PDW Morale Patch – Vol.7 ~ミリタリーワッペン最新作

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 
皆様お待ちかね!Prometheus Design Werxの新作パッチが今月も入荷しました。

今回は8種類。毎度ワクワクさせてくれますね。
前回、即完売だったパイル刺繍パッチや、僕も大好き「宇宙」シリーズ(しかもアポロ11号50周年モデル)などなど見逃せないラインナップです♪

ぜひ、ご覧ください。

 

 


アポロ11号月面着陸50周年 アニバーサリーモデル

1969年の7月、人類は初めて月に降り立ちました。アポロ11号月面着陸より今年で50周年。

宇宙好きにとってはチョットしたお祭りムードでして、この記念すべき年の特集雑誌なども買いあさってしまう僕。そんなことはさておき、やはりPDWもアニバーサリーパッチをリリースしてくれました!
 

■ PDW Buzz 50th Anniversary LTD ED Morale Patch
今作はバズ・オルドリン宇宙飛行士にフィーチャー。彼が星条旗と共に映る有名な写真を精密な刺繍で表現しています。

モチーフとなっている写真がこちら。これは彼、バズ・オルドリン氏が星条旗に敬礼しているシーンです。月の表面、レゴリス(月の砂)の下が硬く5cmぐらいしか刺すことができなかった星条旗。倒れないか心配しながらのワンシーンだったようです。

PDW Buzz 50th Anniversary LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

■ PDW Moon Footprint 50th Anniversary LTD ED Morale Patch
月に降り立った最初の人類の足跡として有名な写真を精密な刺繍で表現しています。

モチーフとなっている写真がこちら。
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」-ニールアームストロング

PDW Moon Footprint 50th Anniversary LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


幼いころのワクワクを胸に冒険へ。

■ Never Say Die 2019 LTD ED Morale Patch
80年代の映画からインスピレーションを得て出来た刺繍モラールパッチです。
海賊を思わせるデザインは、幼いころ誰しもが憧れた「冒険」に想いを巡らせずにはいられません。モチーフとなっているのは映画「THE GOONIES」の海賊「片目のウィリー」でしょう。パッチの下部に施された「ネバーセイダイ」の文字は作中でも合言葉として登場します。

少し話がそれますが、作中で用いられていた「片目のウィリー」は本物の髑髏で撮影していたらしいです。それを知ってから再度映画を鑑賞するとウィリーを見る目が変わります。。。
何にしても、名作にオマージュをささげたインパクトある一枚になっているので、ぜひ手に入れてください。

Never Say Die 2019 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


地球という惑星は冒険であふれている

■ Global Explorer V1 Morale Patch

地球という惑星を冒険の舞台として描くPDWのオリジナルグラフィックが刺繍モラールパッチに。私たちの住まう星にはたくさんのアドベンチャーが潜んでいるという想いを「Global Explorer」という言葉に乗せて表現しています。

Global Explorer V1 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


野外のことなら彼に聞け。大人気デンジャーレンジャーベア

PDWブランドを代表するキャラクター「デンジャーレンジャーベア」は超人気モチーフです。でも残念ながらPDWのパッチは枚数に限りあるプレミアムなアイテム。手に入れることができたのならば、もはやラッキーなのでは?と思うほど売り切れ必至状態となっています。 今回は嬉しい事に2つの新パッチが登場していますので、ぜひお早めにチェックを!

 

■ DRB Mischief Flocked Morale Patch
前回は即完だったループ刺繍を用いたモデルのニューバージョン! ループ刺繍はサガラ刺繍ともいわれ、太めの糸を用いてモコモコとした表面に仕上げます。贅沢なボリューム感がキャラクターのチャーミングさとマッチした至高の一枚です。

DRB Mischief Flocked Morale Patch をオンラインストアでみる

 

■ DRB Red Series Pipe LTD ED Morale Patch
ニヒルな笑みを浮かべる彼。お気に入りのブライヤーパイプを咥えてリラックスしています。

DRB Red Series Pipe LTD ED Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


グレート・スピリット宿るウサギモチーフ

■ PDW Confident Rabbit Classic Morale Patch
ウサギがパイプ煙草を嗜んでいる様子を表現した刺繍パッチです。
ネイティブアメリカンにおいてウサギとパイプタバコはともに神聖なものとして扱われていました。ウサギは大地の精霊の使いとしてネイティブアメリカンの伝統工芸品のモチーフにもよく利登場します。また、パイプタバコは儀式を行う際に用いられていたのだとか。 そんな背景に敬意を払い、クラシックイメージに仕上げた一枚です。

PDW Confident Rabbit Classic Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


突如として現れたハイブリッドモンスター

■ SPD Memento Mori Kraken Morale Patch
ブランドを代表するキャラクターが合体。「メメント・モリ スカル」と「クラーケン」のハイブリッドモンスターが誕生しました。その姿は、幼いころに思い描いた火星人さながら。
そういえば火星人がタコの形をしているイメージは小説「宇宙戦争」かららしいですね。

これとこれが合体しています。正直、最初は人気モチーフだからといって安直な合体なのでは?と思っていましたが、、、いざ実物をつけてみると、この癖の強さが良い。
普通であれば、このように複雑な形のパッチは刺繍をもう少し細糸で施すことが多いのですが、あえてワイルドに仕上げた意図が垣間見えるのです。

SPD Memento Mori Kraken Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


最後に


いかがでしたでしょうか。
今回もセンスの高さが伺えるパッチが揃っていますね。
枚数に限りがあるプレミアムなアイテムなので、売り切れてしまう前にゼヒ一度はチェックしてみてくださいね。

Prometheus Design Werx のパッチ一覧へ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.6 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.5 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.4 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.3~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

