防災 – 持ち歩く備え【防災の日-0次の備え-ポーチの中身】

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

9月1日は防災の日。
台風・高潮・地震などの災害に対する認識を深め、平時の備えについて確認する日として制定されました。

本日は、そんな防災についてKNRYUスタッフが考える備えを提案いたします。

 

持ち歩く防災グッズ-0次の備え-

非常用持ち出しグッズや家の常備品など、昨今防災グッズへの関心は高まっています。
高性能なグッズやセットも、いろいろな販売店様で充実していますし、しっかり見直しておきたいところ。

しかしながら、ここで意外と見落としがちなのが”0次の備え”。
地震をはじめ、災害はいつ身に降りかかるかわかりません。それが家の外、例えば通勤途中などの出先で遭遇したとします。このとき家に帰るまでに必要となるアイテムを。つまり常に持ち歩いていたい最低限の備えこそ”0次の備え”という概念です。

 

 


持ち運びたい防災グッズ – 例えば…

いざ防災ポーチなるものを用意するとなると何を用意すればよいのやら。
そこで、ほんの一例ですがお勧めのセットをご紹介します。

 

 

1.コンパクトライト

コンパクトな光源は”O次の備え”にもマストなアイテムです。決して「携帯で十分」などと思わないで下さい。携帯電話は大切な連絡ツールですし、さらに情報収集においても重要な役割を持ちます。ライトにバッテリーを消費してしまうのでは困ってしまいます。

今回、ご覧いただいているコンパクトライト「LA10 Mini Camp Lantern」はリップスティックのような構造をしておりフラッシュライト~ランタンまで網羅する優れモノです。点灯時間もLOWモードであれば23時間。これを単三電池一本で運用できる手軽さもオススメの理由。

出力が高いなど、ただただ高性能なフラッシュライトを備える必要はありません。コンパクトで軽量、携帯に適しているかということを忘れずに確認すると良いです。

参考:NITECORE / LA10 Mini Camp Lantern

 

2.ホイッスル

防災グッズを用意する上でホイッスルも間違いなく必需品。
いざ助けを呼ぶ時など、災害時の騒音が入り混じる環境下では大声であっても聞こえなくなってしまうのだとか。また少ない力で大きな音を発するホイッスルは、大声を出し続けるという無謀な体力消費も避けることができます。

参考:ZERO / ZERO Whistle

 

3.マルチツール

何かとあると安心するアイテムとして。防災グッズに必ずしも必要というわけではないですが、余裕があるのならば備えておいても良いでしょう。防災という観点を抜きにしてもEDCツールに加えたいアイテムではありますね。

ちなみに、マルチツールの類にはナイフブレードが備わっていることが多いのでご注意を。
というのも刃物は正当な理由なく刃渡り6cm以上を持ち歩くと銃刀法違反、それ以下だとしても軽犯罪法に触れる可能性があるので。

僕も普段からマルチプライヤーを持ち歩いていますが、ナイフブレードは取り外しています。ナイフレスモデルなどもあるので、持ち歩き用を用意する際はしっかり吟味しましょう。

参考:GERBER / MP400 Compact Sport

 

4.モバイルバッテリー

普段でも持ちあることがあると思いますが、モバイルバッテリーも用意しておくと安心です。
自分の携帯電話に合ったケーブルも忘れずに。防災に限らず利用できるので、用意しておいて損はないはず。

 

5.ヘッドライト

昨今、防災において有用性が認知され推奨されているのがヘッドライトです。
災害現場でハンズフリーな光源を確保できる利点が大きいのは言うまでもありません。
なので余裕があればコンパクトに持ち運べるヘッドライトを、ぜひ加えてください。

参考:NEXTORCH / Eco Star

 

6.ファーストエイド

最低限、絆創膏と消毒は必要。その他、滅菌ガーゼや包帯などもあると尚良いでしょう。
また、常備薬の類(鎮痛剤など)も必要に応じて。

 

7.簡易雨具

嵩張ることのない使い捨てぐらいのものでOK。
季節によっては風を防ぐ防寒アイテムとしても活躍が期待されます。

参考:UST / Emergency Poncho

 

8.筆記用具・メモ帳・身分証明書(コピー)

情報の覚え書きに。メモ帳には緊急連絡先など予め記載しておくと◎。
そして、免許書や保険証(コピーでOK)を身分証明書として備えておくと尚良いでしょう。

 

9.マーカーライト

エマージェンシーマーカーとしても活躍するこちら。
お勧めなのがポーチの外のジッパープルなどに取り付けておくことです。優秀なマーカーライトなのですが簡易光源としても利用できるので、いざというとき即座に利用できる位置に備えておくと助かります。

参考:NEXTORCH / GLO-TOOB

 

10.その他

ポケットティッシュやウエットティッシュも。粉塵の吸引を防ぐためのマスクも有用なようです。
コンタクトレンズの方は予備のレンズを用意しておくのも良いでしょう。あるいは冬などはホッカイロなども。

 

※補足※
いくつか羅列しましたが、0次の備えは常に持ち歩くことが前提なのでご注意を。嵩張りすぎて持ち運べないのも問題です。皆様各々にご必要となる物やむしろ必要ではないものもあるはずなので、しっかり取捨選択し自分にあった備えを。

 

 


防災ポーチとして

持ち歩くためのポーチも大切。
サイズ、耐久性、収納力、外見などなどマッチしたアイテムを用意したいところ。そこでコチラをお勧め。

内側にエラスティックバンドによる収納ギミックを豊富に備えており、防災グッズポーチにも最適。アイテムの形状を問わずスマートに収納できるので、整理された状態で出し入れすることができます。

鞄から鞄への入れ替えも一つのポーチにまとめておくと楽々。あるいは車での移動が多い方はダッシュボードに忍ばせておくのも良いでしょう。

参考:MAGFORCE/7″ EDC Organizer

 

 


最後に

”0次の備え”として一例をご紹介してみましたが、いかがでしょうか。
僕は「持ち歩く防災」については、まずは「気軽にセッティングしてみる」ことが大切だと思っています。

例えば、先に説明したモバイルバッテリーやコンパクトライトは防災という括りでなくても普段の生活で活躍する場面があるはず。
持ち歩くアイテムだからこそ、「普段でも使えて防災にも役立つ」という範囲で用意していくと常時携帯する意味も増えて良いのではないでしょうか。
そんな感じで、少しカジュアルに、ユーティリティーグッズとして考えて少しずつでも準備してみてくださいね。

9月1日「防災の日」を切っ掛けに、普段の備えについてあれこれ考えてみましょう!

