおすすめ。つまりは、活用シーンを選ばず、ヘビロテできるボトムスなのでゼヒ。まずは一本検討してみて頂けると嬉しいです。

 

 

新色登場!!話題のPDW ギアをご紹介
S.H.A.D.O Pack 24L – Compass Kit【Prometheus Design Werx】

いつもブログをご覧下さりありがとうございます!
シンプルながら個性のある高機能ギアを手掛ける”Prometheus Design Werx”通称”PDW”。ミリタリーやアウトドアギアなどのノウハウを一つに集約し作り上げる製品は唯一無二です。
本日は、そんなPDWの中から新色が発売された大人気アイテムをご紹介いたします!既に高い評価を得ているアイテムのニューカラーというだけあって注目度も高く、ぜひチェックして頂きたいと思います。

 

 

 New Color !

■ S.H.A.D.O. Pack 24L – Black
クラシカルなアウトドアやアルペンスポーツのバックパックを基に、人間工学的設計や最先端の素材を屈指することで現代的なデザインとして完成した逸品。MOLLEパネルなどミリタリー由来のギミックも魅力的です。素材に500デニールのコーデュラナイロンを採用しているほか、強固な縫製によって耐久性にも優れています。そして新色はブラック!

アーバンな雰囲気を纏いスマートで上品なイメージの黒色は、アウトドアギアとして見るならば些か希少で新鮮に映ります。色合わせなどを考えなくても装着できるカラーなので、使い勝手も良いといえるでしょう。様々なシーンでの活躍を想像させてくれます。

優秀な付属パーツが装備されている点も特徴。ツール類のスマートな収納を可能とする”EDCO Panel”や、多機能で取り外しも可能なウエストベルト”ToF Belt”が、使い手に合わせた能力を発揮します。

【EDCO Panel】
独立式レーザーカットループパネルです。 EDCツールをはじめ数々のアイテムをスマートに整頓して収納することができます。フックアンドループで張り付けるユーティリティーポケットも付属しています。さらにパネルの背面には3つのファスナーポケットが備わっており、S.H.A.D.O. Pack 24Lのストレージをより効率化するアタッチメントアイテムとなっています。

【ToF Belt】
クッションパッド内蔵の厚みのあるウエストベルトは、バッグを体にフィットさせます。側面にはモールパネルを装備しており、ツールポーチなどの取り付けが可能です。(取り外しも可能)

メインコンパートメントはこんな感じ。大きく開くことができるため、荷物の整頓も容易。ノートPCを収納可能なポケットも備わっています。インナーカラーがオレンジというのも黒色とのギャップがあって良いですね。収納物の視認性を高める役割も持っているそうです。

ブラックの他にはブラウンもあります。

S.H.A.D.O. Pack 24L / PDW をオンラインストアでみる

 

 

■ Expedition Watch Band Compass Kit Ti – Black & Green
腕時計のベルトや、その他必要な箇所に設置できるコンパスキットです。コンパス本体のケースはチタニウム製。水深100mまで利用可能な本格派です。今回新たに追加されたカラーはブラックとグリーン。

シリコン製のキャリーパーツによって、柔軟に携帯できます。鞄のリングやベルト部分に取り付けてみてください。

キャリーパーツから取り外し、ウォッチバンドにも装着可能です。20mm~22mmほどのベルトに対応。NATO G10タイプとの相性は抜群なのでオススメです!

全部で3色。お好みでどうぞ。

Expedition Watch Band Compass Kit Ti / PDW をオンラインストアでみる

 

 

 Pick Up Item!

■ TiFS Mk2 Survival Lighter – Black Out
新色というわけではないですが、前回は即完売だったアイテムが再入荷していますので一緒にオススメさせてください。
チタンを削り出して形成したコンパクトで堅牢なライターです。耐久性抜群なうえに防水性能も備えているので、野外や悪天候時にも安心して持ち運べます。また、表面にはDLCコーティングが施されており特徴的な深い黒色となっています。

-DLCコーティングとは-
DLC=ダイヤモンド ライク カーボンの略称。簡単にいうなら黒鉛とダイヤモンドの中間的な特徴を持っており、コーティングすることで高い硬度と耐摩耗性を付与できるそうです。

手のひらサイズ。ストラップでもつけて、持ち歩いてくださいね。

TiFS Mk2 Survival Lighter – Black Out をオンラインストアでみる

 

 

 ”PDW” Colors!