店長ミヤタが2019年上半期を振り返り、今後を想う

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

やや大げさなタイトルとなってしまいましたが、今ブログでは既に折り返しを過ぎた2019年の半ばにKINRYUオンラインストアでは店長を務めさせて頂いている僕、ミヤタが昨今の傾向や今後の展望についてツラツラと書き留める内容となっています。お盆休みのちょっとしたお時間に軽い読み物としてご覧いただけると嬉しいです。
他では知りえない業界的(?)な小話も挟んで綴りますので、お愉しみください。

 

 


■ 500デニール、タンカラーの出現によって

やっぱり最初は当店のメインブランドとなるMAGFORCE(マグフォース)の傾向を話しておくべきでしょう。
上半期にリリースされた新アイテムの中でも、おおきな話題となったアイテムがコチラ。


500デニールのオリジナルナイロンファブリックを用いた新シリーズの先鋒として登場したGemini Sling Bag (MF0498)。街使いにも馴染むサイズ感やデザインに500デニールという素材感がマッチして予想以上の反響を生みました。さらにTANカラーという今までのラインナップにない新色も登場し欠品となってしまうほどの人気に。

ちなみにデニールとは生地を構成する糸の太さの単位。500デニールの場合、糸が9000メートルで500gの重さであるという意味です。直接糸の太さを示すものでないため、同じ500デニールの生地でも厚みが違うなんてことも起こり得るということです。

話がすこし逸れてしまいましたが、

1000デニールのナイロン素材を採用したアイテムが主だったMagforceにとって新風を吹き込む500デニールシリーズ。


もちろん、500デニールとて耐久力には自信あり。さらに軽さと柔軟さが特徴となりますので、普段使いとしての活躍場面を増やしてくれる素材となっています。

もちろん、より本格的で強靭な鞄がご必要な方は1000Dナイロンシリーズをお選び頂けると良いかと思います。

いずれにしても、この500デニールシリーズの登場によって
今後のMagforceでは素材の特徴を生かしたアイテム開発が可能になり、幅広い活用シーンのそれぞれにフィットするアイテムをリリースしてくれるでしょう。

Magforceの常に挑戦を続ける姿勢にワクワクが止まりません。日本の総代理店である僕たちKINRYUのスタッフも、とても楽しみにしています。

実は次のニューアイテムもすでにリリース準備に入っています。500デニールシリーズをはじめ、今後の展開にゼヒご期待ください。

 

 


■ PDWでモダンミリタリーの今を知る

なんといっても今年からKINRYUオンラインストアでも、大々的に揃えている「Prometheus Design werx」のミリタリーワッペンは必見。
オリジナリティがあり、それぞれに「意味」が込められていて深みを感じられるデザイン。ミリタリーワッペンの垣根を超えたハイセンスグッズのように思います。
世界的に評価を得てるパッチなのですが、同じデザインの物を再生産することは滅多に無い為、気に入ったら即買い。

もちろん、この「Prometheus Design werx」通称PDWはワッペンメーカーというわけではありません。
最先端素材を屈指した妥協なきグッズの数々は圧巻。その展開はバックパックやアパレルなど多種にわたり、どれにおいても高機能でありながらシンプルで洗練されたデザインです。今後も目が離せないブランドであることは間違いないでしょう。
KINRYUストアでも、魅力的なグッズを揃えていくのでゼヒ気にして頂きたいです。


ちなみにキンリューオンラインストアは日本唯一のPDW正規ディーラーとしてブランドページにも紹介されています。

 

 


■ 自衛隊の現場で重宝されるヘッドライト

NEXTORCHがリリースするヘッドライト「Ecostar」。
実は自衛隊でも採用されており、今年度も何百~千単位で出荷させて頂きました。


自衛隊で、この「ECOSTAR」が重宝される理由。
それは、「明るすぎない」こと。

ECOSTARは48ルーメンと6ルーメンの2モード備え、さらに照射範囲を絞っておらずある程度の範囲を照らすことを得意としているため、手元の作業をするのにとても向いているヘッドライトなのです。
強すぎる光源は手元の作業には不向き。単純にまぶしいだけですから。

その他、いくつかの機能性がマッチしているのですが、詳しいスペックはこちらから。
LEDの台頭によって高出力を謳うライトが増えていまが、用途によっては「ただ明るければよい。」というわけにはいかないのです。

ちなみに、自衛隊ではない僕たちにも手元を照らすヘッドライトが活躍する場面はあります。たとえば、キャンプなどでの作業灯としてはやはり明るすぎず広範囲が照らせるライトが良い。またバックパックの中身を探るときも同様です。気軽に持ち運べるサイズ・軽さなので、常備しておくとよいでしょう。

さらに、防災用のヘッドライトとしても注目されています。
避難するときはもちろん。僕も知らなかったのですが、避難所の夜、トイレ行く時など周りの人の邪魔にならない光源が必要になるようです。

 

 


最後に

やはり、「良いものが売れる」。当たり前のことではありますが、昨今その傾向がより強く感じられます。
自衛隊で利用して頂いている「ECOSTAR」ヘッドライトのように、現場で重宝されるものは少なからず僕たちの中でもマストなアイテムとなってきています。
KINRYUオンラインストアでは、機能性・実用性を重視し、皆様の「必要」に応えられるセレクトを目指して頑張ります。
新商品についても、ほぼ週一ペースで更新していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

PDW Ti-Line チタン製クッカーシリーズ

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
キャンプ、ブッシュクラフト、登山にオススメ!
耐食性と軽量性に優れ、さらに比強度では実用金属の中でトップクラスのチタン材を用いたクッカーシリーズが、Prometheus Design Werxより満を持してリリース。

機能的かつシンプル。とても実用的なアイテムですので、ぜひご覧ください!