その他、KINRYUオンラインストアで扱う防災に役立つアイテムを一覧にまとめましたので、ぜひご覧ください。

KINRYUオンラインストア-防災グッズ一覧へ

Micro Cord のススメ ~ 便利なコードディスペンサーを添えて 【Atwood Rope MFG.】

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

以前、550Paracord、275Tacticalcordやをご紹介いたしましたが、今回はその続編。
米国内での生産を通じて高品質なロープを世界各国に提供するアメリカ老舗ロープメーカー「Atwood Rope MFG(アトウッド ロープ)」。パラコードも大変有名ですが、実はそれに類する様々なロープやロープにまつわるグッズもリリースしています。本日はその中から「マイクロコード」と呼ばれるものや、パラコード愛用者にとってもオススメな「コードディスペンサー」という便利なアイテムをご紹介いたします。

 

 

■ MICRO CORD (マイクロコード)

MicroCord(マイクロコード)は「Atwood Rope MFG(アトウッド ロープ)」がリリースするコードの中でも、1.18mm径と細く、そして軽いコードです。もちろん耐久性も引張強度46kgと優れています。

紫外線や、腐食にも強く、コンパクトで持ち運びも楽々。
そのため、使い勝手も良くキャンプなどのアウトドアシーンにもオススメ。

いろいろな使い方ができるので、用途はコレ!といった決まったものはないです。

例えば、、、、
眼鏡のテンプルに結んでグラスストラップにしてみたり。

ジッパープルにしてみたり。

水筒のキャップ落下防止にしてみたり。

工夫次第なので、多用途にお使い下さい。

パラコード同様に編んでブレスレットとかストラップを作成するものオススメ。550パラコードと比べて1/4ほどの細さなのでちょっと細かな作業になりますが。。。Microコードは柔軟性もあるので、出来上がりはなかなかキレイなものが作れると思います

細さを活かして、他のコードでは通らないストラップホールも利用したりして。

MICRO CORD (マイクロコード)/Atwood Rope をオンラインストアでみる

 

 

■ MICRO CORD DISPENSER (マイクロコードディスペンサー)

先ほどのMICROコードを利用するならば、これも一緒に手に入れておくと便利!!ラインカッターを備え、いつでもどこでも必要な分のコードを切り出せるコードディスペンサーです。

こんな感じで。写真では右手の親指でリールが回転しないように抑えています。これ、切るときのコツです。

さらに良いところは、「ATWOOD ROPE」のMicro Cordであれば、プラスチックケースごと嵌め込み利用する点。写真のように側面を外に広げるようにすると取り外し易いです。

このディスペンサーは耐衝撃性に優れています。UV対策もされており劣化に強いため、野外での使用にもお勧めです。

MICRO CORD DISPENSER (マイクロコードディスペンサー)/Atwood Rope をオンラインストアでみる

 

 

■ TACTICAL CORD DISPENSER (タクティカルコードディスペンサー)

550パラコード用もあります!
先ほどのMicro Cord用よりドッシリとしたこちらは、米軍特殊部隊考案のパラコードディスペンサーです。

背面にベルトクリップが備わっているのでベルトや鞄などに取り付けて持ち運ぶことができます。もちろんカッターブレードも備わっているので、必要な時に必要なだけ切り出してください。なれると片手で切断できますよ。

絡まったりすることを防げるだけでもとっても価値があるように思います。

中身はこんな感じ。この内蔵リールにパラコードを巻き付けてセット。約15m分収納することができます。

もちろんこのディスペンサーは耐衝撃性に優れています。UV対策もされており劣化に強いため、野外でもOK。

正直に話しておくと、ケースを開けるときにコツが要ります。固定しているツメを一つずつ外してください。マイナスドライバーを利用するのも手です。
耐衝撃性を考えると簡単に外れても困りますし。

TACTICAL CORD DISPENSER (タクティカルコードディスペンサー)/Atwood Rope をオンラインストアでみる
 

 

番外編~ロープの比較

ここからは番外編。
ちょっとロープの種類をまとめてみた。
写真上から550 Paracord、275 Tactical Cord、Micro Cordです。
比較表。ご参考いただければ。

ブレスレットの比較。すべて同じ編み方です。

550ParacordとMicro Cordのハイブリッド。

あれこれ工夫しながら、皆様の必要用途に最適なロープを探してみるのも良いですね。
一通り試してみると良いのではないでしょうか。

僕は暇な時間に編んで遊ぶことが多いので全種使っていますが。
KINRYUオンラインでもぜひ「Atwood Rope MFG」をチェックしてみてくださいね。

Atwood Rope MFGの製品一覧へ

Paracord (パラコード)と Tactical Cord(タクティカルコード)~実用的な活用方法や愉しみ方のコツ~

FLAGSHIP PRO / NEXTOOL   [ 16-in-1 の多機能マルチプライヤー ]

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日ご紹介するのは
キャンプ・ブッシュクラフトから日用まで
1つ持っておくと便利な大人のマルチツールをご紹介いたします。

NEXTOOLは世界各国のプロフェッショナル達に採用されるフラッシュライトを生産するNEXTORCHの姉妹ブランドです。
精密金属加工のノウハウをツールに反映させて完成したFLAGSHIP PRO(フラグシッププロ)。多機能かつ耐久性を兼ね備えた美しいデザインのマルチプライヤーが満を持して新発売となりました。


マルチプライヤーとは、プライヤー(ペンチ)に加え、ナイフや工具など様々な機能が一体化したアイテムです。
その利用シーンは搭載ツールにより異なりますが、このFLAGSHIP PROはとにかく実用性の高いツールがセレクトされています。そのあたりも詳しくお話したいとおもいます。

 

 

16-in-1!搭載ツールの全貌


実に16個ものツールが搭載されている”FLAGSHIP PRO”。
16もあると大ボリュームですが、あえて一つずつ紹介させてください。

 
(1)~(2)
まずメインとなるニードルノーズプライヤー、グリッパー。先端に向けて細くなった形状で細かな作業をはじめ様々な用途に応えます。また、握りやすさを考えて設計されたグリップによってグッとしっかり力を入れて作業することができるというのがポイント。

 
(3)~(4)
切断したいワイヤーの種類や太さによって使い分けるワイヤーカッター。切断部の中腹辺りがソフトワイヤーカッター。その奥がハードワイヤーカッターとなっています。

(5)
さらに太い形状のスチールワイヤーなどははこの奥まった部分で切断。これらの切断ツールはザックリと使い分けて頂ければよいとおもいますが、幅広く対応できるというのがミソだと思います。

 
(6)
アウトドアで活躍するのこぎり刃。刃の形状は剪定ノコなどにも採用されるイバラ目となっているようです。なので、生木などの切断にも持ってこい。木材の切断も含めて広い用途に対応できるのこぎりとお考え下さい。ブッシュクラフトにも良いのではないでしょうか。

(7)
マルチツールに欠かせないナイフは刃長8cm。こちらも多目的に使うことができます。
ちなみに、のこぎり、ナイフともに展開時にはちゃんとロックが掛かりますので安全にお使い頂けます。

 
(8)
プラスドライバーです。

(9)
ラインカッターは細いロープなどはもちろん、シートベルトカッターとしても活用できます。両刃となっていますので、利き手によって使い辛いということもなく利用できます。