今回は新色のご紹介でしたので、カラーに合わせてPDWのアイテムをセッティングしてみました。こういう揃え方も楽しいですよね。

・BLACK

・GREEN

・ORANGE

 

 


最後に

PDWの新色いかがでしたでしょうか。
この他にも魅力的なPDW製品が揃っていますので、ぜひご覧ください。



 

 

関連記事

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werx

【Prometheus Design Werx】新作EDCギア~Ti-FS Mk2(ライター)&Ti-NATO Strap (ナイロンウォッチベルト)

PROMETHEUS DESIGN WERX – NEW ITEM 【トートバック、コンパスキット、オイルライター】

 

 

Notch Gear (ノッチギア) 新作発売
~アイウェアに干渉しない革新的キャップ~

いつも、KINRYUブログをご覧いただき、ありがとうございます!
発売以来、予想以上のご好評を頂いている「Notch Gear」について。
最新作の発売を機に、この革新的なキャップを改めてご紹介いたします。

 

 


アイウェアに干渉しない革新的キャップ

Notchキャップ最大の特徴はこの切れ込み。
「アイウェアを装着した状態でも被ることができるキャップ」というのがブランドの重要なコンセプトなのですが、キャップのバイザーに切れ込みを施すことで、サングラスなどのフレームに干渉することなく、キャップを深くかぶることができます。

ちなみに、ブランドネームである「Notch (ノッチ)」をいう単語自体「切れ込み」という意味を持っています。

 

 


シリーズ紹介

 

new Classic Adjustable Operator – Premium

新作は、待望の単色バックメッシュタイプ。ありそうでなかったバージョンですが、採用素材やギミックに他シリーズにはない工夫が加えられています。シンプルながらひねりの効いたアイテムに仕上がっており、すでにNotch Gearのキャップを持っている方にもオススメしたい逸品です。

今回ご紹介するシリーズ全てにフロントにパッチなどの取り付けができるループパネル(7.6×4.7cm)が施されていますが、このPremiumシリーズのみ、背面にも のループパネル(9.8×2.3cm)が施されています。

素材には、上質なコットンキャンバス地を採用。ただし、ただのコットンキャンバスにあらず。表面に緩やかな起毛処理を施しており、手触りが良くプレミアムな雰囲気になっています。また摩擦に強く、他のシリーズ同様にタフです。

-カラーバリエーション-

Classic Adjustable Operator – Premium をオンラインストアでみる

 

 

■ Classic Adjustable Operator

単色キャップです。シンプルでクラシカルな様子に”Notch Gear”の特徴的ギミックが加わり唯一無二なアイテムに。ブランドを代表するシリーズとして大変好評です。

素材にはコットンツイルを採用。内側のブランドロゴがはいったシームテープもポイント高いですね。縫製レベルの高さも人気の理由の一つです。

~ツイルとは~
綾織りの総称で、斜めの畝が現れて見えるのが外見的特徴です。三原組織のひとつに数えられ、身近によく見かける折り方です。代表的なものだとデニムもツイル。生地厚でも柔軟性が損なわれないので、強度とのバランスも良いです。シワになりにくいという特徴ももっています。
ちなみにツイルに並んで良く見かけるのが平織りです。(キャンバス生地とかも平織り)

-カラーバリエーション-
ミリタリーカラーを中心とした雰囲気のあるカラーのラインナップが嬉しいですね。

Classic Adjustable Operator をオンラインストアでみる

 

 

■ Classic Adjustable Operator – Camouflage

カモフラージュパターンを採用したシリーズがコチラ。メッシュバックタイプになっていますので、通気性もよく快適に着用して頂けます。

素材にはリップストップ生地を採用。カモフラージュパターンとのマッチングはミリタリーテイストを気持ちよく味わって頂けます。

~リップストップとは~
生地に格子状の補強を施した素材がリップストップ。見た目にも碁盤の目状に施された補強糸がよくわかりますね。引き裂き強度につよく、仮に小さな穴が開いてしまっても補強によって裂き目が広がらない仕組み。ミリタリーギアにも良く見ることができ、そういった雰囲気も含めて愉しんでほしいです。

-カラーバリエーション-
Multicam、KRYPTEK、A-TACSと様々な迷彩パターンを網羅。このバリエーションの多さには脱帽です。

■ Classic Adjustable Operator – Camouflage をオンラインストアでみる

 

 


モデル別早見表

モデル別に。参考にして頂けると幸いです。

 

 


より快適に着用するためのポイント!

着用するときのワンポイントアドバイス!
バイザーのカーブをアイウェアに合わせて調整すると、より快適に。

さらに切れ込みの保護パーツの奥をグッと内側に押し込むようにして形状を変化させるだけでも、かなりフィット感が増します。
ぜひ、ご愛用のアイウェアに合わせて調節してみてください。

 

 


ループパネルのサイズ

フロントにあるループパネルの大きさは7.6×4.7(cm)ほど。パッチでカスタムして愉しみたい皆様はどうぞご参考にしてみてくださいね。


最後に


キャンプやフィッシングなどのアウトドアレジャーや、サイクリング、ランニングなどのスポーツシーンまで幅広くお勧めです!まずはお一ついかがでしょうか?

