防寒具特集 ~普段から気軽に使いたいワッチキャップやネックウォーマー~

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
本年もKINRYUのオンラインストア並びに、ブログをどうぞよろしくお願いいたします。


今冬は暖冬といわれてはいますが、やはり寒い。3月初旬までは寒さを感じるでしょうから防寒対策は、まだまだまだ必要となりそう。
そこで、KINRYUがオススメする防寒アイテムをまとめてご紹介いたします。

 

 

ワッチキャップ編

PDW A.G. Watch Cap
メリノウールを使用した上質なワッチキャップです。
羊毛の中で最も上質とされるメリノウールは極上の柔らかさと肌ざわりです。通常のウールより細い繊維であるため、吸湿から発散までをスムーズに行ってくれます。さらにウールは繊維の構造上、多くの空気を含むことで高い断熱効果を有しています。これらが、ただ温かいというわけでなく快適な温度を保ってくれる秘密なのです。

一般的なウールは繊維が太めなのでチクチク感がどうしても否めないのですが、メリノウールは繊維が細く柔らかいため、チクチク感がかなり緩和されています。
※メリノウールでも品質や加工法によって普通にチクチクするものもあります。ので一概にメリノウールだからOK!というわけではないですが。このワッチキャップは肌触りもかなり良好です♪

形状は米国海軍のワッチキャップをベースに。
さらに、最新のコンピューター技術による編み機を使用した成形により頭部に気持ちよくフィットします。
キャップの頂上に向けて綺麗にラウンドするように編んでいるのがわかります。これによって被った時にも余分なだぶつきが少なくスッキリとしたシルエットでお愉しみ頂けます。

シンプルなデザインなので、間違いなく使い勝手も良いです。

PDW A.G. Watch Cap をオンラインストアでみる

 
MSM Watch Cap

米軍の寒冷地用ワッチキャップを元にしたアイテムです。
素材にPOLARTECのマイクロフリースを使用。柔らかさと柔軟性に長けていて、さらに保温性と透湿性にも優れています。

先ほどのワッチキャップが天然繊維キャップの最高峰としたら、こちらは化繊キャップのそれといったところでしょうか。どちらもオススメなのですが、しいて言えばコチラのワッチキャップのほうがラフな印象になるでしょうか。

ジョークパッチも有名なミルスペックモンキーのアイテムなだけあって、パッチエリア(ベルクロメス面)がフロントに備わっていますので、お好きなパッチでカスタムして愉しむのも良いですね。

MSM Watch Cap をオンラインストアでみる

 

 

ネックウォーマー編

Neck Gaiter
寒いときは首を温めるべし。
VERTEXのネックウォーマーがおすすめです。
素材にはメリノウールを採用。 軽く薄い生地ですが、十分な保温性能を持っています。
サラッとした肌ざわり。さらに4方向への優れた伸縮性も持っているため、とっても快適。

キャンプなどのアウトドアレジャーにもオススメ。
口元まで覆い隠せば、さらに防寒性アップです。

Neck Gaiter をオンラインストアでみる

 
MSM Multi-Wrap

「基本車移動だし、高レベルの防寒は必要ないなぁ」みたいな皆さまには、こちらをオススメ。
ハーフマスクやビーニー、ヘッドバンドなど様々な使い方ができるミルスペックモンキーのマルチラップですが、今回はあえてライトな使用感がうれしいネックウォーマーとしてご紹介します。

かさ張ることなく、室内で着用していても気にならないほど。
サラッとした気持ちの良い肌ざわりなところも嬉しいです。
これだけでも、肌寒さを感じる冬の室内では大活躍。比較的お手ごろな価格でもありますし、ぜひお試しあれ。

MSM Multi-Wrap をオンラインストアでみる

 

 

イヤーマフ編

耳を中心に防寒したいときはこちらを。頭部もある程度カバーしてくれるのでビーニーと同じような使用感です。
さらにWINDSHIELD処理により雨風を防いでくれるため、アウトドアレジャーの活用もオススメです。

Ear Wrap をオンラインストアでみる
 

 

最後に

小物は気軽に取り入れることができるので、現状の防寒に心細さを感じる方もぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

小物アイテム以外のウェアアイテムも自信作がそろっていますので、寒さと戦うウェアをお探しの皆様は、下記の関連ブログもぜひご覧ください。

【Hercules Hoody (C1102) / Magforce マグフォース】 拡張性に優れたミリタリー中綿アノラック

秋冬ウェア紹介・Prometheus Design WerxPOLARTEC フリース を採用した高機能アイテム

Wild Things Tactical / Loft Jacket冬を乗り切るミリタリーアウター

VERTX / Phantom OPS Pants (vtx-8600)
街履きにも使える本格ミリタリーパンツ

いつもご覧いただきありがとうございます。
本日は大人気のミリタリーパンツVERTX(バーテックス)をご紹介します。

VERTX / Phantom OPS Pants (vtx-8600)