 
(10)
ラインストリッパーは電線などの被覆を剥くのに使用します。

(11)
缶切りも。イージーオープン式の缶詰が増えた昨今では缶切りが必要な場面も減ったような気がしますが、、、、
今でも耐久性が必要な缶詰や生産の都合で缶切りが必要な缶詰も存在します。
スーパーマーケットに出かけることが多い僕ですが、一般のスーパーでも特に果物缶などは缶切りが必要なものが意外と存在していますね。

 
(12)
コロナビール派の皆様は栓抜き必須ですよね。
これからの季節、バーベキューに瓶ビール。良いのではないでしょうか。

(13)
マイナスドライバー。

 
(14)
マルチツールにコレが搭載されているのは珍しいのでは?末端に付いている小さな球体パーツはナノセラミックボール。車脱出ツールとして使えるウインドガラスブレーカです。この面を使用すると少しの力で窓ガラスを割ることができます。先のシートベルトカッターになるラインカッターと合わせて考えると立派なエマージェンシーツールとして機能するのではないでしょうか。

(16)
簡易定規はセンチ、インチどちらの表記にも対応しています。

 
(15)
このハサミも大きな特徴です。マルチツールには珍しい刃長3cmの大きなハサミです。
小さなハサミでは切り辛い布などにもサクサク切れます。グリップもしっかりしており、普通のハサミと変わらない使いやすさと汎用性の高さです。
 

 

便利なナイロンポーチが付属

便利なマルチツールですが、常にそのまま持っているわけにもいきませんよね。
そこで、嬉しいのは付属のナイロンポーチです!

ただの付属品と思って侮るなかれ。
耐久性の高いナイロン生地の内側にクッション素材を施した本格派です。しっかりとした厚みがあります。

さらに、背面にベルクロ&スナップボタンのストラップが備わっていますので、ベルトや鞄へ簡単に装着することができます。ちなみにベルト幅(5.5cm)ほどまで取り付け可能。

 

 

持ち運びのススメ


一般的なツールポーチにもしっかり収まるサイズです。
持ち運びに更なるこだわりを求める皆様は、シーンに合わせてポーチも追及してみてはいかがでしょうか。
ちなみに写真のポーチはMagforceのツールポーチです。腰に備えておきたいという方は必見。横向きに取り付けることができるので、屈伸運動時にも邪魔にならない寸法です。

 

 

最後に


いかがでしょうか。
実は既に日本国内でも過酷な現場での使用を想定するプロフェッショナルな皆様からも注目を集めているFLAGSHIP PRO。
お一つ、備えておいてはいかがでしょうか。
ちなみに、これだけ高性能なマルチプライヤーなのですが、コストパフォーマンスにも自信あり!
よろしければ下記リンクよりオンラインストアでもチェックしてみてくださいね。

FLAGSHIP PRO / NEXTOOL をオンラインストアでみる

シーン別に考える防災グッズ特選
~水の確保・ヘッドライトの活用・車からの脱出~

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


3月11日。東日本大震災より今年で8年経過しようとしています。
KINRYUブログでは、この日に防災について備えるグッズを考えてみたいと思います。
 

 

水の確保について考える

地震をはじめ、災害時に考えられる断水。生命維持に必要な水の確保の優先度はとても高いです。
まず、常備水。そしてここで考えたいのは次の備えです。

■ Five Gallon Collapsible Water Carrier

断水時には給水ステーションや給水車へ水を汲みに行くことになるのですが、その際汲むものをが必要となります。そんな時はこれ。


耐久力のあるポリエチレン素材。約18.5Lの水を入れることができます。災害時に必要となる一人あたりの水は一日約3リットルほどだそうなので、6人家族でも最低限の水量は確保できる計算に。

注ぎ口の水栓はコック式なのでひねって水の注ぎを調節します。
さらにコンパクトに折りたためるため、備えとして保管するときも嵩張らないというのもメリットです。

Five Gallon Collapsible Water Carrier をオンラインストアでみる

 

 

■ MUV Tote Grabity Water Bag / Renovo Water

99.999%細菌を除去する高性能浄水フィルターとウオータータンク(10L)がセットになった浄水システムです。
細菌(大腸菌、コレラ、腸チフスなど)、原虫(クリプトスポリジウム)、寄生虫(ジアルジア)を除去し、雨水をろ過して飲み水とすることができます。

昨今防災の備えとして雨水利用が注目されています。そんな雨水を飲み水に、さらに簡単に利用できるとなると注目せざるを得ないアイテムです。


付属のストラップで木などに吊るして使用します。
ボトルに移して飲み水としたり。マウスピースもついているので直接飲水することもできます。

MUV Tote Grabity Water Bag / Renovo Water をオンラインストアで見る

 

 

ヘッドライトの活用を考える

ライトなどの光源は防災アイテムとしてマスト。
その中でも昨今注目されているのがヘッドライトです。災害時でも両手が空くというのは大きなメリットとなります。
夜間、トイレに行くときにもかなり重宝するという話もあるそうです。

■ ECO STAR / Nextorch

最大48ルーメン。単4電池を2本使用し、光量を調整(LOWモード)することで最大8時間点灯が可能。
IPX4の防沫性能をもっているなど、防災グッズとしての機能性も申し分なし。
さらに赤色LEDも備えており、SOS点滅も可能です。

広範囲を照らすのに向いているため、手元付近の作業にも持ってこい。


ヘッドバンドのほかクリップマウントも付属しているので、キャップや鞄への取り付けが可能なのも強みです。

ちなみに、防災ヘッドライトに必要とされる機能として光量を弱くできる否かは大事なことらしく、夜間に避難所などで手元を照らしたい。でも明るすぎると周りに迷惑がかかる。という状況も少なくないらしいです。

ECO STAR / Nextorchをオンラインストアでみる

 

■ TREK STAR / Nextorh

最大220ルーメン(照射距離73m)、LOWモードで98時間点灯が可能。(単4電池3本使用)
さらにIPX6耐水と本格的な機能性を備えています。
こちらも赤色LEDも備えており、SOS点滅も可能です。


先ほどのECO STARと比べると照射距離が長いのが特徴。
足元を照らすこともにも向いているので、移動が想定される場で重宝します。

TREK STAR / Nextorh をオンラインストアでみる

 

【番外編】Eco StarとTrek Starの併用について

今回ご紹介したヘッドライト「Eco Star」 と 「Trek Star」ですが実はアタッチメントとなるヘッドバンドが同一。つまり、用途によって使い分けることも容易です。取り外した状態でもハンディライトとして使用できるので、場合によってうまく使い分けができそう。

 

 

脱出を考える

3.11東日本大震災は津波による被害が甚大な災害として知られています。
それを切っ掛けにあるアイテムへの関心も高まりました。それが車からの脱出ツールです。
もちろん高台に逃げるというのが津波からの避難で大事なことですが、もし車から脱出しなければならないという状況に陥った時を想定した備えとして。
■ Car Escape Tool / resqme


シートベルトカッターとウィンドウブレーカーが備わった車脱出用ツールです。
コンパクトでスマートなデザインはキーホルダー感覚で常備できます。


ウィンドウブレーカー機能は底面を窓面に押し付けるだけで力強くスパイクが射出され容易に車のサイドガラスを割ることができ、何度も利用できます。 またシートベルトカッターは両刃設計になっており、利き手に関係なくスムーズな切断が可能です。