 

 


■ PDW Ti-Line 600ML Mini Pot-Mug With Lid

蓋付きポットマグ。多目的に使用できる優れたクッカーです。容量600mlとソロにちょうど良い。インスタントラーメン調理にもオススメなサイズだそうです。

蓋を開けると内側にはエンボス加工で目盛が施されています。表示は0.5L 、0.35L、0.2L 

蓋には三つの湯切り穴が備わっています。茹で物も何のその。あるいはパスタの茹でにも◎

側面にはブランドロゴとオリジナルグラフィックが施されています。もちろんシルクスクリーンなどではなく、レーザーエッチング加工なので剥がれることもなく衛生的にも安心。

メッシュの収納ポーチが付属しています。

PDW Ti-Line 600ML Mini Pot-Mug With Lid をオンラインストアでみる

 

 


■ PDW Ti-Line Sierra Cup

万能調理器具として名高いシエラカップ。焼く、煮る、茹でるなど多目的に使用でき、そのまま お皿の要領で活用できます。

パッキングの邪魔になりにくい取っ手が畳めるタイプ。

展開時には、ロックパーツを本体側にグッとスライドすることでハンドルを固定することができます。

こちらも側面にブランドロゴとオリジナルグラフィックがレーザー加工にて刻印されています。

メッシュポーチ付属です。

PDW Ti-Line Sierra Cup をオンラインストアでみる

 

 


■ PDW Ti-Line Folding Spork

折り畳み式のスポーク(先割れスプーン)です。

先割れスプーンを見るとついつい学校給食を思い出す世代の僕ですが、最近の給食では廃止の流れらしいと聞き驚きました。「箸の使い方を知らない子供が増えたこと」が原因だとか?
なんにしてもスプーンとフォークのいいとこどりなスポークはアウトドアには持ってこいのアイテムですよね。

コンパクトに折りたたみ可能。

スライドロックが備わっているのでハンドルはしっかり固定することができます。

ウェビングなどに引っ掛けて持ち運ぶこともできます。MOLLEのウェビング幅にもピッタリ。

ブランドロゴが施されています。もちろんレーザーエッチング。

他のアイテム同様、メッシュポーチが付属しています。

PDW Ti-Line Folding Spork をオンラインストアでみる

 

 


最後に

PDWのTi-Line、クッカーシリーズのご紹介でした。
キャンプにしてもなんにしても野外での調理は記憶に印象深く残りますよね。僕も懐かしき中学生時代、西穂高岳登山で父とお湯沸かしたりした思い出は今でも鮮明に覚えています。
皆様も、こだわりのグッズで思い出に残るキャンプ飯を楽しんで下さいね。

 

 

オマケ

シエラカップとポットマグは、こんなパッケージに入っています。PDWのハイセンスなグラフィックが施されたナイスなボックス。キャンプ好きなあの人へのプレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。

米軍実物品 ポップアップシェルター IBNS ~折りたたみ方のコツも伝授~

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日は米軍実物のこんなアイテムをご紹介いたします。

米軍特殊部隊で実際に使われるポップアップ式ネットテントです。
弾性の強いフレームによって、収納袋から出してストラップを解くとバィーンと勝手に展開します。
※結構な勢いで開くので、最初は吃驚します。お気を付けください。

野営するときに使用されており虫などから守ってくれる話題のキャンプギア。
実物デットストック品としてキンリューオンラインストアにも入荷♪

米海兵隊で個人装備として採用されており、IBNS=Improved Bed Net System と呼ばれいます。GIコットなどの折り畳みベッドに組み合わせることができるように設計されています。
もちろん折り畳みベッドがなくても単体で十分に機能しますよ。

こんな感じでシェルターのコーナーには固定用のバックル付きストラップが備わっています。

人が寝るとこんな感じ。縦がおよそ220cmほどあるので結構余裕があります。

コンパクトに折りたたんで持ち運びできます。収納袋にはストラップが備わっていてバッグのウェビングなどに取り付けることができますよ。

 

 


~折りたたみ方~

このCATOMA Adventure Shelters IBNS Pop Tentは折り畳み方も慣れると簡単にできるのですが。最初は少しコツがいるので方法をまとめてみました。
ぜひご参考下さい。
① 両端をもって中心にむかって折り返します。

② そのまま立てるようにし、次の工程へ。

③ 3つの輪ができるように真ん中へ畳みます。

④ 輪が均等になるように調整。

⑤ 八の字になるように捻りながら二つに畳みます(※力がいるので、腕だけでなく体を使って折ると良いです。)

⑥ 完了

工程③あたりがポイントです。ここさえクリアできればスムーズに折りたためますよ。


↑GIFアニメーションでもチェック。クリックすると再生されます。

 

 


最後に

デットストック品なので、数量も限られています。気になる方はお早めに♪キャンプ・ブッシュクラフトなど、米軍実物品ならではの雰囲気を味わいながらお楽しみください。

GI Catoma Adventure Shelters IBNS Pop Tent をオンラインストアでみる

 

 

おまけ

今回の撮影では設営に、この本格カモフラージュネットを合わせて使用してみました。
よかったらチェックしてみてくださいね。

Camouflage Net をオンラインストアでみる

夏パンツはこれで決まり!【 MAGFORCEがオススメするタクティカルパンツとショートパンツ 】

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

不安定なお天気が続きますが、確かな暑さを感じるこの頃。
やはり、夏にオススメなボトムスをご紹介しておくべきかと思い至り、本日はこちらをご用意いたしました。


耐久性・機能性に優れたMagforce(マグフォース)。そのアパレルラインの製品も例外なくタフで機能的です。
夏にオススメな理由や「ロングパンツ派 or ショートパンツ派」どちらにもオススメなアイテムをご案内します。

 

 

夏にMAGFORCEのボトムスをオススメする3つの理由

まずは、なぜMAGFORCEパンツが夏にも最適なのか。その訳をまとめました。

1.多彩な収納システム

薄着になる夏は、どうしてもポケット不足に陥りがち。秋冬はジャケットのポケットに収納していたアイテムたちが行き場を失います。そんな問題を解決してくれるのがMAGFORCEのボトムス。数々の秀逸なギミックが、まるで鞄のように収納をお手伝い。