Arc’teryx(アークテリクス)社との共同デザインにより、「街中でも目立たないミリタリーパンツ」を開発した”VERTX”のミリタリーパンツシリーズ。
その中でもアップグレードが進んだ高機能モデルとなるのが、今回ご覧いただくPhantom OPS Pants (vtx-8600)です。
気になるディテールを着用イメージと共にご覧ください。

 

 

アーバンスタイルに馴染むミリタリーウェア


(着用モデル:174cm、65kg / 着用サイズ:30×30inch)

野暮ったさを感じさせないスッキリとしたデザイン。
下半身のあらゆる可動を阻害することのない程よい太さのワイドストレートは少しテーパッドをかけることで大人っぽささえ感じるシルエットに仕上がっています。

ミリタリーカラーを中心に構成された色展開。
豊富なラインナップから選べるので、色違いで手に入れる方も続出しています。

 

 

計算された多機能ストレージ

今回ご紹介しているVTX-8600 Phantom OPS Pants は、ポケットディテールのアップデートが最も進んだモデルです。
スッキリしたデザインからは想像できないほどの、多機能収納をご覧ください。

L字に設計された間口はフラッシュライトやポケットナイフなどクリップで挟み込んでスマートに収納。
また、独立して縦長のポケットがサイドポケットとバックポケットの間に用意されています。

さらに、小物や貴重品の収納に便利なファスナーポケットが両サイドポケットに備わっています。
ファスナーは目立たないコンシールタイプ。

フラップ付きバックポケットは、収納物の飛び出しを防ぎ、またセキュリティー性も向上。

ミリタリーパンツといえばカーゴポケット。
VERTXのそれは、とってもフラットな様子。何かを入れるときはマチが広がり適切な収納能力を発揮します。
また、フラップはスナップボタンやベルクロなどを使用してないので、ワンアクションで物の出し入れが可能。

 

 

耐久性だけでないコダワリの素材

素材には耐久力・耐摩耗性に優れたミニリップストップ素材を採用。さらに生地の表面に高い撥水効果と速乾性に優れたIntelliDry処理が施されています。厚さも6.5オンスとシーズン通して活用できるオールマイティーな一本です。

 

 

その他のディテール

股下にはガゼットを施し、例え180°の開脚でも十分に開く可動域を確保しています。

膝部にも一工夫。プリーツを設けえることで屈伸運動など膝動きを邪魔しません。

ファスナー部にブランドタグが。
ちなみにファスナーは信頼のYKK製です。

ウエストは腰横の伸縮アジャスターで無理のないフィット感を得られます。

 

 

最後に

その機能性と耐久性、そしてシンプルなデザインはアウトドアシーンから普段履きまで幅広く使用できるミリタリーパンツ。
一度履いてしまうと手放せない人が増えています。ぜひ、まずは一本いかがでしょうか??

VERTX / Phantom OPS Pants (vtx-8600) をオンラインストアで詳しくみる

VERTX | Pants Series

ブログをご覧いただき有難うございます。

今回のブログではVERTXのパンツを徹底分析。
拘りディテールの数々から各シリーズの特徴までまるわかりの内容となっております。

about “VERTX”

1842年から170年以上にわたりアメリカ軍隊や警察にユニフォームの提供をしている老舗のFechheimer社(オハイオ州)が、国からのディスクリート(街中でも目立たない)ミリタリーパンツの開発要請を受け、Arc’teryx(アークテリクス)社との共同デザインのもと、2009年に独自デザインのミリタリーパンツを開発。人目につかない、ひそかなという意味を持つCovertの”Vert”と、Arc’teryxの”X”をとり、VERTXと名付けられました。

痒い所にも手が届くユーザーフレンドリーな機能性、洗練されたシンプルなデザインが特徴です。

 

デザインコンセプトとシリーズについて

VERTXのアイテムは
”直観的”であり、”シンプル”であり、”機能的”。
ミニマムかつ着る人を中心と捉えるArc’teryxのデザインコンセプトが細かく息づいています。
一つ一つのディテールに意味を持たせることで無駄のない機能美が生まれ、
それによってできるミリタリーパンツは、従来の野暮ったさが無くアウトドアのみならずタウンスースでも活躍する新定番となっています。

そんなvertxのパンツシリーズをディテールと共にご覧ください。

VTX-1000 / Original Pants
「VERTXの原点にして代表作」

シルエットはワイドストレート。シリーズの基本となる形です。
9オンスのコットン生地にライクラ(インビスタ社が所有するスパンデックスの商標登録)を2%含むことで適度な伸縮性を持っています。