 

【POLARTEC】-素材別にみるPDWの高機能ウェア-

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、この冬人気のPrometheus Design Werxのウェアについてお話したいと思います。
PDWの特徴あるシリーズとして、POLARTEC®(ポーラテック)を採用したアパレルのラインナップはとても評判が良いです。
POLARTEC®といえば高機能フリースの代名詞的な存在。機能性を求められるアウトドアやスポーツジャンルのハイクラスなブランドで採用され、その有用性を証明してきた信頼の歴史を持つファブリックです。

ただ、一重にPOLARTEC®フリースといってもバリエーションが豊富。特徴も異なります。
そこで今回は種類毎の機能性をはっきりさせることで、自分に合ったPDWウェアを見つけよう!という意気込みで綴りたいと思います。

 

 


4WAYストレッチの抜群な機動力

まずはPOLARTECシリーズのなかでも圧倒的な伸縮性能を誇るこちら「Power Stretch Pro(パワーストレッチプロ)」。4方向へのストレッチ性を持っており、これを採用したウェアは動きを妨げることない優れた機動性を得ることができます。

また通気性・吸湿発散性にも優れているので、蒸れにくく余分な熱がこもらない快適な着心地が持続します。

ちなみに、この「Power Stretch Pro(パワーストレッチプロ)は2層構造のファブリックとなっています。裏は柔らかな起毛した表面になっているのに対して、表面は起毛しておらずサラッとした低摩擦仕上げとなっています。つまり擦れに強い構造。インナー使いするときであってもアウターアイテムとの摩擦が少なく◎。ウェアの多様性を高めてくれる性能です。

 

■ Power Stretch Pro 採用モデル

Spectrum Hoodie
スッキリとしたシルエットが特徴。素材のストレッチ性を活かした体の形に馴染むかのような着心地です。シンプルなデザインは、街使いでも十分に対応できそうです。

Power Stretch Pro / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

PDW Pursuit Pullover Hoodie
プルオーバータイプのコチラ。スッキリとしたシルエットですが、優れたストレッチ性によって着脱の難しさはありません。インナーとして利用しやすい点もメリット。意外とロングシーズン活用できるので、ついつい普段から着用してしまいます。

PDW Pursuit Pullover Hoodie / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 


高い断熱性と、味わい深い素材感

POLARTEC®ファブリックの中でも最高クラスの保温性能を持ち、かつ透湿性と速乾性にも優れているというのが、この「Thermal Pro」の特徴です。「軽いのに温かい」というハイテクフリースの旨味を存分に体感できるファブリックとなっています。

そして、ウールボアのような表面も大きなポイント。保温に大切な空気層を作り出す特殊な構造は同時に、味わい深い素材感を生み出しています。

 

■ Thermal Pro 採用モデル

Beast Hoodie
クラシックなアルペンスタイルを踏襲したデザインに加え、機能性を高めるPDW独自の細かな気配りが効いた大人気モデルです。表情豊かな素材感も人気の秘密です。

Beast Hoodie / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 


風を防ぐ高密度フリース

「Wind Pro(ウィンドプロ)」は、一般的なフリースの約4倍となる高い防風性能を誇ります。もちろんフリース本来の柔軟性は損なうことなく、そして保温性や透湿性にも優れています。さらにDWR仕上げによって、軽い撥水性を備えており、耐天候においてこの上ないパフォーマンスを発揮するスーパーファブリックです。多層構造を利用せずに、これだけのハイスペックを実現している技術力に脱帽です。

柔らかいながら、しっかりとした弾力と厚みがあるので、身にまとっていると安心感さえ覚えます。

 

■ Wind Pro 採用モデル

AR Hoodie DRB Staff Edition
シンプルな見た目からは想像できない程のポテンシャルを秘めたフルジップパーカ。雨風に強くメインアウタ―として利用できるほか、体に程よくフィットするシルエットはミドルレイヤーとしても活躍します。

AR Hoodie DRB Staff Edition / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 


ライトな着心地が嬉しい

POLARTECの最もベーシックなシリーズの一つがこの”Microフリース”です。軽量ながら適度な体温を保つ性能、そして速乾性。機能素材の原点といえる基本性能をバランスよく備えています。

またPOLARTECシリーズの中では特に厚みが抑えられています。ふんわりとした肌触りも◎。そのためインナーウェアへの利用にも向いているファブリックです。

 

■ Micro Series 採用モデル

■ PDW JAAC Pullover Hoodie
プルオーバーフーディータイプです。体にフィットするようなシルエットとライトな使用感。一枚で、あるいはインナーウェアとしても着用できます。

PDW JAAC Pullover Hoodie / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 


最後に

いかがでしたでしょうか。
フリース素材への注目度が高まる昨今。その最高峰ともいえる「POLARTEC(ポーラテック)」は、機能性や快適さを求める中で、ぜひ押さえておきたいファブリックです。ただバリエーションも豊富なので、種類ごとの特徴を把握たうえで、自分にピッタリなアイテムを探してみると良いのではないでしょうか。ご参考頂けると嬉しいです。