もちろん津波への対策だけというわけでなく、他の自然災害で水没してしまう危険性や事故で脱出しなければならない状況への対策としてもオススメしたいアイテムです。

Car Escape Tool / resqme をオンラインストアでみる

 

 

最後に


東日本大震災は8年経とうとしている今日も各地に影響を残しています。
それは日本に留まらず「今もなお8年前の日本の津波によるプラスチック片が太平洋を渡りアメリカ西海岸に流れ着き、それとともに生物も流入している」という記事をアメリカの科学総合誌「スミソニアン」のウェブサイトにが載っているのを先日見つけました。

ご興味ある方はこちらからどうぞ:(Sea Creatures Still Arriving in the U.S. on Plastic Debris From the Japanese Tsunami Eight Years Ago

(※上の写真はイメージです。実際の事象とは関係ないです。僕が勝手にチョイスしただけなので。)

「3.11を忘れない」というキーワードをよく耳にしますが、今も続く影響を再確認するとともに、この日を防災について考える一つの切っ掛けにしても良いのではと思います。

KINRYUオンラインストアが、防災グッズを通して少しでも
皆様のお力になれれば幸いです。

 

 

関連記事

防災グッズ – 照明編 –【マーカーライトやヘッドライトなどをオススメ】 

防災グッズ特集【3.11に学ぶ 。災害時に助けとなる状況別アイテム 】

ZERO Waterproof Socks (ゼロ ウォータープルーフ ソックス)
~防水・透湿・柔軟の三拍子が揃った高機能靴下~

KINRYUブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 
本日ご紹介したいのは、オリジナルブランド”ZERO”より新たにリリースされたこちらのアイテムです!

ZERO Waterproof Socks

最新のハイテク素材”V-TEX”を採用することで、優れた透湿防水性をそなえた高機能ソックス。それが本日紹介するZERO Waterproof Socksです。シンプルなデザインとは裏腹に、一見した限りでは計り知れないその機能の秘密をご紹介いたします。

 

 

素材

■ 防水透湿ファブリック”V-TEX”
最新のハイテク素材”V-TEX”をミドルレイヤーに採用することで、水の侵入を許さない高い防水性を備えています。さらに優れた透湿性も兼ね備えており、湿気を発散してくれるため長時間の着用でも快適な履き心地が持続。

そして、そのような透湿防水性能を持っていながら、優れた柔軟性と伸縮性を持っているのも大きな特徴です。しっかりフィットし足の稼働を妨げないので、幅広いシーンで本格的かつ気軽に活用することができます。

 
■ 表素材
表はナイロン素材。その為、水に強いだけでなく耐摩耗性に大変優れたタフなアイテムに。スパンデックスを含んでいるため伸縮性も問題ありません。

 
■ 裏素材
表素材とは異なり、裏地には肌触りの良いコットン/ポリエステルを採用しているため、吸湿性もよく快適な着用感です。

このようにそれぞれの層にそれぞれの役割を担った素材を配することで、より機能的なソックスに仕上がっています。

 

 

防水性能をテスト

せっかくなので、水に浸してテストしてみました。
浸すこと数分。表面は写真のように濡れ感が生じますが、V-TEXのメンブレンより中へは全く水を通すことなく実験に協力してくれたスタッフの重ね履きしている中の靴下は少しも濡ることがありませんでした。

 

 

防水ソックスはこんな時にオススメ!

キャンプやフィッシングなどなどのアウトドアシーンでの活躍は間違いないでしょう。悪天候への対策として重宝します。また、すでに災害現場などのプロフェッショナルな側面からも注目されています。適度な厚みを持ったクッション性とオールシーズン着用できる汎用性の高さも好評価をいただいているポイントです。

シンプルな見た目や柔軟性に優れた履き心地から、気負うことなく着用できるので雨がひどい日の普段履きとしても活用できそうです。

また、背の高いブーツを着用するときなどはブーツソックスに重ね履きもオススメ。着部を保護しながら防水が必要な部位をカバーできるのでお試しあれ。

 

 

お手入れについて

もちろん洗濯機でのお洗濯にも対応していますが、より長くご利用いただくために手洗いをオススメいたします。
40度以下のぬるま湯に適量の洗剤溶かし、手で優しく揉み洗いしてください。干すときは、直射日光の当たらない風通しの良い場所で自然乾燥させるのがベスト。

※注意したいポイント!※
すすぎが不十分で洗剤が残っていると透湿性低下の原因になりますので、きれいな水で十分にすすいで頂くと良いでしょう。
 

 

最後に

いかがでしょうか。当店が自信をもってご案内する最新オリジナルアイテム。ここまで機能性の詳細をご説明しましたが、実はコストパフォーマンスに優れている点も知っていただきたいです。
詳細を含め、オンラインストアでも一度チェックしてみてくださいね。

ZERO Waterproof Socks をオンラインストアでチェック!!

店長が選ぶ2018年ベストセレクション
来年に向けて再チェックしておきたいアイテム

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

突然ですが年末緊急企画!!
「店長が選ぶ2018年ベストセレクション」と題して、今年の振り返りと共に再度チェックしておきたいアイテムを独断で選考いたしました。
部門別に今年売れたものや話題になったものを僕の主観的な解説を添えてご紹介します。

 

 

キャリーギア部門

Super Falcon(mf-0515) / Magforce
昨今、キャンプあるいはブッシュクラフトに注目が集まる中、やはり今年も人気を博したバックパックがこれでした。
1000デニールの厚手ナイロン生地にテフロン加工やTPUコーティングが施された素材を強固に縫製してできた絶対的な耐久性を持つこのアイテムはアウトドアに限らず過酷な環境下での利用に重宝されています。
加えて、MOLLEシステムを利用できるウェビングを備えていることによる高機能拡張性もアウトドアを楽しむ方々に満足いただけているようです。

永くご愛用頂けるアイテムなので、本格的かつ多様性をもったバックパックをお探しの方へかなりオススメです。
ちなみに、今年はOD GREENカラーの人気がすごかった。

Super Falcon(mf-0515) / Magforce をオンラインストアでチェックする
 

 
Legion Day Pack – Multicam / CANNAE
迷彩柄の中でも、やはりMulticam(マルチカム)の人気は高いです。
ミリタリーバッグブランドが手掛けるタクティカルバックシリーズにそのMulticamがニューカラーとして登場すると人気が出るのは必然なのかも。
もちろん、コーデュラナイロンを採用し、MOLLEシステムに対応するウェビングなどの実用的なギミックを施すことで実現したハードユースに耐える本格派なバッグだからこそ、この柄がシックリくるのだとおもうのです。

CANNAEは日本での取り扱いが始まって、まだ2年弱くらいなのですが、着実にその知名度も高まっているように感じます。自衛隊などの本格的な現場でも重宝され始めていることもあり、今後も目が離せないブランドとなっています。