別売りのアタッチオーガナイザーを取り付けることもできます。
パンツのポケット収納はツールなどを素早く取り出せる利点もありますし、普段は鞄を持ち歩きたくない方にもオススメ。

 

2.機能素材

Magforceアパレルは素材にもこだわりが。例えば、今回、後に紹介する二つのパンツはどちらもコットン/ポリエステル/スパンデックスのハイブリッド素材。
コットンの吸水性とポリエステルの速乾性が相成って、蒸れづらく快適な履き心地が持続します。またリップストップ素材となっています。

 

3.最適なシルエット

やはり夏は蒸れやすく、汗で張り付くと足の動きの妨げにもなります。
Magforceのタクティカルパンツは脚の稼働域を邪魔しないよう立体的に構成されているため、動きやすいです。また、素材に(スパンデックス)伸縮繊維を加えているため適度なストレッチ性を持っています。

 

 
以上を踏まえてオススメアするアイテムはこちら!


■ Cakewalk Tactical Shorts

まずは夏らしくショートパンツを。涼しさを追求するならば、短パンです。
MAGFORCEが提案する短パンはやはり機能的、そしてタクティカルパンツにありがちな無骨すぎる雰囲気も薄く、また子供っぽさも皆無。「大人の男」にもお勧めできるナイスなデザインです。

やはり、このファスナーポケットの利便性は抜群。屈伸運動にも干渉しずらいので携帯や財布ほどの大きさのアイテムを収納していても邪魔になりません。

腰掛けるときに、お尻のポケットに詰め込んだアイテムが煩わしくなることもなくなるでしょう。

OLIVE、TAN 、Foliage Greenと落ち着いた色味が揃っています。

(モデル:165cm、63㎏ ガッチリ体型)
短すぎず長すぎず、野外活動から街履きまで幅広く使える雰囲気も◎。機能的でタフなタクティカルショートパンツが気軽に楽しめる良い時代です。

Cakewalk Tactical Shortsをオンラインストアでみる

 

 


■ Cakewalk2 Tactical Pants

ロングパンツ派の皆様にはこちらをオススメ。あるいはショートパンツ派であっても、例えばアウトドアで膝から下のケガや虫さされを軽減するためや、バイクに乗る場合だったりロングを活用する場面は意外と多いですよね。

先にお伝えしたように、このパンツは縫製が立体的に構成されているので、大きく足を動かす場面でも引っ掛かりなくスムーズなアクションを可能にします。

ポケットなどのギミックはショートパンツと一緒です。

こちらも3色展開。トップスのカラーに余り悩むことがなさそうな使い勝手良いカラー展開で嬉しいですね。

(モデル:165cm、63㎏ ガッチリ体型)
アウトドアレジャーでの利用は当然のことながら、普段の街履きにもオススメできるシルエット。野暮ったさもなく、大人のタクティカルパンツコーディネートをお愉しみいただけるとおもいます。

Cakewalk2 Tactical Pantsをオンラインストアでみる

 

 

最後に


いかがでしたでしょうか。自信をもって提案するMAGFORCEの「夏パンツ」。
暑い季節を乗り切る為にも、ぜひ手に入れてくださいね。

ちなみに、余談ですがKINRYUスタッフの中には、耐えきれず6月からずっとショートパンツのスタッフもいます。いまではショートパンツ率100%の究極クールビズな職場です(笑

PDW Morale Patch – Vol.6 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
今月もPrometheus Design Werxから新作ミリタリーパッチの新作がモサッと入荷!眺めているだけでついつい欲しくなってしまうプレミアムパッチシリーズをじっくり解説いたします。

 

 

 


STARWARS x PDW

SF超大作「STARWARS (スターウォーズ)」× PDW がついに!
今やスターウォーズといえば知らない人が居ないほどメジャーですし、とてもキャッチ―なモチーフなのですが、PDWらしいアレンジによって新鮮ささえ感じるデザインに仕上がっています。

STARWARS 好きには間違いなくマストアイテムですし、そうでない人もデザインだけで十分満足できるであろう2枚がこちら!
 

■ PDW May 4th 2019 Memento Mori Fett Death Card LTD ED Morale Patch

STARWARS の代表的といってもよいキャラクター、伝説の賞金稼ぎボバ・フェット。PDWのワッペンでもしばしば登場するメメント・モリ スカルとの共演です。
人気キャラなのに、作中のセリフも少ないボバ・フェット。当初はルーカスもここまで人気がでるとは思ってなかったのだとか。

キャッチ―なモチーフながら、PDWらしいアレンジの効いた一枚です。

PDW May 4th 2019 Memento Mori Fett Death Card LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる
 

 

■ PDW May 4th 2019 Mythosaur Death Card LTD ED Morale Patch

こちらもボバ・フェット繋がりなのですが、彼が着用している鎧「マンダロリアンアーマー」の肩のあたりにも見ることができるマンダロリアンのシンボル「マンダロリアンスカル」がモチーフに。(マンダロリアンは惑星マンダロアの民のこと)

このシンボルのモチーフは、惑星マンダロアに住んでいた「Mythosaur ミソザウルス(?)」(マンダロリアンによって絶滅)の頭蓋骨。なのでMythosaurスカルとか他にも呼び方は多数あるみたい。 このあたりのエピソードは省きますが、広大な世界が広がるスターウォーズなかでも興味深いシンボルですね。

PDW May 4th 2019 Mythosaur Death Card LTD ED Morale Patchをオンラインストアでみる

 

 


■ SPD Space Kraken LTD ED Morale Patch

PDWのモチーフではおなじみのクラーケン(タコ)。今まではコーヒー飲んだりラーメン食べたりしていましたが、いよいよ地球を飛び出し宇宙へ!