また、今回が2019年最後のブログ記事となります。
今年も一年、KINRYUブログを気にして頂き、誠にありがとうございました。
何事もない限り週一で更新を頑張っていますが、ブログを綴り始めて早2年半。気づけば記事の数も120項目を超えていました。感慨深いです。まだまだ至らぬ点も多いですが、少しでも皆様のライフスタイルのお力になれるよう頑張りますのでお付き合い頂けると嬉しいです。

それで皆様良いお年を。

関連記事

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werx 【POLARTEC-Thermal Pro】

 

 

■NEW ITEM■
Magforce 秋冬アウター|毎日使いたい高機能ウェア

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
耐久性・機能性に優れたギアの開発を手掛けるMagforceのアパレルライン。今秋冬の新作2作が同時発売となりました!早速ですが、じっくり解説いたしますので、まずはゼヒご覧ください。

 

 


■ Backpacker Jacket (C-0602)

フリース素材を採用した新作ジャケット。程よいスマートなシルエットとシンプルなデザイン、さらに優れた伸縮性と防寒性も相成って普段使いからアウトドアレジャーまで幅広く使えて、着回しが効くジャケットに仕上がっています。

フリースの風合いの良さを引き出すブラックとブラウンの2色展開。落ち着きがある雰囲気が良いですね。

シェル素材のフリースとインナーのポリエステル素材の間にTPUメンブレンを挟み込むことで風と水の侵入を防ぐ3レイヤー構造となっています。保温性に優れているほか、透湿性も備えているため蒸れずに快適。

ちなみに、このフリース素材には「Heatstar®solar」という機能素材を採用しています。特殊なセラミックファイバーを繊維に織り込むことで、体温や太陽光の熱などを蓄えることができるという蓄熱保温性に優れた素材です。

裏地のポリエステル生地は柔らかくサラッとしています。そのため、重ね着をした時も衣服同士の摩擦が少なく、着脱時もストレスがありません。

先に説明したように異なる素材を組み合わせた3層構造であるにも関わらず、優れた伸縮性を持っています。体になじむような着心地でアウトドアレジャーを楽しむようなアクティブな場面でも重宝します。

収納は、フロントサイドにファスナーポケットと、インナーにはメッシュポケットを備えています。

襟も高めに設計されているので上まで占めることで冷気などの侵入を防ぎます。

裾にもちゃんとエラスティックコードによる絞りが備わっています。
フリースの柔らかな風合いに、アウターとしての機能性をプラスした独自性のある一着です。

Backpacker Jacket (C-0602)をオンラインストアでみる

 

 


■ Thor Jacket (C-1111)

500デニールもの強固なナイロン素材を採用したフードジャケットです。耐久性に秀でているだけでなく3レイヤー構造による優れた防水透湿性も魅力。
各所にMAGFORCEらしいギミックが備わっている点も特徴です。

カラーはブラックとオリーブの2色展開です。

本来は鞄などに用いられることの多いハイグレードな500デニールナイロンを採用しており、耐久性に優れています。また、表面にはテフロン加工を施しているため、撥水性も備えています。

インナー素材にはポリエステル素材を採用。またミドルレイヤーに防水透湿性をもったTPU素材を採用しているため、雨風に強くアウトドアユースに応えるスペックを持っています。

ミリタリーテイストが感じられる1インチウェビングが備わっています。MOLLEシステムに準拠するコレにはペンやハンドツールなどを取り付けておくなどの活用が可能です。

腰回りの装備に干渉しないようにサイドポケットは高めの位置に備わっています。

さらにファスナーポケットには別売りのアタッチオーガナイザーも取り付けることができるので、必要に応じてカスタムするのも良いでしょう。

フードはヘルメットをかぶった状態でも着用できるように大きく設計されています。後頭部のドローコードを絞ることで、適切な状態に調整することができます。

スッキリとした前丈に比べ、後ろ丈は長めにデザインされています。これで、屈んだりする時でも後ろが捲れあがることもありません。

インナーを調整・工夫することで、気温の変化にも対応もしやすいアイテムです。幅広いシーンで活躍する一着ですので、着回しの効くジャケットをお探しの方はぜひいかがでしょうか。

Thor Jacket (C-1111) をオンラインストアでみる

 

 


最後に

待望の新作2つをご覧いただきました。これまでのMAGFOECEアパレルとは一味違ったラインナップ。シンプルながらブランドの特色もしっかり感じられるアイテムになっていると思す。また春先くらいまで長く使えそうな点も魅力的ですね。他のMAGFORCEウェアも好評ですので、ぜひ合わせてご覧ください♪



 

 