Legion Day Pack – Multicam / CANNAE をオンラインストアでチェックする

 

 

アパレル部門

Spectrum Hoodie / Prometheus design werx
袖を通した瞬間から着心地の良さを実感できることに驚いた一枚です。
高機能フリース「POLATEC(ポーラテック)」のハイグレード生地を採用しただけでなく、細部の縫製にまでこだわった逸品。リリース当初からじわじわと評価が高まり今では立派な人気アイテムに。
Prometheus design werxは、昨年の暮れに当店KIRNYUオンラインストアで取り扱いが始まり(日本初上陸)、まるっと一年たちました。”Triple Aught Design”の創業者”Patrick York Ma”氏によってたちあげられたPrometheus design werx。コダワリの詰まったプロダクトの数々を今後もぜひご注目下さい。

Spectrum Hoodie / Prometheus design werx をオンラインストアでチェックする
 

 
Bush Craft Softshell JKT / Magforce
もう、Magforceアパレルを代表するロングセラーセラーアイテムです。やっぱり今年も終始人気でした。
スパンデックスを含んだナイロンリップストップ素材による耐久性と柔軟性を両立した高機能性は唯一無二。「着る鞄」というコンセプトのもと開発されているだけあって、収納力にも絶対的な自信あり。秋冬春とシーズン通して活用できるのも強みのように思います。
アウトドアから普段使いまで幅広く着用できるので、活躍する場面も必然的に多くなる一着です。

Bush Craft Softshell JKT / Magforce をオンラインストアでチェックする

 

 

アクセサリー部門

Cobra Tie Down Belt (MF-3056) / Magforce
Cobraバックルを利用したタクティカルベルトは「タフ」というワードがしっくりきます。今年はベルト部分がタンカラーのニューバージョンが登場し話題を呼びました。このタンカラーはデニムにもすごく良く合うのでお試しあれ。

このベルト、耐久力の高さはさることながら、バックルによってワンタッチで着脱できるというのもポイント。堅牢な金属がカチッ!とはまる感触が気持ちいいので、ついついはずして付けてを繰り返してしまいますが、外では誤解を生むので控えたいところです。

Cobra Tie Down Belt (MF-3056) / Magforce をオンラインストアでチェックする
 

 
Web Dominator
余ったストラップなどを束ねたりできるウェブドミネーター。圧倒的に人気で、まとめてご購入下さる方も多いです。一度使ってみるとその利便性の高さに嬉しくなるはず。バックパックには必須ともいえるパーツなのでお持ちでない方は検討してみてはいかがでしょうか。

詳しい使い方はこちらのブログでも紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

Web Dominator をオンラインストアでチェックする

 

 

店長が選ぶナイスデザイン部門

Hercules Hoody (C-1102) / Magforce
個人的にも今年一番の衝撃を与えてくれた一枚。
プルオーバータイプの中綿ジャケットにミリタリー要素を加えた新鮮なデザインは、ミリタリーブランドとしての「らしさ」を上手にまとめたMagforceの意欲作といえるのではないでしょうか。もちろんミリタリー的ギミックの数々にはすべて意味があり、「着る鞄」といえるストレージ能力をもった一着となっています。
素材に500デニールの厚手ナイロンを使用している点も驚きでした。当然、かなりの耐久性を持ったウェアなので、じっくりと着こなして頂くと愛着が生まれるはず。

Hercules Hoody (C-1102) / Magforceをオンラインストアでチェックする
 

 
S.H.A.D.O. Pack 28L / Prometheus design werx
これは僕の好みも色濃く反映されているセレクトなのですが、
アーバンな雰囲気とクラシックなアウトドアバッグに感じる味わいが融合したようなシンプルで洗練されたデザインが好きです。
アウトドアレジャーはもちろん、普段から使いたいです。これ1つでブラっと旅行したいなぁと密かに計画しています。

S.H.A.D.O. Pack 28L / Prometheus design werx
 

 

特別部門

M-51 Fishtail Parka Shell
モッズコートの名でも知られるM-1951 Fishtail Parkaはミリタリーウェアの名作。当時のデッドストックものはなかなか市場に出回らない昨今、老舗米軍納入メーカーによるリプロダクションアイテムとしての復刻したこちら。僕も、いの一番に購入。リプロダクションアイテムということでコントラクトナンバーはないのですが、ほぼ当時の仕様のアイテムがキレイな状態で手に入るのは、これはこれで嬉しいです。縫製も丁寧にされている印象を受けました。

ということで最近の休日は喜んでこれを着て出かけています。
コチラのブログでもM-51について歴史やカルチャーを添えてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

M-51 Fishtail Parka Shell をオンラインストアでチェックする
 

 
LALO Zodiac Recon AT / LALO tactical
Lalo Tactical より待望の新作が発売され話題を呼びました。ランニングシューズモデルとして発売されていたZODIAC RECONの全地形型として新たに登場したアイテム。僕も購入して普段履いているのですが、とにかく軽い。そして軽いのにヘタることがなくタフ。ソール厚もしっかりしているので履いてて疲れないように思います。ランニングシューズとしてはまだ使用していないので、走ることがあれば、そのうち感想がお伝え出来たら良いなと。バリバリの高機能シューズなのですが普段履きで使いたいと思えるクールなデザインも気に入っています。

LALO Zodiac Recon AT / LALO tacticalをオンラインストアでチェックする

 

 

まとめ

唐突に開催したキンリューベストセレクション。いかがでしたでしょうか?
僕の主観的な意見も混ざっているため、「ベスト」なんて大それたものではないかもしれませんが。
今年のKINNRYUオンラインストアは取り扱いアイテムがグッと増えた一年でした。実は、ほぼ毎週、2~3点もしくはそれ以上の商品が追加されていたのですが、お気付きでしたでしょうか。頻繁に訪れていただいても楽しめるストアになっているはずなので、今回のベストセレクションなんて僕の自己満足めいたものだけでなく、KINRYUオンラインストアを隅々まで愉しんでいただけたら嬉しいかぎりです。

 

 

年末年始の営業日のご案内とご挨拶

今年もKINRYUブログを気に留めて頂き、ありがとうございました!
気の赴くままにブログを記し始めて一年半ほど経ちました。やっと特色のようなものも出せるようになってきたと思っているのですが、まだまだですね。週一で更新するいう公言がほぼ守られているので及第点といったところでしょうか。向上心をもって頑張りたいです。よかったらご感想お聞かせください。
来年も皆様にご参考頂けるブログを綴っていければと思っております。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

最後にKINRYUオンラインストアの休業日のご案内です。

【休業期間】
2018/12/29(土)~2019/1/3(木)

休業期間中もご注文は承りますが、商品発送またはメールでのお問い合わせに関しましては、1/4(金)より順次ご対応させて頂きます。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