映画「ライトスタッフ」のオマージュデザインとなっているようで、宇宙開発へのロマンを感じられる一枚です。良かったら、この映画「ライトスタッフ」も見てみてください。有名なアポロ計画より前、「マーキュリー計画」という有人宇宙飛行に挑むあたりの実話が基になった映画。あのベル X-1(世界初の音速飛行有人航空機)も出てくるので、そういうのが好きな方には特におすすめ。

SPD Space Kraken LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ SPD RTK 2019 LTD ED Morale Patch

コチラもクラーケンがモチーフになっているパッチ。PDWのパッチの中でも初期のデザインを奇跡的に復刻したものです。カラーリングは2019年バージョン。

「RELEASE THE KRAKEN=クラーケンを解き放て!」 と施されたキーワードが印象的。

個人的には某タイタン的な映画のゼウス神を思い出すのですが。ネタとしても海外で有名になったフレーズなので、これを連想した人は僕だけではないはず?ですが、それがモチーフなのかは定かではありませんのであしからず。 

SPD RTK 2019 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW LC 4 Speed Shift Knob LTD ED Morale Patch

アドベンチャーカーの伝説「ランドクルーザー40系」の4速シフトノブをモチーフにした渋い一枚。
80年代に廃盤になりながらも、世界中に愛好家を有する車。その伝説の一端を冒険心の象徴として楽しんで頂けると良いのではないでしょうか。

PDW LC 4 Speed Shift Knob LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Benchmark AZ OEX19 LTD ED Morale Patch

毎年アメリカ・アリゾナ州で開催される「車xアウトドア」の総合イベント「OVERLAND EXPO WEST」。その会場の座標を施した刺繍モラールパッチです。

The National Geodetic Survey (NGS)=アメリカ国立測地測量局スタイルのベンチマークがデザインソースです。ここでいうベンチマークとは測量点のこと。測量点には金属製で円形のそれが埋め込まれいるようで、国立公園などでもみることができるのだとか。

コレがそのベンチマーク。青銅製の物もあるらしく緑青によって青くなっているのだとか。本作のパッチもそういった経年を感じさせるカラーリングを採用しているように思います。

PDW Benchmark AZ OEX19 LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Bushcraft Bear with Axe Morale Patch

クマがブッシュクラフトを楽しむ姿が描かれたミリタリーワッペン。
クラシックなカラーや雰囲気も魅力的なデザインです。
クマが持っている斧はハドソンベイスタイル。細かくも確かな設定がデザインに深みを与えます。

PDW Bushcraft Bear with Axe Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Igeniosum Fox Flash LTD ED Morale Patch

狐を賢さの象徴としてとらえたデザインの刺繍モラールパッチです。
「Ingeniosum」とはラテン語で優れた知性・賢さ・理知を表す言葉です。

PDW Igeniosum Fox Flash LTD ED Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

 


EXPERT BADGE シリーズ

それぞれの分野に精通している証としてのバッジをイメージしたエキスパートバッジシリーズ。全4種が揃い踏み!!小ぶりながら、確かな存在感のあるパッチなので鞄やウェアにアクセントとしてオススメ♪

お好みのモチーフを。あるいは全種コレクションしてお楽しみください。

 

■ PDW Expert Tracker Badge 2019 Morale Patch

グリズリーの足跡をモチーフにした刺繍モラールパッチです。
ハンティングに必要となる動物の追跡スキルを保有している証としてのデザイン。

PDW Expert Tracker Badge 2019 Morale Patchをオンラインストアでみる
 

 

■ PDW Carry The Fire Badge 2019 Morale Patch

掌に火を携えたデザインの刺繍モラールパッチ。火起こしなどのサバイバルにおける火の扱いを表現しています。また、火はブランドを象徴するモチーフでもあり、火起こしだけでなく「共存」「希望」「感応」などの意味合いも含んだアイコンとなっています。

PDW Carry The Fire Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Wilderness Expert Badge 2019 Morale Patch

自然の中で生きる術を心得ている事の証をイメージした刺繍モラールパッチです。
抽象的にデザインされた木がポイント。

PDW Wilderness Expert Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 

■ PDW Expert Navigator Badge 2019 Morale Patch

コンパス、羅針盤、北極星、推測航法など。ありとあらゆるナビゲーションに精通しているという証のバッジをイメージした刺繍パッチ。

PDW Expert Navigator Badge 2019 Morale Patch をオンラインストアでみる

 

 


最後に


今回の新作達はいかがでしたでしょうか?
キャッチ―なモチーフから、マニアック好みのものまでありますが、どれも深みのあるデザインでPDWパッチの魅力を再認識できるラインナップですね。

それぞれのデザインに背景や裏話が存在するのもPDWデザインの魅力の一つだと思いますので、ブログではそういった詳細までじっくりお話したいと思います。
今回は映画の話が多くなってしまった気がするのですが、、、
僕個人の感想も混ざっておりますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

Prometheus Design Werx のパッチ一覧へ

 

 

関連記事

PDW Morale Patch – Vol.5 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.4 ~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.3~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

PDW Morale Patch – Vol.2~ミリタリーワッペン最新作一挙公開

ミリタリーワッペンを120%愉しむために。

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werx

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

モダンミリタリーの先端を行くリーディングブランド「Prometheus Design Werx」より、待望のバックパックギアが届きました!その名も「S.H.A.D.O. Pack 24L」

相当なコダワリ具合なので、細部まで詳しく検証したいと思います。

 

 

■ カラー

・ALL TERRAIN BROWN

・UNIVERSAL FIELD GRAY
クラシカルなアウトドアやアルペンスポーツのイメージを踏襲しつつ、最先端の素材やギミックを取り入れ、人間工学に基づいた設計によりで出来上がったハイスペックギア。こだわり満載ながら、シンプルで堅牢な雰囲気は機能美を感じさせる逸品です。

