野営・ブッシュクラフトにも必需なナイフにまつわるオススメ
【刃物まつり -岐阜県関市-のご紹介もそえて】

いつもブログをご覧いただき有難うございます。

僕たちKINRYUスタッフは岐阜県の関市という刃物の町を拠点にしているのですが、今週末は年に一度の「刃物祭り」という知る人ぞ知るお祭りが開催されます。
1kmにわたる大規模な露店市のほかにも、アウトドアズナイフショーも人気のあるイベント。
そこで本日はKINRYUブログでも、キャンプにはじまり、昨今話題の野営・ブッシュクラフトにおいても必需品といえる”ナイフ”にまつわるアイテムをご紹介いたします。

 

 

刃物のまち、関市で作られたナイフ

【 Sabi Knife 1 (サビナイフ 1) / G・SAKAI 】
岐阜県関市で60年以上の歴史を持つアウトドアナイフのトップメーカー「G・SAKAI」による逸品。
錆びない高強度鋼材H-1を使用し作られています。
このH-1鋼の刃は強靭で切れ味鋭く、刃持ちも抜群。海水にも強い圧倒的な耐食性を持っているため海釣りなどナイフに優しくない現場でも重宝します。

ハンドル材には軽くて丈夫、そして汚れにも強い強化ナイロン ザイテルを採用。手によくフィットする厚みと形状です。

刃の形状は「直刃」と「半波刃」の2タイプございます。波刃はロープなど硬いものを切るのに向いています。用途に合わせてどうぞ。
さらに、実はMAGFORCEロゴ入りバージョンもあります!

軽くて衝撃に強いグラスファイバー強化ナイロン製ケースが付属。ベルトなどに取り付けられるだけでなく、取り付け角度も調節可能(要ドライバー)です。

【大特価】Sabi Knife 1 (サビナイフ 1) / G・SAKAI をオンラインストアで見る

 

【 Sabi Knife 2 (サビナイフ 2) / G・SAKAI 】
先ほど同様、錆びないナイフ「サビナイフシリーズ」。
小型から中型魚のさばきを目的に最適化されているので、釣りのお供に持ってこい。

もちろんこちらも錆びない高強度鋼材H-1を使用し作られています。

ハンドル材には軽くて丈夫、そして汚れにも強い強化ナイロン ザイテルを採用。
手によくフィットする厚みと形状です。

フック付きとフックなしの2タイプがあります。フックは釣り糸や細いロープの切断に。
こちらもMagforceロゴ付きスペシャルバージョンもあります!

Sabi Knife 1同様に軽くて衝撃に強いグラスファイバー強化ナイロン製ケースが付属。
じつはMOLLEシステムの一インチウェビングにも、ピッタリ取り付けができます。

【大特価】Sabi Knife 2 (サビナイフ 2) / G・SAKAIをオンラインストアで見る

 

【Scout Bowie(スカウトボーイ)/ RESQVIVAL】
刃物のまち関市で生産されたアウトドアナイフです。
小型で取り回しが良い一本。

ハンドルは小型ナイフながら最適な厚みを持ち、手によくなじみます。

レザーシースが付属しています。

【大特価】Scout Bowie / RESQVIVAL をオンラインストアで見る
 

 

ナイフの持ち歩きに

【 Knife Case / Magforce 】
いざナイフでアウトドアレジャーを楽しむとなって問題となるのが持ち歩き。まさかスポットまでそのまま持っていく訳にもいきません。つまり持ち歩くためのキャリーギアは必需品。そんな時は、このMagforceのナイフケースが大活躍!!