それではまた、2019年に。良いお年をお過ごしください。

防災グッズ – 照明編 –
【マーカーライトやヘッドライトなどをオススメ】 

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

過去にも何度か防災グッズについても取り扱ってきたKINRYUブログですが、本日は光源となるライトをピックアップしての特集です。

災害の種類問わず起こる可能性がある停電。その時の備えが昨今注目されているようです。

そんな防災グッズとしての光源を選ぶポイントとしては点灯時間や使用バッテリー、さらに耐久性や価格帯などを含む備えやすさ。そのあたりをチェックしながらご覧いただくと良いかもしれません。
 

 

携帯小型マーカーライト

【GLO-TOOB / Nextorch】
マーカーとしてはもちろん緊急時の簡易ランタンとしても機能することから防災グッズとしても注目されている小型ライトです。

単四電池一本を使用し、光量を調整することで最大15時間の連続点灯が可能。
非常用の簡易ランタンとして身に着けていると安心します。

夜間非難しなければならない状態ではマーカーライトとして機能するので、なかなか頼もしい。持ち出し用のバッグに取り付けておくのも良いです。

GLO-TOOB / Nextorch をオンラインストアでみる
 

 

マルチに活躍するオールインワン型

【3-in-1 LED Mini Light / NiteIze】
フラッシュライトに非常灯、さらにはランタンまで。これ一本で何役もこなす優れモノです。

エマージェンシーライトとしても活用できます。
掌に収まるほどのコンパクトサイズなので、嵩張らないのも利点。
さらに単三電池一本で使用できます。

そしてランタンモードも搭載しているのは心強い。
最大で9時間の連続点灯が可能です。

3-in-1 LED Mini Light / NiteIzeをオンラインストアでみる
 

 

使い所を選ばないランタン

【UL360 Utility Pocket Lantern】
コンパクトなランタンとして、ぜひ常備しておいてほしいアイテムがコチラ。

単三電池を一本使用で最長30時間点灯可能。
マグネットで固定できます。

マグネットがつかない場所でもモチロンOK。
エラスティックコードと小型カラビナが付属しているので、設置場所を選びません。

野外作業においても手軽な照明アイテムとして活用できるのでお勧めです。

UL360 Utility Pocket Lantern / Nextorchをオンラインストアで見る

 

 

電池・火不要のケミカルライト

【Cyaliume 6″SnapLight】
実際に軍隊などでも光源として重宝されているケミカルライト。火や電池不要で安定した明りが手に入るので防災アイテムとしても注目されています。

ロープなどに吊るすことができるフック付きなのもミソ。

使い方も簡単。袋から取り出し本体を折り曲げ少し振るだけです。
カラーにもよりますが、8~12時間使用することができます。

Cyalium 6″SnapLightをオンラインストアで見る

 

 

作業に必須なヘッドライト

Eco-star / Nextorch
防災の備えとして必須ともいえるヘッドライト。両手が空くという大きな利点をもち災害現場で重要なツールとなります。

赤色LEDまで備えた多機能性やIPX4の防水性能。
単四電池2本で使用できる手軽さに反してランタイムも最大で49時間(Lowモード)と申し分なし。ちなみにライトの向きも上下180°自在に調整できます。

クリップアタッチメントも付属しているので、鞄やベルトへ取り付けて使用することもできます。ヘッドバンドからの付け替えもワンタッチで簡単。
ハンディライトとしても使えるので必要な時に必要な形で利用できます。

Eco-star / Nextorch をオンラインストアで見る

 

 

最後に

いかがでしょうか。
ライトなどの光源となるものは災害への備えに必須なアイテムとなるものです。
皆様の必要とするアイテムが見つかったら幸いです。

防災グッズ特集【3.11に学ぶ 。災害時に助けとなる状況別アイテム 】

4つのタイプ別に選ぶ防災ライト
【ヘッドライト・ハンディ・ミニライト・手回し充電】

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

先週に続き、今回ももオススメなライトをご用意しました。
特に、防災という観点から選ぶライトをタイプ別にご用意しましたので、皆様の防災グッズ構成の参考になれば幸いです。

 

 

1)ヘッドランプ

まずはヘッドライト。
いろんな種類の中で実際の被災者の声によりその有用性が認知し始められたのがこのタイプ。
両手が使えるとという事が救助活動を含め、作業活動が多くなる災害現場では大きなメリットとなるようです。

 
おすすめアイテム
【Nextorch / Eco Star (エコスター)】
多彩な点灯モードを持ったマルチLEDヘッドランプ。
コンパクト・軽量かつ、最大49時間の点灯性能(LOWモードにて)を持っています。

Highモードで49ルーメン、最大照射距離は19mです。先に少し触れましたがLowモードで49時間点灯が可能。
赤色のライトは夜目の順応に効果的ですし、SOS点灯モードも備えています。

防水性能は「IPX4」。これは全方向の水の飛まつに対して保護されている上位の生活防水レベルです。
また、1メートルの高さから落としても耐えられる耐久力を持ち、十分に野外での使用に耐えうる機能性を持っているといえます。

できれば人数分用意しておきたいヘッドライト。
高機能かつリーズナブルなお値段のECOSTARは優れた防災グッズと言えそうです。

Nextorch / Eco Star (エコスター) をオンラインストアで詳しくみる

 

 

2)手回し充電式ライト

半永久的に使用できる充電式ライトも災害グッズで注目されるアイテムの一つです。
昨今は携帯電話の充電ができるタイプもあり、その重要度は高くなっているように感じます。

 
おすすめアイテム
【Spaver / Mini Dynamo & Telescopic Camping Lantern】
手回し充電が可能なLEDライトランタンです。多彩な機能を持ち、コンパクトに収納・持ち運びが可能です。

ランタンとしてはもちろん、スポットライトとしても機能します。

付属のケーブルを使用することで、他の機器への電気供給も。

Spaver / Mini Dynamo & Telescopic Camping Lantern をオンラインストアで詳しくみる

 

 

3)ハンディライト

ライトの基本となるのはこのタイプ。
取り回しが良く持ち運びやすいものも多いので、基本として押さえておきたいですね。
防災グッズの中以外にも、車や通勤鞄へ忍ばしておくとイザという時の備えになります。

 
おすすめアイテム
【NiteIze / 3-in-1 LED Mini Light】
コンパクトな手のひらサイズながら、緊急時にも多彩な性能を発揮するアイテムです。

ANSI FL1 Standardに乗っ取ってウォーターレジスト性能表記となっているので、IPX4相当の耐水アイテムです。先に紹介したヘッドライトと同様全方向の水の飛まつに対して保護されている上位の生活防水レベルです。


また、ランタンモードやエマージェンシーライト(赤色ライト-SOS点灯)も備えているため多様な活躍が期待できます。

単三電池を一本使用するタイプです。単三電池は災害時でも比較的手に入りやすいため、これも防災アイテムとしてのアドバンテージとなります。

NiteIze / 3-in-1 LED Mini Light をオンラインストアで詳しくみる
 

 

4)携帯できるミニライト


昨今の防災への考えで”0次の備え”という概念があります。
これはいつ起こるかわからない災害に対して、外出時に発生することも想定し常に携帯しておくべき備えを指します。