また、今作の容量は24Lとなっており、必要最低限の荷物をパッキングしてアクティブに攻めるユーザーにもオススメ。

付属パーツによる拡張性も充実しており、キャンプやブッシュクラフト、トレッキングなどなど、活用シーンに合わせたカスタムができるのも大きな魅力です。

 

 

■ コンパートメント

フルオープンタイプのメインコンパートメント。
開口部が大きく開く荷物の整頓がしやすいです。内張りもオレンジ色で荷物の視認性も◎。
ファスナーポケット×2の他、15インチほどのノートパソコンが収納可能なラップトップポケットも備えています。

セカンドコンパートメントは、ハイドレーションの設置にも最適。メッシュポケットも備わっています。また、後述のツール収納に便利な「EDCO Panel」パネルもここに。

フロントポケット。細かな収納に便利。

レーザーカットタイプのモールパネルが特徴的。MOLLEシステムに対応したモジュールの取り付けが可能です。また、本体との間にジャケットを挟んだりすることも可能。

側面のドリンクポケットは1Lナロゲンボトルほどの大きさも収納できます。伸縮素材を採用しているので、ボトルの大小に関係なくスッキリ&ピッタリ収めることができます。

この正面のパネルは取り外しもできます。本体にもウェビングやショックコードなどのギミックが施されています。用途に応じて使い分けてくださいね。

ちなみに底面にもMOLLEに対応したパネルが備わっています。1インチのウェビングを用意しておけば荷物を括り付けたりできますね。

 

 

■ キャリーシステム

ショルダーハーネスにもMOLLEパネルが備わっています。チェストストラップを締めてるとバッチリ安定。

ショルダーストラップ付け根には、ショルダースタビライザーが備わっています。鞄の上部が浮いてしまわないように体に引き寄せるように締めてください。

体と密着する背面は、メッシュクッションパネルが。
クッションとしてはもちろん、背中の蒸れも軽減してくれる嬉しい設計です。

写真ではわかりませんが、
背面にはフレームパネルが内臓されており、本体の形を保ち、より安定したフィッティングを実現しています。

バックの四方(上部、両側面、底部)にそれぞれハンドルを配しています。

 

 

■ 採用素材やパーツ

メイン素材には、耐久性に大変優れたインビスタ社のコーデュラナイロンを採用。
500デニールです。

さらに、70デニールのリップストップナイロンを内張りに。

ちなみに各所メッシュポケットのメッシュもナイロン素材と徹底的なこだわりようです。

ファスナーはYKK製。グローブをしたままでも持ちやすい形状のジッパープル。

このジッパープル。オレンジ色の替えが付いています。
お好みで付け替えてください。

 

 

■ 付属カスタムパーツ

ToF Belt
ウエストベルトとして「ToF Belt」というパーツが備わっています。
ぐるっとクッションパネルでカバーするそれは、ちょうど腰の上あたりになるように設置することで、安定感も増します。

背中パッド、左右のクッションパット、ナイロンベルトで構成されていいます。
取り外すこともできますので、状況に応じた使い分けを。

EDCO Panel
EDCツールなどをはじめ、様々なツールアイテムの収納にかなり便利な「EDCO Panel」というパーツが付属しています。独立式でセカンドコンパートメントに収まるなサイズ。
クリップを備えたツールを取り付けたり、MOLLEシステムに対応したモジュールを取り付けておくこともできます。

このパネル、ひっくり返すとファスナーメッシュポケットが三つ。細かなアイテムをこれでもかというぐらい収納できますね。メッシュなので、視認性がよく何を収納しているのかも一目瞭然。

 

 

最後に

Prometheus Design Werxのプロラインとして、数々の最先端技術などを屈指した妥協なき本格バックパックS.H.A.D.O. Pack 24Lは、その完成度の高さから、すでに世界的に高い評価を得ています。
私個人としては、使用目的にあわせてアジャスト可能な優れた多様性に注目してほしいなと。アウトドアシーン~普段使いまで幅広い活躍の場で常に最大のパフォーマンスを発揮するハイスペックギアをぜひご堪能下さい。

なかなかボリュームのある記事となってしまいましたが、最後までお読みくださりありがとうございました。

S.H.A.D.O. Pack 24L / Prometheus Design Werxをオンラインストアでみる

Micro Cord のススメ ~ 便利なコードディスペンサーを添えて 【Atwood Rope MFG.】

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

以前、550Paracord、275Tacticalcordやをご紹介いたしましたが、今回はその続編。
米国内での生産を通じて高品質なロープを世界各国に提供するアメリカ老舗ロープメーカー「Atwood Rope MFG(アトウッド ロープ)」。パラコードも大変有名ですが、実はそれに類する様々なロープやロープにまつわるグッズもリリースしています。本日はその中から「マイクロコード」と呼ばれるものや、パラコード愛用者にとってもオススメな「コードディスペンサー」という便利なアイテムをご紹介いたします。

 

 

■ MICRO CORD (マイクロコード)

MicroCord(マイクロコード)は「Atwood Rope MFG(アトウッド ロープ)」がリリースするコードの中でも、1.18mm径と細く、そして軽いコードです。もちろん耐久性も引張強度46kgと優れています。

紫外線や、腐食にも強く、コンパクトで持ち運びも楽々。
そのため、使い勝手も良くキャンプなどのアウトドアシーンにもオススメ。

いろいろな使い方ができるので、用途はコレ!といった決まったものはないです。

例えば、、、、
眼鏡のテンプルに結んでグラスストラップにしてみたり。

ジッパープルにしてみたり。

水筒のキャップ落下防止にしてみたり。

工夫次第なので、多用途にお使い下さい。

パラコード同様に編んでブレスレットとかストラップを作成するものオススメ。550パラコードと比べて1/4ほどの細さなのでちょっと細かな作業になりますが。。。Microコードは柔軟性もあるので、出来上がりはなかなかキレイなものが作れると思います