【Prometheus Design Werx 】個性が光る高品質ギア

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
前回のブログにつづき、Prometheus Design Werx 製品をご紹介します。
アパレルやキャリーギア、ミリタリーパッチなどなど様々なカテゴリーにおいて、他にないコダワリの品々を展開するPDW。今回はシュマグやビーニー、ピーナッツライターなどのアクセサリー・ギアグッズの最新作をまとめてみました!品質にこだわるPDWらしいアイテムばかりなので、ぜひご覧ください。

 

 


■ 最高級カシミアをアウトドアで愉しむ贅沢を

A.G. Cashmere Shemagh

天然繊維の最高級素材として知られる「カシミア」をアウトドアギアに落とし込むことで、考え得る中で最上級の「シュマグ」が完成。

繊維の宝石とまでいわれるカシミアは「カシミア山羊」から取れる高級な毛です。軽く柔らかで格別の温かさを誇ります。繊維自体が細く柔らかい為、他の獣毛と比べても肌への刺激が少なく極上の肌触り。

このシュマグに使われているのは、カシミア生産において長い歴史をもつモンゴルよりPDWブランド自ら厳選したハイクラスのカシミアです。

ちなみに、この際なのでカシミヤのデメリットにも触れておきます。
それはズバリ毛玉。カシミヤは一部の特殊な織物を除き基本的に毛玉ができやすいです。これはどれだけ上質なものでもです。こまめに取り除いてあげてください。

カラーパターンは2種類。スウェーデンのM90迷彩パターンを基にブランド独自の配色で仕上げた秀逸なオリジナルパターンです。幾何学的なインパクトのある柄ですが、いざ巻いてみると意外と落ち着きのあるイメージで着用できてしまいます。巻き方によっては上品にみせられるので、アウトドアだけでなく街使いでもぜひ活用して頂きたいです。

僕もかなり楽しみにしていたアイテム。早速一枚購入し、山まで軽い撮影散策に出かけました。まだ本格的な冬を迎える前の着用した感想になってしまうのですが、確かに温かくそして蒸れにくい。心地よい首元がずっと持続する感じです。
毎日着用したいとろこですが、カシミヤなどの天然繊維は休ませてあげることが長持ちの秘訣なので、ここぞというときに使って楽しみたいと思います。

A.G.Cashmere Shemagh をオンラインストアでみる

 

 


■ 深みあるメランジのニットビーニー

A.G. Watch Cap Melange

米国海軍で使用される伝統的なワッチキャップを基に、材質や編み方を見直しアップグレードすることで完成したワッチキャップです。

羊毛の中で最も上質といわれる「メリノウール」を採用。一般的な羊毛と比べ、繊維が細く柔らかい為、肌へ刺激も抑えられています。もちろん温かさに関しても一級品。
さらに今作はメランジ、つまり霜降り糸を使用したニットになっているため、温かみあるカラーとなっています。

コンパクトなブランドタグを取り付けたシンプルなデザインも良い感じ。

最先端のコンピューター技術による編み機を使用した成型もかなりのもので、かぶった時のシルエットがとてもきれいです。折り返しも深めに設計されているので、これを調整することでお好みの深さで着用できるでしょう。

A.G. Watch Cap Melange をオンラインストアでみる

 

 


■ 漆黒の新バージョン!大人気ピーナッツライター

Ti-FS MK2 – Black Out

大人気!チタン材を使用したピーナッツライターに新色が登場しました。

そのコンパクトさは掌に載せると一目瞭然。
さらに今作は、表面にDLCコーティングすることで、深い黒色に仕上がっています。

【DLCコーティングとは】
DLC=Diamond Like Carbon。ダイヤモンドと黒鉛の中間的な性質をもっており、これを金属材にコーティングすることで耐久性と耐摩耗性を向上させることができます。またチタン同様身体に影響が限りなく少ない素材でもあります。

スクリュー式のキャップにはゴムパッキンが備わっており防水仕様。浸水することがなく雨などの悪天候下にも対応できるため、アウトドアにもオススメ!

スペアパーツが揃って付属しているのも嬉しいですね。

かなり好評なアイテムのニューバージョンなので、このカラーにビビッときたらお早めに。

Ti-FS MK2 – Black Outをオンラインストアでみる

 

 


■ チタンパーツを採用した上質NATOベルトに新色追加!