しかし、普段からかさばる様なアイテムを持ち歩くのはなかなか至難の技。
そこで、ミニマムなサイズのライトが重宝されます。
キーホルダータイプなど、カギと一緒にまとめておいたりできる物もチェックしてみると良いでしょう。

 
おすすめアイテム
【STREAMLIGHT / Nano Light】
小さいとて侮るなかれ。このサイズで10ルーメン(8時間点灯)。さらに素材には航空機に使用されるレベルのアルミニウムを使用。表面にアルマイト処理を施すことで耐食性も増し増し。永く利用できる耐久性をもっています。

それにしても小さい。重さも10g。これなら常に持ち歩いていても苦になりません。それどころか、丁度いいキーアクセサリーになってくれそうです。

STREAMLIGHT / Nano Light をオンラインストアで詳しく見る

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
いろいろご紹介しましたが、災害時でもそれぞれに活用するメリットが存在します。
使用シーンや用途にあった物を用意しておくことでいざという時の助けになるので、タイプ別にライトの「備え」を考えてみても良いのではないでしょうか。

今回紹介したライト以外も一度チェックしてみてくださいね。

KINRYUオンラインストアのライトコーナーをみる

 

 

関連記事

NEXTORCH LED Flashlight 充電式 LED フラッシュライト

防災グッズ特集【3.11に学ぶ 。災害時に助けとなる状況別アイテム 】

NEXTORCH LED Flashlight
充電式 LED フラッシュライト

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

フラッシュライトなどポータブル照明のリーディングブランドである”Nextorch”(ネクストーチ)。
多くの国で販売される世界的なプロダクトの数々は、タクティカル~アウトドアなど各ジャンルにおいて専門的であり高品質をモットーに生産されています。そして今日、日本国内においても高い評価を集めるほど。

本日は、そんなNextorch(ネクストーチ)のニューアイテム。
充電式の多機能LEDフラッシュライトを2型ご紹介します。

 

 

【E51 Flash Light】

持ち歩きにもオススメなコンパクトサイズでありながら最大出力1000ルーメンの高性能LED搭載。
さらにリチウムイオン電池を利用した充電式です。

 

・光の特徴

※壁まで約2.5m程の位置から照射しています。(マネキンくんの推定身長は174cm)
光色は白色(Cool White)。はっきりとした輪郭でものを認識できます。
最大照射距離は195m。

 

・5つの点灯パターン

クリック&タップと認識するテールスイッチにより多彩な点灯モードを使い分けます。
その操作方法をまとめてみたのでご覧ください。

※便宜上、全押し=プッシュ / 半押し=タップ として表記しています。
通常の点灯モードはHigh・Mid・Lowの3つ。
図のように点灯→消灯後、3秒以内に再点灯することで次の光量へと切り替わります。

ちなみにランタイムはそれぞれHigh(3時間45分)・Mid(5時間45分)・Low(70時間)。

モーメンタリー(=スイッチを押している間のみ点灯)は、半押しをキープすることで利用します。

半押し→全押しを素早く行うことでストロボモードへと切り替わります。

 

・USBを利用した充電システム

ヘッド部を回転させるとmicro USBの差込口が現れます。
USBケーブルは付属していますが、もちろん市販のUSBケーブル(A ⇔ micro B)でも代用できます。

携帯電話の充電に使用するようなUSBのコンセントACアダプターやパソコン、モバイルバッテリーなどを利用してチャージ。
電圧にもよりますが、家庭用コンセント利用で4時間ほどの充電時間となります。

 

・素材とIPX8の防水性能

耐久性・耐食性に大変優れた6000系アルミ合金を採用、さらに高いレベルの防水性能(IPX8、2m)を持っておりハードユースに耐える仕様。
キャンプをはじめとしたアウトドアシーンや、いざという時の為に持ち歩くEDCアイテムとしても十分にオススメできます。

IPX8は国際電気標準会議の規定おけるIP(インターナショナルプロテクション)コードと呼ばれるものです。IPX8=防水性能を表す基準の最高位である8級を意味します。ちなみに8級は「継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)」と定義されていて、コードとは別に対深度が記されていることが多いです。
今回のアイテムの場合、2mとついているので水深2メートルにおいての8級の防水性能ですよ。ということ。

Nextorch/E51をオンラインストアで見る
 

 

【PA5 Flash Light】

温白色(※後述)の光をもった多機能フラッシュライト。
コンパクトですが、多彩な点灯モードと最大660ルーメン最大照射距離220Mのハイスペックアイテムです。
もちろんコチラも充電式です。

耐久性・耐食性に大変優れた6000系アルミ合金を採用、また防水性能はIPX4(防まつ形)。

 

・光の特徴

光色は温白色(Neutral White)。演色性も良く自然な物の見え方です。長時間点灯でも目に優しい。

※壁まで約2.5m程の位置から照射しています。(マネキンくんの推定身長は174cm)

ヘッドを回転させることでスポット照射~ワイド照射。(ヘッドは360°際限なく回ります。)
光にムラがないのも搭載されたLED球の大きな特徴です。最大照射距離は220m。

 

・5つの点灯パターン

クリックとタップを認識するテールスイッチにより多彩な点灯モードを使い分けます。
先ほどのE51とはまた違ったパターンを備えています。こちらも操作方法をまとめてみたのでご覧ください。

※便宜上、全押し=プッシュ / 半押し=タップ として表記しています。
通常の点灯モードはHigh・Lowの2つ。切り替えは至って簡単。点灯している状態で半押しです。

ちなみにランタイムはそれぞれHigh(3時間55分)・Low(32時間)。

モーメンタリー(=スイッチを押している間のみ点灯)は、半押しをキープすることで利用します。

半押し→全押しを素早く行うことでストロボモードへと切り替わります。

最後にSOS救難モード。
これは点灯している状態で半押しを3秒間キープ(長押し)で切り替わります。

 

・USBを利用した充電システム

テール付近を引っ張り上げるとmicro USBの差込口が現れます。
USBケーブルは付属していますが、もちろん市販のUSBケーブル(A ⇔ micro B)でも代用できます。

携帯電話の充電に使用するようなUSBのコンセントACアダプターやパソコン、モバイルバッテリーなどを利用してチャージ。
電圧にもよりますが、家庭用コンセント利用で4時間ほどの充電時間となります。

Nextorch/PA5をオンラインストアで見る
 

 

採用充電池について

今回ご紹介した2タイプどちらも18650タイプのリチウムイオン電池が一つ付属しています。

 

 

最後に

フラッシュライトは見ているだけでもワクワクするアイテムでもありますが、アウトドアレジャーが盛んになるこれからのシーズンにもゼヒ押さえておきたいアイテムです。

また、アウトドアシーン以外においても防災用など利用シーンも幅広いです。いろいろ比べてみて検討してみても良いかもしれませんね。

KINRYUオンラインストアのライトコーナーを覗く

 

 

