GLO-TOOB

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

今回のブログでは、KINRYUでも高い人気を誇る”GLO-TOOB”というアイテムをご紹介したいと思います。

 

再利用可能な次世代マーカーライト”GLO-TOOB”


ケミカルライトなどの使い捨ての物にとってかわる物として開発されたGLO-TOOBはバッテリー式で何度も繰り返し使える新しいマーカーライトです。

使うことの勿体なさがないので気軽に使えます。
気軽に使えるということは活用シーンも広がります。

僕たちも取り扱いを始めて間もないアイテムなのですが、すこぶる評判が良いです。
その魅力を詳しくお話していきたいところですが、機能云々は別でオフィシャルページを作ったのでコチラを参考にして頂くとして。。。。
せっかくのブログなのでマーカーライトの面白さを色別に探っていきたいと思います。

↓オフィシャルページはこちらから↓
http://www.kinryu.jp/glotoob.html

 

光の色で探るマーカーライトの世界

RED ~軍や自衛隊でも重宝される理由


基本夜間の隠密行動ではライトは厳禁。それでも地図を見る時など、どうしても灯が必要となるシーンがあるそうです。
そんな時に積極的に使用される色が赤です。

明るいところから急に暗いところへ行くと目が慣れるのに時間がかかりますよね。
目は中に入る光を瞳孔で調節することで明暗に対応します。これを明順応・暗順応と言いますが、このうち「明るい」→「暗い」になれるのは特に時間がかかるそうです。

他の色に比べ赤色は、瞳にその光が入ったときに瞳孔が縮まりにくい(暗闇に慣れている状態を維持する)ので明かりを消しても素早く暗順応でき、動き出せるということです。

(※メカニズムとしては赤い色は視細胞の中の暗闇でよく働く桿体を刺激しにくいというのが理由です。)


天体観測の時に星図を見るのに赤いライトを使用するのも、ほぼ同じ理由です。

人の目は赤色を認知する細胞「赤錐体」が他の色の物より多く存在するため、赤い光を使用すると少ない光で物を認識することが出来るといわれています。
これも必要最低限の灯を必要とする場面で重宝される理由でしょう。

説明が多くなってしましましが、本質としては
「赤い光は夜間活動する際に妨げになりにくい光」
と理解しているだけでも十分でございます。

ちなみに赤色は空気中において最も遠くに届く色でもあります。さらに虫が寄ってこない(認識できない)光も赤です。

 

BLUE ~応急処置にまつわる意外な使い道


青い光は波長が短く散乱しやすいため空気中では遠くまで届かない色とされています。
ですが水の中では全く逆。
水中では暖色系の色から順に吸収されていくので、青い光が最後に残ります。(周りと同系色となり視認し辛いこともあり、一番目立つ色というわけではありませんが)ウォータースポーツにチョイスしても良いかもしれませんね。


それとは別に軍関係では青い光をけがや出血の確認で使用するそうです。
血液(赤色に見える物)は青い光を吸収してしまいます。そのため青い光で照らすと血液は黒く見え、他の箇所とのコントラストがハッキリし発見しやすくなります。

防災用のファーストエイドキットに一つ備えておくと良いかも。

 

GREEN ~人の目で最も認識しやすい色


緑の光の用途を調べていると、とある筋ではハンティングの際に使うとしていました。
理由は鹿などの動物に刺激を与えづらいからとのこと。。。。確かに鹿や牛など多くの哺乳類は赤と緑の見分けがつかないと言われています。
だったら赤は?となるのですが、おそらく赤でも良いのでしょう。
ただ、人側からすると緑は人の目で最も認識しやすく赤い光で照らすより物の輪郭が掴み易いので、それも理由の一つなのかもしれません。

緑は人間が見ることのできる光の波長でちょうど中間あたりなので、目かかる負担が少ないとも言われています。
さらに緑はおおよそ500-570nmの波長であるのに対し、光の中でも最も明るく感じる波長は555nm。緑の光は認識しやすくさらに明るく感じることから、視認性に優れた光源でもあります。
暗順応など考えないのであれば地図などを読む時も文字が見やすくなしますし、それこそ目印としてのマーカーとしてやグループマーカーとしての活用にも向いていると言えますね。

 

AMBER~”ちょうど良い”視認性


赤に次いで遠くまで届く光であり、「明るく見える」という緑の光に近い特性を持っているので、これまた目印としてのマーカーとしてやグループマーカーとしての活用にも向いていると言えますね。

赤ほどではありませんが暗闇での活動の妨げにならないという特性を持っていますし、さらに虫が寄ってきづらい。
(これからが利用された身近なものにトンネルの明かりが挙げられますね。)
ので、キャンプなどのアウトドアの光源確保にもオススメです。

 

WHITE~自然光に近い光源を


白い光は様々な波長(色)の光が混ざっている状態で、その混ざり合う割合は違えど自然光と同じような物の見え方が期待できまます。
(混ざり合う波長の割合で見え方が変わリ、より自然に見える度合いを演色性が高いと表現します。)

他の色に比べマーキングには不向きですが、「簡易ランタンとして汎用性の高い手軽な光源を確保する」という用途では最も優れているでしょうね。
普段キーホルダーとして持ち歩いたり、キャンプ時にはテントのルーム内ランタンとして使用したりと使い道も多いはず。

 

最後に

光のカラーが違うだけで、これだけ特徴が異なってくるのは面白いです。
ご紹介した用途が必要になるかは別として、こういった豆知識的なものは男心をくすぐりますよね。

皆様に必要なカラー、もしくはお気に入りのカラーをゼヒ手に入れてください。

↓GLO-TOOBのオンラインストアへ↓
http://shop.kinryu.jp/shopdetail/000000000341/

 

※このブログでご紹介した光色にまつわる効果の一部は研究途中であったり、立証までは至らないものも含まれています。(個人的な推測も少々。)あくまで色選びの参考として捉えて頂けると幸いです。
他の有用性がありましたら、ぜひご教授頂けると嬉しいです。

GLO-TOOB” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です