Ti-NATO Strap

金属パーツにチタン材を利用したNATO G10タイプの大人気ウォッチストラップ。待望の新色「オレンジ」が発売となりました。

これで全3色展開。
このNATOストラップは気軽に付け替えできるので、気分や服装によって使い分け可能。愛用している腕時計を3倍愛でることができるわけです。

オレンジは、ミリタリーやアウトドアのスタイルにもアクセントとして馴染みやすいカラーなので、ぜひ取り入れてほしいです。
合わせて「Expedition Watch Band Compass Kit Ti」を一緒に装着するのも格好良くてオススメです。

Ti-NATO Strap をオンラインストアでみる
Expedition Watch Band Compass Kit Ti をオンラインストアでみる

 

 


最後に

いかがでしたでしょうか。シンプルな中に確かなコダワリと個性が存在するアイテムの数々。見ているだけでもワクワクしてきます。
ぜひ、他のPDW製品と合わせてオンラインストアでもチェックしてみてくださいね。

PROMETHEUS DESIGN WERX 一覧へ
 

 

関連記事

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werx 【POLARTEC-Thermal Pro】


 

 

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werx 【POLARTEC-Thermal Pro】

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

本日は話題急上昇中の人気ブランド、Prometheus Design Werx=通称PDWの新作をご紹介いたします。

最新の素材や技術を採用し縫製工場にまでこだわったPDWの高機能ウェア。その機能性はもちろんのこと、無駄のないシンプルで洗練されたデザインも人気の秘密です。

待望の最新作の詳細をご説明いたします。

 

 

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werx


70~80年代のアルペンウェアから着想を得て、PDWスタイルに仕上げたハイセンスなボアフリースジャケット。従来のハイテクウェアにあるイメージとは違った深い味わいを感じられるアイテムとなっています。

 

 

■ ハイテクフリースの代名詞「POLARTEC(ポーラテック)」

PDWコレクションに使用される素材の多くは、ハイテクフリースの代名詞「POLARTEC(ポーラテック)」を採用しています。

今作Beast Hoodie(ビーストフーディ)には、POLARTECファブリックの中でも、最高クラスの断熱性を持った「Thermal Pro(サーマルプロ)」という生地を使用。軽量ながら優れた保温性を持ち、アウターとしても、ミッドレイヤーとしても優れたパフォーマンスを発揮します。また、ふくよかな表情のある素材感も特徴です。暖かく柔らかな極上の着心地を、ぜひ体感して頂きたいです。

 

 

■ 小粋な気配りが効いたポケット

ポケットは計4つ。サイドと肩に備わっています。

全てのポケットにコードキーパーが装備されているので、大切なアイテムやツールなどを取り付けておくと便利。

嬉しい事にインナーポケットも備わっています。外部のポケットから繋がるコードホールが設けられているので、イヤフォンなどのコードを通して活用できます。

 

 

■ ストレスのない着心地を実現する機能的構造

きれいにラウンドしたバイザー付きフードです。

コダワリのフラットロックステッチングによる縫製。このように内側の縫い目もフラットになっているため、着用時の摩擦が少なく快適です。

脇下のパネル構造や肩の縫製位置などを見るとわかるように、このジャケットは動きやすさを確報するために立体的に設計されています。気に留めないとわからない個所ではありますが、これらのさり気ない拘りの一つ一つが相成って完成度の高いジャケットを形成しています。

袖口にはサムホールが設けられています。

 

 

■ サイズ感について

余計なだぶつき感がない、スマートなシルエットです。
アウター級のジャケットですが、いざとなればもう一枚ジャケットを羽織りミドルレイヤーとしても活用可能。そんな丁度良いボリューム感も魅力です。

(モデル:身長165cm、体重64kg – がっちり体型 / Sサイズ着用)
 

 

■ Made in California

PDWブランドの本拠地、カリフォルニアにある縫製工場にて生産されています。
製品タグにはカリフォルニア州旗をモチーフとしたグリズリーが。個人的にこのタグデザインはお気に入りです。

 

 

■ 限定ミリタリーワッペンがついてくる

今回はなんと、限定ミリタリーワッペンが付いてきます!PDWのミリタリーワッペンはデザイン・質ともに評判が良く大人気。そんなアイテムがオマケで付いてくるのですから単純に嬉しいですね。

 

 

最後に

今冬の最新作、いかがでしょうか。一見シンプルですが、細部にまで及ぶコダワリによって唯一無二の存在感を放つ一着です。無駄のない洗練されたデザイン、まさに機能美と呼ぶにふさわしいPDWのハイテクウェアをぜひご検討下さい。

Beast Hoodie (ビーストフーディ) / Prometheus Design Werxをオンラインストアでみる

 

 

関連記事

PDW Pursuit Pullover Hoodie / Prometheus Design Werx 「POLARTECフリースのハイグレード素材による圧倒的ストレッチ性能とシンプルデザインの真骨頂」

秋冬ウェア紹介・Prometheus Design WerxPOLARTEC フリース を採用した高機能アイテム

〇〇な今だからこそ押さえておきたい売れ筋アイテム!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は「〇〇な今だからこそ」と銘打って、売れ筋アイテムや特に最近注目されることが多いと感じるグッズをセレクトしてみました。
ギア好きならば、ぜひチェックして欲しいホットなトピックスを交えてご紹介いたしますので、どうぞお付き合いください。