関連記事

GLO-TOOB

防災グッズ特集【3.11に学ぶ 。災害時に助けとなる状況別アイテム 】

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

3月11日、東日本大震災から今年で早7年。
今だ記憶から薄れないこの大災害の日を前後して各地、各方面で防災運動が行われています。

そこで本日のブログでは「防災」について考えたいと思います。

東日本大震災の死因の大半は津波に溺死、ここから大きく差がありますが次いで損傷・圧死と続きます。
内訳はさらに細分化されますが、防災グッズを用いることで助かる可能性が上がる状況をピックアップしてみました。

 

 

水没する車から脱出するために。

3.11で最も被害を出した津波。
車から脱出できずに命を落としてしまうケースも少なからず存在したそうです。

※車からの脱出云々に関わらず津波となれば巻き込まれてしまうだけで絶対絶命なのですが、助かる可能性を1%でも見出すためにも備えるアイテムとしてエスケープツールはマストなのではないかと思うのです。

1) Emergency Hammer エマージェンシーハンマー / SWISS TECH
まずは確かな能力を発揮するベーシックなカーエスケープツールです。
ウィンドウブレーカーとシートベルトカッターを備えています。

その他フラットハンマーも備わっているので、単純な工具としても使用できます。

Emergency Hammer / SWISS TECHをオンラインストアで見る

2) Car Escape Tool カーエスケープツール / respme
ウィンドウブレーカーとシートベルトカッターを備えたエマージェンシーツールです。
このツールの最大の特徴な、なんといってもコンパクトであること。
車内に閉じ込められている状態ではやはりパニックに陥ってしまうことでしょう。

そんなとき、もっとも目に入り手に届く場所に用意しておくことはとっても大切。車のカギと一緒にまとめておいたり、ルームミラーに提げておいたり出来るメリットは大きいでしょう。
キーリングのパーツは強く引っ張ることで本体を取り外せるので咄嗟に使用できます。
ガラスを割るときはこのヘッドを面に押し当てるだけ。
ニードルが射出され、容易に割ることが出来ます。(※繰り返し使用可能)

ちなみに、、、、
脱出する際に割るガラスはサイドかリアを選びましょう。
特殊なフィルムが施されているフロントガラスは割れ辛いそうです。

Car Escape Tool / respme をオンラインストアで見る

 

 

下敷きになったときに助けを呼ぶために。

地震時、瓦礫や家具の下敷きになってしまったり部屋に閉じ込められたとき、助けを呼ぶ際に用いると効果的なのがホイッスルです。災害時は塵なども多い状態、大声で助けを呼ぶとなると喉を痛めかねないですし体力も大きく消耗してしまいます。
常にホイッスルを身近に用意しておくことが助けとなるのです。

1) Storm Safety Whistle ストームセーフティーホイッスル / STORM
米国海軍特殊部隊や米国湾岸警備隊、警察機関などでも使われているセーフティホイッスルです。
特殊な構造によって少ない力で大音量を発することが可能。騒音や爆発音などの中でも人が一番聞き取りやすいといわれる周波数3150ヘルツに調律されているため遠くまで警笛を届けます。

手にグリップする特殊な形状は少しユニーク。
キーホルダー感覚で持ち歩いても様になる存在感もオススメ理由の一つです。
この記事の中で何度も繰り返すようですが、常に持ち歩くことが緊急ルールにとって大切なポイントなのです。

Storm Safety Whistle / STORM をオンラインストアで見る

2) ZERO Whistle ゼロホイッスル / ZERO
フラットタイプのシンプルなホイッスルです。
素材にガラス繊維が含まれているデュポンデルリン25を使用することで、見た目以上の耐久性を持っているのでラフに持ち歩いてOK。

背面にクリップがついているので、ウェビングなどに取り付けておくのも良いです。
比較的気軽なコストで用意できるアイテムなので、必要に応じて複数個用意するのも良いでしょう。

ZERO Whistle / ZERO をオンラインストアで見る
 

番外編1.夜間の災害に備えて

直接の死因に繋がることではありませんが、夜間に災害に見舞われたとき大切になるのが光源です。

以前こちらの記事でも触れましたが。暗闇の中、光源なしで非難するのは大変な危険が伴います。

もちろん、現代はスマホのライト機能もありますし光源がゼロになることは少ないのかもしれません。
しかし、スマホのライト、中々どうしてバッテリー消費してしまいます。加えて通話やメール、マップ機能など災害時に使いたい機能は他にあるわけで全てを一つの端末で補うのは無理というもの。

そこで大切になってくるのが、”携帯している光源”です。

1) Nano Light ナノライト / STREAMLIGHT
超軽量かつミニマムサイズのポケットLEDライトです。
小さいからと侮るなかれ。そのボディからは想像できないほどの視認性の高い光源に加え、耐久性と耐水性も兼ね備えている為、野外での使用にも十分活躍するアイテムです。

車のカギと一緒にしておくのも便利。
緊急時だけでなく、普段のちょっとした時にも使用できる汎用性もうれしいですね。

Nano Light / STREAMLIGHT をオンラインストアで見る
2) GLO-TOOB グローチューブ / NEXTORCH
大人気アイテムでもあるコチラ。視認性に優れたLED光源を採用した電池式のマーカーライトです。
手軽な光源を確保できるほか、一定の間隔で点滅するビーコンモードを搭載しているのでエマージェンシーグッズとしても大変好評な一品です。

過去のブログでも詳しく取り扱っているので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね♪
GLO-TOOB グローチューブについて過去のブログ記事で詳しく知る

GLO-TOOB / NEXTORCH をオンラインストアで見る

 

 

番外編2.備えを備えるために

最後は防災グッズを収納するのに最適なキャリーギア(ポーチ類)のお話を少々。

せっかく防災ツールを用意したとしても、いざという時に傍になければ意味を成しません。
そこで、提案したいのがEDC(evryday carry)という発想。毎日持ち歩くことは、いつ遭遇するやもしれぬ災害に対してもとても有効。

当然、毎日一つ一つのツールををポケットに忍ばせて、、なんて無理でしょう。
最適なキャリーギアが必要なのです。

1) Pocket Organizer ポケットオーガナイザー / Magforce

KINRYUオンラインストアでも無類の人気を誇るユーティリティーポーチ。
ポケットに入るほどの大きさで、いつも使っている鞄に忍ばせておくのにも最適。
小物の収納も得意なので、スマートにツールを持ち運べます。

最近再入荷したてホヤホヤ。入荷毎に売り切れ必至なので、お早めに♪

 

 

最後に

災害自体を防ぐことは困難なことですが、備えることで助かる可能性を少しでも上げることが出来るのです。
これを機に身の周りの備えについて考え直してみるもの良いのではないでしょうか。
KINRYUも微力ながら皆様の”備え”をお手伝いできればと考えています。

開催期間:2018/3/2(金)13:00~2018/4/2(月)13:00まで

上記の期間、防災特集と称して対象アイテムの獲得ポイントを10倍に致します!!
(※ポイント獲得には会員登録が必要となります。)
ぜひこの機会をご利用くださいね♪

ポイント10倍キャンペーン対象防災商品へ