内部のクッションがナイフをしっかり保護。厚みがあるので持ち運びの際の安心感もあります。このまま収納保管しておく時も活躍します。

ハンドキャリーに重宝するハンドル付き。愛用のナイフをスマートに持ち運んでくださいね。

Knife Case / Magforceをオンラインストアで見る
 

 

ナイフのメンテナンスに

【 Deluxe Diamond Sharpening System / LANSKY 】
ナイフのメンテナンスはこのセットで。4種のダイヤモンド砥石と600グリット中砥石の合計5つの砥石を1つにまとめたシャープナーセットです。

ナイフを固定するクランプによって砥ぐ角度を固定して使用することが出来るので、むらなく仕上げるが可能です。

付属砥石はLDHXC(ダイヤモンド-極荒砥70グリット)、LDHCR(ダイヤモンド-荒砥120グリット)、LDHMD(ダイヤモンド-中砥280グリット)、LDHFN(ダイヤモンド-調整用600グリット)、LS600(600グリット)。

【大特価】Deluxe Diamond Sharpening System / LANSKY をオンラインストアで見る

 

【 Mini Diamond Sharpener / DMT 】
ダイヤモンド砥石を採用したミニシャープナーです。

カラーで砥石の粗さが違うのですが、出先で刃欠けしてしまったときなど応急的に使用できるのが強みです。

折りたたむことができ、とってもコンパクトに持ち運びできます。
キーホルダー感覚でバックパックなどにぶら下げてお出かけください。

【大特価】Mini Diamond Sharpener / DMT をオンラインストアで見る
 

 

豆知識~銃刀法について~

ナイフを活用したレジャーを楽しむ時にお気を付け頂きたいのが銃刀法についてです。

現在の銃刀法では、正当な理由なく刃渡り6cmを超える刃物を持歩く事を禁止(2年以下の懲役または30万円以下の罰金)しています。
さらに、6cmを超えない刃物であっても、各警察官の判断で、それが凶器と見なされれば、軽犯罪法(凶器を隠し持っている事の禁止)の対象となる場合があります。

要するに、無暗に持ち出したり携帯するのは刃渡りの長さに関係なくダメ!ってことですね。
「刃物を買って帰る途中」や「キャンプや釣りで使うため」など、信憑性があり、全うな説明が出来る理由が必要です。
ちなみに、キャンプに向かう道中でもしっかりバックやケースに保管して持っていく必要がありますので、適切な管理を。

 

 

岐阜県関市-刃物まつり


関刃物まつりでは1キロの長さの商店街に市内約45の刃物メーカー、卸売業者がテントを並べ、包丁やはさみ、ナイフなど豊富な刃物製品をお祭りならではのお値打ちな価格で販売する「刃物大廉売市」が行われます。アウトドアズナイフショーが行われる会場もあるので、ナイフ好きにはこちらもオススメ。
その他にも、いろんなイベントが行われているので、お近くの皆様はぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか?

↓↓↓2018年岐阜県関市-刃物まつり↓↓↓
http://seki-hamono.jp/index.html

野営・ブッシュクラフトにも必需なナイフにまつわるオススメ
【刃物まつり -岐阜県関市-のご紹介もそえて】
” への2件のフィードバック

  1. キャンプでの使用目的でサビナイフ1を購入検討しています。

    ブッシュクラフト、小枝の薪割、貝類の扱い

    ができたらなぁと考えています。
    サビナイフのスペックが素晴らしいと思っての検討なのですが使用目的がまちがっているか少し不安です。

    モーラナイフの方が適しているかと悩んでいるのですが、
    サビナイフが釣り用という先入観なのか
    悩んでいます。

    更にそれに当たっては半波刃がよいのかどうかもあわせて教えていただけると幸いです!

  2. 河西さま、ご質問ありがとうございます!
    サビナイフ1についてですが、刃厚がおよそ2.5mmほどです。細い枝の加工などには問題なくお使い頂けるかと存じますが、太い木をたたき切るといったチョッピングやバトニングには向いておりません。

    貝類の扱いに関しましては、鋼材の強度を考えますとカキをこじ開けるなどには問題なくご使用いただけると思います。

    ちなみに波刃はロープなどの切断に向いているギミックです。そういった用途を想定されるのであればお勧めです。

    調理用~多目的に使用できる点が、サビナイフの良いところですので
    ご参考頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします!

kinryu01 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です