 

 


【ブッシュクラフトブームな今こそ押さえておきたい】
「ファイヤースターター」

多様化するキャンプレジャーが巷を騒がせている昨今、よりありのままの自然を楽しむ「ブッシュクラフト」も上級キャンパーをはじめとしたアウトドア好き達の間で一大ムーブメントを巻き起こしています。

その楽しみ方に多少の違いはあれど、最小限のツールで愉しむのがブッシュクラフト流。そして、必要不可欠なスキルの一つが火おこし。ファイヤースターターが重宝されることは明白ですね。(そういった道具を一切使わず現場のものだけで火おこしされる方もいらっしゃいますが。)

そこでオススメなのが、このファイヤースターターです。
かなり評判が良い売れ筋アイテムなのですが、それもそのはず。このアイテムは実際に米国の空軍と海兵隊で使用されているタイプのもので、その信頼性は言わずもがな。
シンプルで持ち運びに便利。そして何より使いやすいとご好評いただいています。
コスパの面でも優れているので、ファイヤースターターに迷ったらまずはこれを試してほしいと思う一品です。

Ranger Flint & Striker Firestarter をオンラインストアでみる

 

 


【災害に学ぶべき今こそ知っておきたい】
「アイウェア」

アイウェアと一口にいってもレジャーやスポーツなどなど用途は様々。そんな中、今年特に需要を感じたのが、災害の復興現場でした。
特に台風や洪水被害などの復興現場は、土壌が乾くのと同時に多くの塵が空気中に舞うといわれています。下水の氾濫も伴うことで感染症などの健康被害も注意しなくてはならないため、人体で粘膜の露出箇所である口、鼻、そして目を保護する必要があるそうです。

当店のオリジナルアイウェアも、今年の台風被害にて多数を活用頂いております。

塵などの異物から目を守るため、メガネと肌のすき間を埋めるように配されたガスケットが重要。

災害現場で活用する機会の有無にかかわらず、ゴーグル利用についてゼヒ皆様にも知っておいて欲しい情報としてお話させていただきました。一つの防災知識としてご参考頂ければ幸いです。

KINRYU Online Store のアイウェア一覧をみる

 

 


【冬を迎える季節だからこそ備えておきたい】
「防水ソックス」

当店オリジナルの防水ソックスが今売れています。
実は防水ソックスは雪シーズンにも需要があります。雪が降るほどの寒さの中で足先が濡れてしまうと冷えに直結してしまうため、冬のアウトドアレジャーやトレイルランニング、あるいはスキー、スノーボードなどでの活用にもオススメです。

加えて、この防水ソックスはミドルレイヤーに「V-TEX」というハイテクメンブレンを使用しており、防水性に加えて透湿性を持っている点が特徴です。「濡れないけど汗をかいても湿気は逃がす」ということ。汗冷えを軽減できる点も大きなメリットとなります。また、この「V-TEX」は優れた伸縮性と柔軟性も持っているのでソックス本来の履き心地を損なわないのも嬉しいです。

個人的にシンプルで使いやすいデザインもお気に入り。コストパフォーマンスにも自信があります。防水ソックスにご興味がある方、ぜひご検討の候補に入れてください。

ZERO Waterproof Socks をオンラインストアでみる

 

 


【キャンプブームといわれる今だからこそ持っておきたい】
「便利クリップ」

当店の隠れたロングセラー「アリゲータークリップ」。これがなかなか便利なグッズなので少しご紹介します。
グローブなどのアイテムを携行するのに重宝。鞄にカラビナなどを利用して取り付けることでとっても便利に。

タープを止めるクリップとしても大活躍。タープのハトメがない位置でも大丈夫なので、柔軟な設置を可能にします。

耐熱性や耐磨耗性に優れた「ポリアセタール樹脂」をグラスファイバーで強化した素材を採用している点もオススメ。その強固さゆえ、アウトドアでもガシガシ使って頂けます。

Alligator Clip をオンラインストアでみる

 

 


【ミリタリーウェアの機能が注目される今こそ手に入れたい】
「フリース」

過酷な状況下や、特殊な場面での活用が想定されるミリタリーウェアは機能性重視。最新の技術を取り入れながら開発されています。
当然そんなミリタリーウェアは、優れた機能性が注目されキャンプなどのアウトドアでも取り入れられています。特にフリースアイテムは昨今の注目株。せっかくなのでお気に入りをご紹介します。
米海軍で採用されているライナーフリースです。本来はゴアテックスパーカーのライナーとして使用されていまが、フリースは保温性も高く、一枚でも十分にジャケットとして着用できるアイテムとなっています。

フリースの質も肌触り、柔軟性ともに優れていますので、着心地も◎。インナーアイテムながら、肘裏やショルダーなどの補強もしっかりされているので、外遊びにも大いにオススメです。