細さを活かして、他のコードでは通らないストラップホールも利用したりして。

MICRO CORD (マイクロコード)/Atwood Rope をオンラインストアでみる

 

 

■ MICRO CORD DISPENSER (マイクロコードディスペンサー)

先ほどのMICROコードを利用するならば、これも一緒に手に入れておくと便利!!ラインカッターを備え、いつでもどこでも必要な分のコードを切り出せるコードディスペンサーです。

こんな感じで。写真では右手の親指でリールが回転しないように抑えています。これ、切るときのコツです。

さらに良いところは、「ATWOOD ROPE」のMicro Cordであれば、プラスチックケースごと嵌め込み利用する点。写真のように側面を外に広げるようにすると取り外し易いです。

このディスペンサーは耐衝撃性に優れています。UV対策もされており劣化に強いため、野外での使用にもお勧めです。

MICRO CORD DISPENSER (マイクロコードディスペンサー)/Atwood Rope をオンラインストアでみる

 

 

■ TACTICAL CORD DISPENSER (タクティカルコードディスペンサー)

550パラコード用もあります!
先ほどのMicro Cord用よりドッシリとしたこちらは、米軍特殊部隊考案のパラコードディスペンサーです。

背面にベルトクリップが備わっているのでベルトや鞄などに取り付けて持ち運ぶことができます。もちろんカッターブレードも備わっているので、必要な時に必要なだけ切り出してください。なれると片手で切断できますよ。

絡まったりすることを防げるだけでもとっても価値があるように思います。

中身はこんな感じ。この内蔵リールにパラコードを巻き付けてセット。約15m分収納することができます。

もちろんこのディスペンサーは耐衝撃性に優れています。UV対策もされており劣化に強いため、野外でもOK。

正直に話しておくと、ケースを開けるときにコツが要ります。固定しているツメを一つずつ外してください。マイナスドライバーを利用するのも手です。
耐衝撃性を考えると簡単に外れても困りますし。

TACTICAL CORD DISPENSER (タクティカルコードディスペンサー)/Atwood Rope をオンラインストアでみる
 

 

番外編~ロープの比較

ここからは番外編。
ちょっとロープの種類をまとめてみた。
写真上から550 Paracord、275 Tactical Cord、Micro Cordです。
比較表。ご参考いただければ。

ブレスレットの比較。すべて同じ編み方です。

550ParacordとMicro Cordのハイブリッド。

あれこれ工夫しながら、皆様の必要用途に最適なロープを探してみるのも良いですね。
一通り試してみると良いのではないでしょうか。

僕は暇な時間に編んで遊ぶことが多いので全種使っていますが。
KINRYUオンラインでもぜひ「Atwood Rope MFG」をチェックしてみてくださいね。

Atwood Rope MFGの製品一覧へ

Paracord (パラコード)と Tactical Cord(タクティカルコード)~実用的な活用方法や愉しみ方のコツ~

PROMETHEUS DESIGN WERX – NEW ITEM
【トートバック、コンパスキット、オイルライター】

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
モダンミリタリーの先駆けとして名を馳せる「PROMETHEUS DESIGN WERX」ブランドより待望の新商品が届いていますので、お勧めアイテムと一緒にご紹介いたします。

 

 

■ PDW CaB-2

シンプルながら、タフで多目的に使用できるトートバックがこれ。
高強度ナイロンとして知られるコーデュラナイロン、中でも地厚でより耐久性に優れた1000デニールタイプを採用しています。

お気付きのようにハンドルは、肩掛けようの長いものと手持ちようの短いものが備わっています。持ち方を変えるときにわざわざ長さを調節したりする必要がないので、いつでもどこでも直感的に手に取って使用することができます。

ちなみに肩掛用に備わった長めのストラップは、トートバック本体をぐるっと包むように配置されています。
底を見るとわかりやすいですね。つまり、重い荷物を運搬する際もトートバックにかかる荷重が分散されるため、トートの耐久力も高まります。

フロントにベルクロのループパネルが備わっているので、パッチでカスタムしてお楽しみください。
幸いPDWからは素敵なワッペンも豊富にリリースされていますので。

PDW CaB-2 / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 

■ Expedition Watch Band Compass Kit Ti

リストコンパスを活用している方や、ダイバーズウォッチ、フィールドウォッチを愛用している方も必見。
チタン製のケースに覆われたコンパクトコンパス。シリコンケースも付属したセットアイテムです。

コンパスを覆うケース素材には航空機にも使用されるチタン(6AL-4V)を採用しています。
チタンは高強度かつ軽く、耐食性に優れているという加工金属の中でもかなり高性能。ステンレスより軽く、鉄の2倍強いといわれています。耐食性、つまり錆にも強いため、海での使用にもお勧めできてしまいます。
そんなハイテクギアにもってこいなチタンですが、その強度故の加工の難しさがあるそうです。PDWは、厳しい基準をクリアした工場で精巧に作り上げるのでとても完成度の高いチタンアイテムとなっています。

チタンのデメリットを強いて挙げるなら、素材自体のコストが高い点でしょうか。それを差し引いても余るほどの魅力がチタンないしはPDW製品には感じられるのですが。

シリコンケースを利用すれば、例えば鞄など好きな個所への取り付けが簡単に行えます。

さらに、腕時計のナイロンベルトにも。ダイバーズウォッチやフィールドウォッチとの相性抜群。耐水深度100Mとスキューバダイビングにもオススメできる本格派です。

ちなみに対応するウォッチバンドの幅は最大で22mm。18mmや20mmのベルトでも使用できます。(16mmのベルトでも試してみましたが、さすがにスカスカ感が否めなかったです。ベルト幅以前に時計本体との大きさのバランスもミスマッチでしたが、、、、)
ベルトの種類はNATOタイプであれば、ほぼOKです。

更に蓄光となっています。
カッコいいです。仮にコンパスを使う必要がなくても手に入れたいと思うほど。

Expedition Watch Band Compass Kit Ti / Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 