シンプルながら緻密な計算によって構築された拘りのある一本に仕上がっています。


サイドポケットの間口はポケットナイフやフラッシュライトなどをクリップしやすい形状に。
右のポケットのみ、小物や貴重品の収納に便利なコンシールファスナーポケット付きです。

カーゴポケットはフラップにベルクロやパラシュートボタンなどを使用せずワンアクションで出し入れが可能。マチを最小限に留めることでスッキリとした造りになっています。


膝にプリーツ、ウエストにはアジャスターを施し
更に股下にはガゼットクロッチを採用することで、足の可動を妨げない快適な履き心地を実現しています。
(クライミングパンツでもよく見るガゼットクロッチ。股を180度広げる可動にも対応出来るそうなのですが、体の固い僕は試せたことがないです。)

オンラインストアへはこちらから”VTX-1000 / Original Pants”

 

VTX-8000 / Phantom LT Pants
「機能素材によるハードユース適応モデル」


先ほどのVTX-1000のデザイン・シルエットをそのままに素材を6.5オンスのポリエステル65%、コットン35%へ変更することで軽量化を実現。


ミニリップストップ生地を使用し耐久性の向上を図ると同時に、生地の表面に高い撥水効果と速乾性に優れたIntelliDry処理が施すことで全天候型のハードユースパンツとなっています。

※リップストップ-Rip stop-※
ミリタリーやアウトドア好きにはお馴染みの機能素材ですね。
格子状に糸を織り込むことで耐久性を向上、もし一点に穴や裂け目が出来てしまっても広がりを抑えてくれます。
もともとは第二次世界大戦中に「安価で軽量で耐久性を持つものを。」と当時パラシュートの素材に使用されていた絹の代替品として開発されたものです。これがナイロンリップストップですが、コットンやポリエステルに応用されジャケットやボトムスに使用されています。
使い込むと格子状に若干色の違いが出てきて味わいが生まれます。愛着が湧いてくるアイテムですね。

オンラインストアへはこちらから”VTX-8000 / Phantom LT Pants”

 

VTX-8600 / Phantom OPS Pants
「シリーズトップの収納能力を誇る機能的モデル」

VTX-8000の収納力のみをアップグレードした機能的モデルです。
素材はVTX-8000と同様のミニリップストップを採用。


右サイドだけだったコンシールポケットは左にも。カーゴポケットのフラップもサイズアップしています。
バックポケットはパッチポケットからフラップ付のカットインポケットへと変更。
よりアクティブな状況でも収納物をしっかり確保するつくりになっています。

オンラインストアへはこちらから”VTX-8600 / Phantom OPS Pants”

 

VTX-1700 / Delta Stretch Pants
「カジュアルモデルへと昇華したスリムシルエットパンツ」

スリムなシルエットかつディテールデザインもよりミニマムなものに。
ミリタリーパンツのディテールを踏襲しつつもカジュアルなモデルとなっています。

ウォッシュがかけられていて、柔らかく風合いのある仕上がりとなっています。


カーゴポケットも廃しスッキリとした印象。サイドポケットの形状は他のモデルとほぼ同等です。

ポケットナイフやフラッシュライトの収納に適したカットインポケットは間口のパイピングに厚手のレザーを用いて補強する共に、シンプルなデザインの中に映えるアクセントとなっています。

縦横方向にしっかりと伸縮するストレッチ性能はスリムシルエットからくる動き辛さの一切を解決してくれます。
癖になるストレスフリーな履き心地です。

オンラインストアへはこちらから”VTX-1700 / Delta Stretch Pants”

 

シリーズ比較表

簡単な比較表をご用意したので、参考にしてみてください。

同じシリーズアイテムでも、特徴がハッキリすると選び易くなりますね。

 

サイズについて

今回、ブログのモデルは174cm、63kg、で30×30inを着用しています。
サイズを選ぶときレングス(丈)の長さも気になるはずなので、レングス32inのスタイルサンプル写真も用意しました。


この写真のモデルは身長180cm・体重78kgで32×32inを着用しています。
クッションの具合は好みがあるのですが、ブーツやボリュームのある履物がお好きな方はピッタリより少しクッションが出来るように長めを選ぶとバランスよく見えます。

また座ったときにもくるぶしの見え隠れで違いがよくわかります。

迷われたときは32inをチョイスし、お好みの長さで裾直しするのも手ですね。
サイズのご相談も承りますので、お問合せ下さい。

オンラインストアにてサイズスペックの詳細が掲載されていますので、合わせてご覧ください。

オンラインストアのVERTXページへ

皆様の好みはどのシリーズですか?
ご自身のライフスタイルに合った一本をぜひ手に入れて下さいませ。