Navy working Uniform Heavy Fleece Parka Liner をオンラインストアでみる

 

 


最後に

如何でしたでしょうか。
今回は、いつもとは少し趣を変えてアイテムを紹介してみました。「こんな使い方もあるんだな。」「そんな需要があるんだ。」くらいの感覚でご覧いただけていれば御の字です。

 

 

「着るカバン」収納力に自信ありな秋冬アウター3選

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
アウトドアを楽しむ皆様。そして普段は鞄を持ち歩きたくない皆様も必見!!
本日はMagforce(マグフォース)のアパレルラインから、収納力自慢の秋冬オススメアウターを厳選してご紹介いたします。

数々の名作ミリタリーバッグを世に送り出してきたMagforceが手掛けるアウターは、鞄づくりのノウハウが存分に活きており耐久力はモチロン、収納性にも優れています。「着るカバン」と称されるほどのハイスペックウェアをゼヒご覧下さい。

 

 


■ Armor Vest (C-1101)

鞄に用いるほどのタフなナイロン素材を採用したダウンベストです。
堅牢なデザインと性能、そして驚異の収納力をもった一着。

表に4つのマチ付きポケットと2つのファスナーポケットを備えており、さらにツールなどを引っかけておくのにも利用できるDリングが備わっています。これだけでも十分な収納力といえますが、もちろんそれだけではありません。

インナーはiPadなどのタブレットさえ収納できるほどの大容量ファスナーポケットに加え、フラップポケットも。これが左右に備わっているという驚き。

ちなみに、このインナーファスナーポケットは内張りがフックアンドループに対応しているので、別売りのアタッチオーガナイザーを取り付けることができます。持ち歩きたいハンドツールを収納するするなど便利にカスタムしてください。

まだあります。後ろにもマチ付きポケットが2つ。これはもう鞄と呼んでも差し支えない収納力を持っているといえますね。

肩の稼働範囲が確保できるベストは、その動きやすさから活動的なシーンにもオススメ。また、腕周りまであるボリューミーなアウターと違い、車などの乗り降り際にも、いちいち脱着せずとも良いため重宝されることが多いです。加えて鞄を持たずとも十分な収納が得られるArmor Vest (C-1101)はアウトドアシーンなどだけでなく、普段の生活にも便利にフィットしてくれるでしょう。

Armor Vest (C-1101)をオンラインストアでみる

 

 


■ Bushcraft Softshell JKT(C-1001)

Magforceアパレルの代表作。
今やロングセラーを誇るこちらは、「着るカバン」のオリジンとなる一着です。

フロントのファスナーポケットは、タブレット収納も何のその。A4サイズほどの雑誌でも収納可能です。

このファスナーポケットは内部にも小物の収納に便利なポケットが備わっています。別売りアタッチオーガナイザーの取り付けも可能。

その他、サイドポケットや、ショルダーポケットなど充実の内容。

側面にもペットボトルが入るほどのポケットを設置。その上には1インチウェビングが施されておりツールを引っかけたりすることができます。

これらの充実した収納ギミックを持ちながら、スマートなデザインのフードジャケットというのは魅力的ですね。もちろん耐久性にも優れており、キャンプなどのアウトドアレジャーにもオススメ。とても使い勝手が良いです。

Busu Craft (C-1001)をオンラインストアでみる

 

 


■ M65 Jacket (C-1104)

ミリタリーウェアの名作とされるM65ジャケットをMAGFORCE独自にアップグレード。500デニールのナイロン素材を採用し、耐久性にも優れた一着です。もちろん今回のブログテーマ「着るカバン」に見合った収納力を持っています。

表にはフラップポケットが4つ。M65ジャケットということならば、ここまでは序の口。

フロントのフラップ裏に隠れるように設置されたファスナーポケットが大きな特徴となる収納ギミックです。
タブレットや A4サイズほどの雑誌でも収納可能。このポケットは左右に備わっています。

エレメントや縫い目が表地に出ないコンシールファスナーを開閉部に使用しているため、M65ジャケット本来のスマートな外観を崩さないというのがミソ。

もちろん、フックアンドループ対応のため、別売りアタッチオーガナイザーも取り付けできます。

ショルダーポケットや、背面に大きなマップポケットも装備し万全な収納体制です。
見た目からは想像できないほどの収納力を備えたMagforce・M65ジャケット。その機能性に加え、シンプルにまとまったデザインは幅広いシーンで大いに活躍してくれるでしょう。

M65 Jacket (C-1104)をオンラインストアでみる

 

 


最後に

いよいよ秋も深まり始め、冬へとつながる季節となりました。今年のアウターを探されている方も多いのではないでしょうか? アウターに「耐久性」そして「収納力」を求める方は、とりあえずMagforceアパレルのウェアをチェックしておいて損はないかと思います。このブログが皆様の秋冬服選びの参考になれば嬉しいです。