■ TiFS

チタン製のコンパクトオイルライターです。スクリューキャップ式で閉じているときは防水。
表面のローレット加工による凹凸が醸し出すインダストリアルな雰囲気がたまりません。もちろんこの加工によって手にグリップし滑りづらくなっています。

キーホルダー感覚で持ち歩けてしまう掌サイズ。ストラップを介して鞄などに取り付けておくのもあり。

付属しているリペアパーツにも注目。パッキン、フリント、ウィックと、とても充実しています。長く愛用できそうです。
使用するオイルは通常のライターオイルでOK。
インサイドケースは少しずつ引っ張りだしてオイルを補充して下さい。

実際に使っていての感想ですが、先に述べたように防水アイテムとなっていているので気密性も高くオイルが揮発してしまうことも少ないです。つまりオイルライターによくある「久しぶりに使ったらオイルが揮発してしまっていて点火しない!」というケースがあまりないような気がします。

TiFS/ Prometheus Design Werx をオンラインストアでみる

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
どれも完成度が高く、洗練されたデザインと機能性はとっても魅力的。気になった方はPrometheus Design Werxの製品一覧も一緒に、ぜひご覧ください。

Prometheus Design Werxの商品ページへ

キンリュー流!雨の日対策

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

梅雨ですね、不安定な天気が続きます。
本日のブログは、せっかくなので雨にまつわる内容に。

野外でのハードユースを想定したアウトドアやミリタリーギアは、雨への対策大事。
今回はオンラインストアであつかっている製品の対雨性能について掘り下げると同時に、KINRYUオススメの梅雨対策グッズもご紹介します!

 

 

MAGFORCE-ウォータープルーフ性能

まずは当店自慢のMagforce製品について。
高機能性を評価されるMagforceもいくつかのハイテク素材を採用しています。その中でも代表的な素材は以下の二つです。

■ テフロンコーティング + PUコーティング

Magforce製品の主素材は、ご存知1000Dナイロン。この堅牢な生地に目が向きがちですが、表面に施された「テフロン」加工も実はミソ。フッ素樹脂を表面に圧着することで驚異の撥水・防汚効果が得られるというものです。Magfroce製品の1000Dナイロンには、この「テフロン」加工が実に2回も施されています。


さらに裏面がポリウレタンコーティングが3回も施されており、表面で撥き切れなかった水分もここでシャットアウトしてくれる寸法です。


多くのMAGFORCE製品は、この「1000デニール+テフロンコーティング+PUコーティング」というハイスペックファブリックを採用しており、この素材がブランドの特色となる高い耐久性と機能性の一端を担っています。

 

■ PVCコーティング


次に紹介するのはPVCコーティングがされた500デニールナイロン素材。PVC(=ポリ塩化ビニル)は水や汚れに強く、コーティングすることで柔軟性を損なうことなく素材の耐久性向上も図れます。


さらに適度な光沢感が生む魅力的な素材感によって、アーバンな雰囲気を含んだアイテムを完成させます。

これらの加工は、泥はねなどの水溶性の汚れにも強いので、基本お手入れは表面をふき取るだけでOK。悪天候下でも思う存分使用できるのも強みです。

※完全防水ではありません。ジップパーツやシームからの浸水も予想されるので激しい雨の時などは、後程紹介するレインカバーをご使用下さい。

Magforce製品は他にも高機能素材を利用しています。
素材によって効果は異なりますが、その他の商品も撥水や耐水に優れたアイテムが多いです。詳しくは各製品ページにてご確認下さい

Magforce製品一覧をオンラインストアでみる

 

 

持っておきたい防水グッズ

1.防水ソックス


雨の日、靴下ぬれるのは気持ち悪いですよね。この防水ソックスで解消しましょう。


ミドルレイヤーに最新ハイテク素材「V-TEX」を採用することで、高水準の防水透湿性をもっています。
どっぷり水に浸かってしまっても大丈夫。さらに、この新素材は柔軟性や伸縮性にもすぐれているので履き心地も良い。


雨の日のお供にピッタリ。そのほか、アウトドアや季節が変わればウィンタースポーツにもオススメできますし、まずは一つ手に入れておきたいアイテムです。個人的にはシンプルで使いやすいカラー展開も魅力に感じています。
ちなみにコスパにも自信あり。ぜひチェックしてください。

ZERO Waterproof Socks をオンラインストアでみる
 

2.ブーニーハット


発売以来、人気商品となっているSPAVERのブーニーハット。
3レイヤー構造によって防水透湿性能をもっており、雨にも強いのです。


みてくれが防水グッズっぽくないところも高評価の理由。普段から自然に使え、悪天候対策にもなるというのがポイントです。
キャンプやバーベキューの日よけアイテムはこれで決まり!?

H2O Boonie Hat / Spaver をオンラインストアでみる
 

3.レインカバー


バックパック愛用者であれば、ぜひ一つ手に入れておきたいグッズ。
Magforceのレインカバーは、70デニールのリップストップナイロン生地にポリウレタンコーティングを2回施すことで、防水だけでなく耐久性にも優れた逸品です。


悪天候への備えとして愛用のバックに忍ばせてお出かけください。

Rain Cover L / Magforce をオンラインストアでみる
 

 

最後に


梅雨時期の雨の日対策としてお話しましたが、夏に向かうにつれて局所的な雨も増えてきます。そんな悪天候に負けないように、あれこれ備えてみることも一つの楽しみとしてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

SPAVER / BOONIE HAT ブーニーハット【防水+透湿】

ZERO Waterproof Socks (ゼロ ウォータープルーフ ソックス) ~防水・透湿・柔軟の三拍子が揃った高機能靴下~

Magforce / Rain Cover (レインカバー)バックパックが雨に負けない為のお勧めアクセサリー

MAGFORCE / テフロン加工された1000デニールナイロンの手入れと備え